5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

やさしい自作管球アンプの難しい作り方

277 :6V6好き:02/01/30 19:37
AC点火派さん
自分はヒーターのエージングにオリンパス製の6V5Aのスライダックト
ランス使っている。スライダック(slid acで扇動 交流の意)は東芝の
商標だから、C.P.regulatorと言う物。何用かは不明。カメラ用か医療用
なのか。6V規格だが実測8.5Vまで可変出力が出る。これを適当なアルミ
シャーシーに取り付けて、ソケットを数種付けておく。MTとUSは4個
ずつ。ヒーターを配線しておく。AC10Vの電圧計を一個付ける。暇な時に
この手の物を作っておけば役立ちます。だれもこんな製作記書きませんが。
6V管なら2Vで4時間、4Vで6時間、6Vで24時間通電して完了。
この辺は自己流の適当だが(笑) 球にとってはやさしい筈。3〜40年
眠っていたのにいきなり定格ドン!では球も参りやすい。精神的にも良い。
MTとUS8を複数付けておけば一度に数本処理できる。計5Aだから
余程のでかい球でなければpp4本分1度に出来る。

自分はこのヒーターエージング機にB電圧とスクリーン用。−C電圧用も
組んであるから、ヒーター終わればグリッド、プレートのエージングも
出来ます。B電源用は別スライダックトランス+専用トランス。これは
1本分100mA程度で足りる。パワー管のエージングは1度に1〜2本限度。
-C用は普通の小型トランスで抵抗可変。BとCに電圧計とBには電流計も
入れている。この機械の良いのは、そのまま球試験機になるところ。試験機
TV-7と比べて圧倒的に使い易い。アンプ造るより面白かった(W

注 アンプごとスライダックに繋ぐ人がいるが、球がパアになるから不可!




246 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)