5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

機動戦士自民党 逆襲の純一郎

1 :通常の名無しさんの3倍:01/10/06 01:13
機動戦士自民党0083スターダストメモリー(http://ebi.2ch.net/test/read.cgi/shar/976897062/l50
が越えそうなので続きはここでどうぞ。

2 :2:01/10/06 02:32
2

3 :通常の名無しさんの3倍:01/10/06 21:21
海部「待ちに待った時が来たのだ!!
   多くの応援物資が無駄金にでなかったことの証のために!!
   再び湾岸戦争の栄光を語るために!!
   マスコミよ!私は帰ってきたーッ!!」

4 :通常の名無しさんの3倍:01/10/06 22:05
小泉「フフフフフ!ハッハハハハハ!」
鳩山「何だ?何を笑っているんだ!?」
小泉「私の勝ちだな!今計算してみたが自衛隊の派遣は法律の改正でできる!
   貴様らの頑張りすぎだ!」
鳩山「ふざけるな!たかがテロ一つ、話し合いで解決してやる!」
小泉「バカなことは止めろ!」
鳩山「やってみなければ分からん!」
小泉「正気か!?」
鳩山「貴様ほど急ぎすぎもしなければ、憲法に絶望もしちゃいない!」
小泉「アメリカの報復は始まっているんだぞ!!」
鳩山「第9条は、伊達じゃない!!」

5 :通常の名無しさんの3倍:01/10/07 01:32
センチネル編キボーン!!

6 :通常の名無しさんの3倍:01/10/07 01:34
羽田「おい、どうした、管?」
管 「党首の・・・党首の魂が吸われていきますぅ」

7 :通常の名無しさんの3倍:01/10/07 01:38
桝添「陽子?女の名前か?」
田島「男で悪いかよ!」

8 :通常の名無しさんの3倍:01/10/07 01:41
桝添「田島ー!、お前は俺の・・・」

9 :通常の名無しさんの3倍:01/10/07 01:44
アッタ容疑者「哀しいけどコレ、戦争なのよね。」

10 :通常の名無しさんの3倍:01/10/07 16:45
age

11 :通常の名無しさんの3倍:01/10/07 19:55
小泉「野党の反対は手ごわいと?」
野中「はっ。そのため橋本会長は応援はできぬと申しております。
   その上で小泉総理独自で、自衛隊を派遣していただけぬかとのお願いであります。」
小泉「党は無傷で派遣しろとおっしゃるのか?」
野中「はっ。なにとぞ!」
真紀子「勝手なことを・・・!」
小泉「いや、分かった。小泉純一郎、たとえ素手でも職務はやり遂げてみせると、
   会長にはお伝え下さい。ご苦労様でした。」
野中「はっ!失礼致します!」
真紀子「で、どうなさいます?」
小泉「どのみち、貿易センタービルの敵討ちができるのだから、やるしかないだろう。
   根回しはなくとも、政治家本来の立法でいけばなんとかなる。どうだ伸晃?」
伸晃「その方が支持率も上がります!」

12 :通常の名無しさんの3倍:01/10/07 22:43
 管「党首!」
 ピキーン!
鳩山「何だ?管か?ええい、党首同士の戦いに幹事長が口を出すな!」
 管「党首、あなたは民主党を見捨てるつもりなんですか・・・」

13 :通常の名無しさんの3倍:01/10/08 01:52
小泉「こういう時は臆病なくらいでちょうどいいのよね。」」

14 :空爆開始:01/10/08 01:52
小泉「ブッシュさんかい?早い!早いよ!」

15 :通常の名無しさんの3倍:01/10/08 01:57
小泉「始まったな・・・。」

16 :通常の名無しさんの3倍:01/10/08 01:57
臨時中継の中にマラソンが一つだけ・・・やるなテレ東!

17 :通常の名無しさんの3倍:01/10/08 02:01
ブッシュ「逝けカブール忌まわしき記憶と共に!」

18 :通常の名無しさんの3倍:01/10/08 02:12
見せてもらおうか。アメリカ軍の新兵器の性能とやらを。

19 :通常の名無しさんの3倍:01/10/08 09:15
小泉「相手がテロなら戦争じゃないんだ!日本だって・・・!」

20 :通常の名無しさんの3倍:01/10/08 09:20
「か・・・火力が違いすぎる!」

21 :通常の名無しさんの3倍:01/10/08 19:29
ブッシュ「ここを狙うのだ。目標は一本の軍事用滑走路のみ。すべての機能を破壊する必要はない。」
国防長官「いずれ、我々がこの空軍基地を使うときが・・・」
ブッシュ「察しがいいな、長官。」

22 :通常の名無しさんの3倍:01/10/10 19:30
小泉「このタイミングで謝罪外交を仕掛けたという事実は、古今例がないはずである。」

23 :通常の名無しさんの3倍:01/10/10 23:18
パウエル「閉鎖弁をすべてロックしろ!」
ラムズフェルド「エンジン切り離しをさせるぞ!長官?」
パウエル「そうだな!」
ブッシュ「・・・そろそろ、覚悟をする時かな?長官!」
パウエル「ブッシュ大統領も、そうお考えなら!」
チェイニー「若い者には、退艦させたほうがいいな。」
パウエル「よし!総員に退艦準備をさせろ!!」
若手1「退艦準備でありますか!?」
リチャード「まだエアフォースは働けるからな。これからは、老人に任せて欲しいのさ。」
ラムズフェルド「お前も退艦しろ!その代わり、残った戦闘機は使わせてもらうからな!」
若手2「どうしたんです!?まだエアフォースだって・・・!」
リチャード「戦えるさ!それは任せろ!」
パウエル「これからエアフォースは単独行動を取る!
     インデペンデンスと戦闘機部隊は、退艦したクルーを守ってくれ!」

パウエル「国連軍の協力は断りましたが、いいですな?」
ブッシュ「当たり前だ!ここまで来て、我々の働き場所がないでは、合衆国大統領の名前が泣くわ!!
     若い者が生き延びれば、この名前は私のものとして語り継がれるってものさ!
     行っていいぞ!!パウエル長官!!」
パウエル「あいよ!!いいな?チェイニーさんや!」
チェイニー「いいともさ!!」

若手3「まだ戦えるじゃないか!」
若手4「戻ろうぜ?」
若手5「おい、あの戦闘機、何するつもりだ!?」

ラムズフェルド「昔取った杵柄を見せてやる!」
リチャード「こ、こんなガタのきてる機体じゃ、なにもできんぞ!?」
ラムズフェルド「砲台くらいにはなる!」

ラディン「なぜ沈められん!?航空部隊に攻めこませろ!!」

リチャード「どうせなら、思いきりやってくれ!」
ラムズフェルド「長生きしすぎたバチがあたったな!」

ラディン「突っ込んでくるつもりだぞ!!お、落とせーっ!!」

ラムズフェルド「年寄りによってたかって!!」
リチャード「右からも来る!!右だーっ!!・・・ほれ見ろーっ!!」

パウエル「遅かったなぁーっ!!」

ラディン「かわせーっ!!かわせんのかーっ!?かわせーっ!!」
部下「き、来ます!!」

国民「エアフォースが!!」

24 :通常の名無しさんの3倍:01/10/13 21:33
オマル「わしの・・・わしのアフガニスタンが・・・!
    許さんぞ・・・。許さんぞ!!ブッシューッ!!
    貴様ァ自分が何をしたのかわかっておるのかぁーっ!!」
ブッシュ「だまれっ!!マスター・タリバン!!」
オマル「なぁにぃ!?」
ブッシュ「ビンラディンを使って、世界を我が物にしようとたくらむ悪党がァァァ!!」
オマル「たわけが!!わしがいつ、そんなものを欲しいと言った!!」
ブッシュ「ラディンと手を組みながら、まだ白を切るつもりか!?」
オマル「わしは奴の力を利用しただけだ!!その力でイスラムが復活できれば、それで良し!!」
ブッシュ「なら、なぜビンラディンが必要だァァァ!?」
オマル「フッフフフ・・・知りたいか?
    ならば、戦争の二文字をもって教えてくれよう!!」
ブッシュ「望むところだァァァ!!
     ジハードファイトォォォ!!」
オマル「レディィィィ!!」
ブッシュ「ゴォーーーッ!!」

25 :通常の名無しさんの3倍:01/10/14 20:42
ブッシュ「条約!!日米安保は!!」
小泉「有事の盟よ!!」
ブッシュ「金銭!!」
小泉「援助!!」
ブッシュ・小泉「後方支援!!
        見よ!!中東は、赤く燃えている!!」

26 :ZZ アクシズの戦闘:01/10/14 21:57
小泉「すでにラムズフェルドが、米軍の艦隊を率いて、タリバン討伐のためにアフガンへ向かった。
   我々はこれを後方より援護し、あわよくば、タリバン撲滅への尖兵となることを目標とする!
   敵をあなどるな!!
   タリバンのテロ部隊は、北の工作チームなどよりはるかに強力だという。
   自衛隊の勇者達よ!勇名を馳せるものは誰か!
   ラディンに組する者は誰であろうと容赦はするな!
   例えそれがかつての戦友であってもだ!
   運命は必ずや、ブッシュ大統領に輝かしき勝利をもたらす。
   悪には悪の報いが、罪には罪の報いが下されるのだ。」
真紀子「(こういう状況での刷り込み作業は完璧だ。)」

27 :ZZ アクシズの戦闘:01/10/14 22:14
ラディン「そのままで聞け!アルカイダの兵士達よ!もはや忍従の時は去った!
     諸悪の根源は、大統領の座を戴き、欺瞞あふれる合衆国を受け継ごうとしたブッシュにある!
     真なる平和をこの手に握るのは、ブッシュの首を我が面前にささげる諸君等である!!
     さすればこの中東圏の英雄として、末代まで称えられよう!」
オマル「(青二才にしてはよくやる。)」

28 :”3・5の悪夢”と恐れられた男・・・:01/10/15 01:55

アナベル・加藤紘一: あの日以来、我が派閥宏池会は分裂し、国民からはチキンと呼ばれ、野党からも蔑まれ、
          演歌歌手並みのつらい地方巡業をこなし、ついでに2ちゃねらーOFF会にも参加した・・・。
        
          ついに待ちに待った時が来たのだ...。
        
          あの森内閣不信任国会の欠席が無駄でなかった事の証のために!
          宏池会復活のために! 総理就任成就のために!
          衆院テロ防止特別委委員長として!!!
        
              国会よ!!私は帰ってきた〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!

29 :通常の名無しさんの3倍:01/10/15 02:02
>26
純一郎は既に強化人間かい!
最後は力が暴走して自爆(退陣)ってか(w

30 :ななしいさお@オマエモナゆりかご会:01/10/16 18:44
<TVタックルの収録中>
辻本「自衛隊は、憲法の解釈を全部飲み込めやしない!」
佐々「運用のガイドラインはそんなものだって乗り越えられる!!」
辻本「ならば、今すぐ国会全体に英知を授けてみせろ!!!」
佐々「貴様を潰してから、そうさせて貰う!!!!」


<収録後>


辻本、全泣き……。

31 :テキサスの攻防:01/10/16 22:43
小泉「フッフッフ・・・。予定通りだな。中谷、私の法案の整備はどうかな?」
中谷「はい。いつでも。」
小泉「ようし、16日まで待って法案を提出。私も国会に出席する。」
中谷「しかし、小泉総理自らお出になることはないと・・・。」
小泉「あるのだよ・・・!後方支援は私用に与えて下さった任務。
   ブッシュ大統領に男としての面子がある!」

32 :テキサスの攻防:01/10/16 22:44
小泉「橋本ぉーー!!引けぇーーい!!
   今の貴様の任務は、法案を通すことではないはずだ!!」
橋本「味方が苦戦しているのを見過ごすわけにはいかんのでな。」
小泉「私なりの戦い方があるからこそ、法案を提出したのだ!!」
橋本「分かったよ小泉総理。」

橋本「鳩山がケリをつけてくれればありがたいと思ったが、小泉めよくやる!」
鳩山「場当たり外交しかできないお前は、もうパワー負けしている!!」
小泉「橋本を図に乗らせないためには、法案を通さねばならんのだよ!!
   ・・・中谷、自衛隊をブッシュ大統領に届けてくれよ!!あれは、いいものだ!!」

33 :通常の名無しさんの3倍:01/10/16 22:48
元ネタがイマイチわからんがage

34 :通常の名無しさんの3倍:01/10/18 23:02
小泉「我々は米軍の爆撃の威力というものを見せられたのです。あれほどの力ならば、米軍単独でも、のアフガニスタンぐらいあっというまに制圧させられます。
その事実を知ったとき、我々は馬鹿馬鹿しく思ったのであります。アメリカほどの軍隊が現れたなら、我が国の自衛隊などは・・・」
ブッシュ「平和憲法を気にしすぎているのではないのか?」
小泉「心外であります。え、いや・・・皆無とは言いませんが、何よりも米軍の実力に驚かされました。」
ブッシュ「うんん・・・」
小泉「多額の戦費の肩代わりも覚悟しています。が、米軍がおいでになるとき、後方支援にまわることだけは認めてください。」
ブッシュ「できるか、ラムズフェルド?」
ラムズフェルド「日本のおっしゃることはわかります。」
ブッシュ「そうしてくれ。いいな。」

35 :通常の名無しさんの3倍:01/10/18 23:11
>>31-32
なかなか通な場面でイイ!

36 :通常の名無しさんの3倍:01/10/19 23:04
小泉「悲しいけどこれ戦争なのよね」

37 :通常の名無しさんの3倍:01/10/23 01:43
保守ピタル

38 :通常の名無しさんの3倍:01/10/23 21:12
土井「テロの人達だって、子供もあるだろうに・・・。
   それを、軍隊を向けるなんて・・・。荒んだねえ・・・。」
小泉「じゃあ、土井さんは、日本もやられてもいいって言うのかい・・・?
   戦争なんだよ!?」
土井「そうだけど!人様に軍隊を送るなんて・・・!」
小泉「じゃあ・・・。土井さんは・・・。日本を・・・愛してないのか?」
土井「そんな・・・。自国を愛さない政治家がいるもんかい。」
小泉「嘘つけーーっ!!」
土井「純一郎・・・。昔のお前に戻っておくれよ!」
小泉「今は、戦争なんだ!!」
土井「なんて情けない総理だよーー!!」

39 :通常の名無しさんの3倍:01/10/28 02:12
捕手

40 :通常の名無しさんの3倍:01/10/28 21:50
土井「新幹事長いいね?」
辻本「もちろんです。これと、党首のフェミニズムが共鳴して、
   未知数の支持層が引き出されるかもしれないって話、信じます?」
土井「田島の話か?それはないよ。」
辻本「でも・・・。」
土井「反改憲で勝てるさ!
   社民党は私が党首をして、君が政審会長をしているんだから。」
辻本「そりゃあそうですね!」

41 :選挙制度改革与党幹事長会談後:01/10/29 00:06
冬柴「総理の中選挙区制への対応はどうか?」
神崎「小泉総理の推定路線が出ました。このままですと民主党を使います!」
草川「民主党だとぉ!?菅直人を使うと言うのか!?」
冬柴「まさかな。引っかかったんだよ!民主党はおとりだ!
   今ごろ山崎・加藤両名が、料亭に呼び出しているころだ。」
草川「ならば、我々もそれを!」
冬柴「本気か?我々が料亭接待をかければマスコミが攻撃してくる。こちらに付きそうな派閥は!?」
秘書「橋本派が付くはずです。」
冬柴「呼び出せ!」

         プルルループルルルー

野中「おお!ご無沙汰ですな。冬柴さん。」
冬柴「元気そうだな、野中。また、貴様の手を借りたいのだ。」
野中「私にできることであれば。」
冬柴「小泉総理と争っている。
   貴様の派閥の数なら、中選挙区制で改革の頭を押さえられる。」

42 :通常の名無しさんの3倍:01/10/29 00:12
元ネタが思い出せなくても富野作品か否かは一目でわかるのがなんともはや。

43 :朝生攻防戦:01/10/29 00:21
松岡:「やられはせん。やられはせんぞ。田原ごときに、やられはせん!
     族議員の栄光、この俺の利権、構造改革、やらせはせん。
     やらせはせん。やらせはせんぞ!」

44 :抗命党大会演説。:01/10/29 00:47
 この選挙制度、小選挙区比例代表並立制は、
小選挙区と比例代表制を繋ぎ合わせて制定された極めて不安定なものである。
それも、過去のリクルート事件でいわれた政治改革のために、
急遽、制定されたものだからだ。

 しかも、自民党執行部が創価学会に
対して行った施策はここまでで、票さえ取れれば良し。として、
彼らは砂防会館に引きこもり、 我々に国会を開放することはしなかったのである。

 われわれの父池田大作が、比例代表の50議席削減撤回を小沢に要求したとき、
小沢はこれを拒否した。
そして、その小沢一派は連立を解消し、先の衆議院総選挙を仕掛けたのである。

 その結果は諸君らが知っているとおり、自公保の敗北に終わった。
それはいい。

 しかし、その結果、森総理は崩壊し、国民の間に反連立の機運が高まり、
民主党のような反創価勢力を生み、
自公保連立崩壊をもくろむ加藤紘一など宏池会の跳梁ともなった。

 これが現在の小泉・改革政界再編内閣を生んだ歴史である。

 ここにいたって私は、今後、絶対に
創価学会のためにならない小選挙区制のもとでの衆議院選挙を
繰り返さないようにすべきだと確信したのである。

 学会員諸君!創価の道を開くため、
池田先生のための政治を手に入れるために、
あと一息、諸君らの力を抗命党のために貸していただきたい。
そして私は、名誉会長の許に召されるであろう!

45 :通常の名無しさんの3倍:01/10/29 21:08
小泉「アフガンへの増援が間に合わぬからと申して、手をこまねいてはおりません。
   すでに、中谷貴下の自衛隊部隊の尖兵たるものを、テストと支援を兼ねて、
   アフガンに派遣する準備を整えております。」
野中「貴公は自衛隊派遣ときやすく言うが・・・。」
小泉「方便ですよ?
   野中さんが自民の大望を成すため、自公保連立が必要とおっしゃり実践なさった。
   それと同じです。」
野中「それは違うぞ!国会は連立をして初めて自民党の政権を認めた。
   自民単独のままでは、しょせん野党レベルでの政治運動でしかなかった。」
小泉「自衛隊派遣という言葉が、国民の政治参加につながるのです。」
野中「ならば!数百の一般企業を倒産させてまで、
   構造改革を行うというのは、これは政治家の無能を示すことだ。」
小泉「私に向かってよくおっしゃる・・・。ご覧を。」
野中「作戦などいい!」
小泉「我が自民党にとって、景気とテロ対策は最終防衛線です。
   ここで選挙になれば、自民は負け同然です。
   その前に、自民主導の選挙改革で対立候補を討つ!
   この作戦の利点は、我が内閣の高支持率を利用することによって、
   経費も時間もかからずに絶大な効果を得られる点にあります。
   この計画のご認可を?」
野中「やっておっていまさら!
   合計80%からの支持率ならば、法案を通すのもやさしかろう。
   ・・・勝ってな、どうするつもりか?」
小泉「せっかく減った企業です。これ以上増やさずに優良なものだけを残します。
   自民党の永遠の存続のために、政治献金を減らさぬためにです。
   そのコントロールには、船頭は少ないほうがよろしいかと?」
野中「貴公、知っておるか?田中角栄を。」
小泉「角栄?昭和の人物ですな。」
野中「うむ。独裁者でな。政界を読みきれなかった男だ。
   貴公はその角栄の尻尾だな!」
小泉「私とて、日本の改革に参加した者です。
   企業がただ数を増やすだけでは人の軟弱を生み、軟弱は人を滅ぼします!
   歴代総理の絶対民主制が何を生み出しましたか?
   官僚の増大と上述の世を生み、後はひたすら資源を浪費する大衆を育てただけです!
   今次のような不況を生んだのも、自民の軟弱故です。
   もう、日本は限界を超えましたよ・・・。
   私は、構造改革の指揮を取ります!
   が、やってみせますよ?その上で、真の経済の再生を待ちましょう。
   角栄の尻尾の戦いぶりをご覧下さい。」
野中「・・・言いぐさはいろいろあるものよ。
   真紀子は何を考えているのか。
   角栄は身内に降ろされたのだぞ?」

46 :771:01/10/29 21:51
  辻本「なんて高い支持率だい!」
社民議員「辻本様、そろそろ党内方針を決めませんと」
  辻本「落ちないんだよっっーー!」

47 :通常の名無しさんの3倍:01/10/29 21:54
マキコ・タナカ「これは、罠ね・・・。」

48 :Z44話「ゼダンの門」:01/10/31 19:21
田中真紀子外務大臣「先日は不手際があり、まことに遺憾に思っている。秋の園遊会の招待が外務省にあった件を官房長が隠していて・・・」
斎木「前置きは要りません。そちらは何を望んでいるのですか?理由によっては官邸に報告するかもしれません。」
真紀子「さてどうですか・・・そうなれば、マスコミが外務省を叩きましょう。」
斎木人事課長「マスコミが・・・」
真紀子「ええ。」
斎木人事課長「要求は何ですか?」
真紀子「省内人事の改革を。」
斎木人事課長「省内人事の改革はすでに約束しているはず。新しい秘書官でもほしいのですか?」
真紀子「秘書官・・・フフ、フハハハハハ・・・心労で倒れるような秘書官など、何の役に立ちましょう?」
斎木人事課長「ん!?」
真紀子「私がほしいのは、あなたの辞令だ!」
人事課職員「なに!」
真紀子「この紙には人事課長異動の辞令が書いている。外務大臣印を押せば決裁される。この部屋にいる職員を異動させるのには十分すぎる権限だ。」
斎木人事課長「大臣・・・」
真紀子「これで決まったな。斎木人事課長は30日付で官房長付とする。」
人事課職員「そうそう好きにはさせません。 ん?!」
真紀子「残念だが手筈どおり監禁できているようなのでな・・・勝手に部屋を出るなと言ったろ!」

49 :通常の名無しさんの3倍:01/11/01 10:44
>45
(・∀・)イイ! なんかそら恐ろしくなるくらいハマってますね。

50 :通常の名無しさんの3倍:01/11/02 19:51
人事課長「真紀子を通して出る人事?そんなもので、外務省が治せるものか!」

51 :通常の名無しさんの3倍:01/11/02 21:51
小泉「あなたには見えているはずだ!
   テロでムダ死にをした、人の意思が!」
土井「私は生きる限り護憲だよ!社民そのものもそうだ!」

52 :通常の名無しさんの3倍:01/11/02 23:28
ヒイロ小泉 「自衛隊海外派兵による支持率の低下は軽微・・・任務、続行・・・」

53 :通常の名無しさんの3倍:01/11/04 21:04
真紀子外相「なお、情報を漏らした上月は辞任を表明、秘書官を辞める。」
野上事務次官「辞任・・・?辞任・・・で・・・?
       それだけ・・・なんですか?辞任・・・それだけなんですか?」
真紀子「ああ!?」
野上「辞任の発表だけで、それだけでおしまいなんですか?」
真紀子「どういうことだ?」
野上「仕えている時は何もしてくれないで、辞令だけで・・・!
   上月さんや他の人に、ありがとうの一言くらい!!」
小町官房長「よせ!野上!」
真紀子「貴様ーー!!(平手打ち空振り)
    なぜよけるか貴様ーー!!
    よけたら地方行きだぞーー!!」

54 :通常の名無しさんの3倍:01/11/06 19:21
真紀子「大島さんは、国連より国会対策の方が大切なんですか!?」

55 :哀戦士:01/11/06 21:57
小泉「いい音色だろ?」
福田「はい。良い物なのですか?」
小泉「北宋だよ。用は?」
福田「外相が、保守党に向かったとの情報が入りましたが。」
安倍「小泉総理!」
小泉「何だ?」
安倍「外相の、新たな情報が入りました。
   進路を、党本部に変えたそうであります。」
小泉「まずいな・・・。世論の動きと歩調を合わせている・・・。
   福田、国会対策のために任命された大島に教えてやれ。
   やつに外相の始末をさせれば、こちらの支持率を下げなくてもすむ。
   我々は、元森派の議員だ。
   高村配下の、大島委員長に援助することはない!手伝いはさせてもな?」

56 :通常の名無しさんの3倍:01/11/06 23:04
小沢御大将「自民党になあ!!
      日本経済の復興などできるわけねえだろぉーーーっ!!」

57 :通常の名無しさんの3倍:01/11/07 23:13
菅「・・・で、万全というわけですなあ。」
鳩山「何が気にいらんのかね?菅幹事長。」
菅「はあ。社民党一党で国会の答弁をかく乱。
  本当に党首は、彼らとの政権の可能性があるとお考えなのですか?」
鳩山「国会答弁は、見たのだろう。君?」
菅「そりゃあ、確かに辻本のヤジのうるささは聞くに耐えがたいものがあります。
  しかし、一人や二人のデータで社民を国対部隊に即断するのは、あまりにも危険ではありますまいか。」
鳩山「そうだ。が、民主党からはこれ以上避けん。
   自民の外相の田中な、あれは議員の間ではヒステリーとうわさされていると聞く。
   としたら、ヒステリーが我が陣営に現れても不思議ではないだろう?」
菅「外相の田中は、あれは異常です!
  彼女一人でいくつもの騒動を起こすなど!」
鳩山「なら、ろくな質問もせずに、ソーリソーリと呼び続けた辻本とかいう女性議員な。
   彼女は異常ではないのかね?」

58 :通常の名無しさんの3倍:01/11/11 18:00
橋本「こちら、平成研究会。
   すまん!我々は、国会で見物させてもらうぞ!」
小泉「なんの!後のことは頼む。」
橋本「うむ。平成研の名誉にかけて!」
小泉「よくここまで来たものだ・・・。かつて自民議員の半数を擁した作戦。
   ワシは今、これだけの数でやっておるのだ。」

鳩山「現在の状況は?」
菅「はっ。法案は現在可決と否決のほぼ中間点。小沢さんが接触しました。
  また、中立化した平成研究会は、後方へ下がります。」
鳩山「うむ。湾岸戦争の教訓を生かした、敵ながら見事な自衛隊派遣だ!」

59 :通常の名無しさんの3倍:01/11/13 21:54
真紀子「まだ続けるか!終わりにするか!上月!」
秘書官「そんな決定権がお前にあるのか!?」

60 :通常の名無しさんの3倍:01/11/13 23:54
大島「タイミングズレの渡米交渉が何になると言うのだ。」

61 :通常の名無しさんの3倍:01/11/16 02:47
45さんのに触発
http://www4.famille.ne.jp/~yo-ogawa/bbs/dat/1892.jpg

野中はあんまし似てない(;´Д`) 

62 : :01/11/16 11:04
>>61
コイズミがかっこよすぎですな.

63 :通常の名無しさんの3倍:01/11/16 12:02
相変わらず良質スレ。
ここで大体の現在の政治の流れがマジで分かるからスゴイ(藁

っつーか、今はネタが多くてネタ職人さんも喜んでるだろう。

64 :名無しさんのレスが読めるのは2chだけ!:01/11/16 20:22
http://news.2ch.net/test/read.cgi/news5/1005766682

小泉「やらせはせん・・やらせはそんぞ!!我が板のスレの栄光をタリ板ごとき
    スレにやらせはせん・・・!!」

65 :通常の名無しさんの3倍 :01/11/16 20:39
オマル「くっ・・・ カブール陥落を阻止できなかったとは・・」
ドスタム将軍「カブールよ、私は還ってきた〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!」

66 :通常の名無しさんの3倍:01/11/16 20:45
橋本「我が忠勇なる平政研議員達よ!
   今や、日経平均株価の半分が構造改革によって消えた。
   この株価の動きこそ、我ら平成研究会の正義の証である。
   決定的打撃を受けた小泉内閣に、いかほどの支持率が残っていようとも、
   それはすでに形骸である!
   あえて言おう!カスであると!!
   それら軟弱の集団が、この特殊法人を廃することはできないと私は断言する!
   国民は、我ら選ばれた最大派閥たる、平政研議員に管理運営されて、
   初めて永久に生き延びることができる。
   これ以上不況が続けば、日本国そのものの存亡に関わるのだ!
   小泉内閣の無能なるものどもに思い知らせよ!
   明日の未来のために!!
   我ら平政研議員は立たねばならんのである!!」

67 :通常の名無しさんの3倍:01/11/16 21:08
ドスタム「マスード、ラバニぃぃー、タリバン残存部隊にジェットストリームアタックをかけるぞ!」

68 :通常の名無しさんの3倍:01/11/16 21:09
伸晃「私には父に対しての立場があると言っただろう?」

69 :通常の名無しさんの3倍:01/11/16 22:16
橋本「この公団を・・・民間に落ちるのを阻止できなかったとは・・・!チィーッ!
   まだ援護がいた?・・・小泉か!」
伸晃「総理!」
橋本「なぜこんないいものを民間に落とす!?
   これでは組織が弱くなって票が読めなくなる!自民の冬がくるぞ!」
小泉「公団にいる連中は自分のことしか考えていない。だから民営化すると宣言した!」
橋本「政治家が支持団体に罰を与えるなどと・・・!」
小泉「私、小泉純一郎が粛清しようと言うのだ!橋本!」
橋本「エゴだよ!それは!」
小泉「日本がもたん時が来ているのだ!
   そんな派閥政治では!」
伸晃「総理!なんで解散権を使わないんです!?」

70 :通常の名無しさんの3倍:01/11/17 00:01
原陽子「私には政治のことは分からないわ。」

71 :通常の名無しさんの3倍:01/11/17 04:01
>>69
ワラタ

72 :通常の名無しさんの3倍:01/11/17 05:11
http://ebi.2ch.net/shar/kako/1000/10002/1000214802.html
コアファイターNY貿易センタービルに自爆攻撃!


このスレの直系スレってないんですか?それとも、この自民党スレに呑み込まれたんですか?

73 :通常の名無しさんの3倍:01/11/18 00:02
ビンラディ「この中にブッシュ家の統領がいるだな、ぼくにはわかる」
パウエル「そのテロ力、アメリカが与えものだ、ありたがく思え」
ビンラディ「貴様がタリバンを戦争に導いた、タリバンは関係ない」
パウエル「そうかな?、テロがなければ、ブッシュの支持率が上がらなかった」
ビンラディ「それか理屈だ」
マルコムX「パウエルやめてください」
ビンラディ「今、オマル師が言った、ユダヤが戦争を仕掛けた」
パウエル「ユダヤ資本は戦争に不可欠、やもえない」
ビンラディ「貴様だって、アメリカではマイノリティだろうに」
マルコムX「やめてくださいパウエル、ビンラディに直接な恨みがあるわけがないでしょ」
パウエル「アメリカ国民が殺された」
マルコムX「お互い様じゃない」
パウエル「じゃ同士になれ、一緒にユダヤを倒そう、タリバンも喜ぶ」
ビンラディ「なに!」
マルコムX「パウエルなにを言うだ!」
兵A「ヒラリー氏は、厳戒のNYを逃げようとしている、パウエル殿なら、ヒラリー氏
お助けなれるかと、おお噂にあった本当は白人というのはうそであったようだ」
パウエル「貴様に代わってヒラリー殿を守る」
マルコムX「パウエル殿はこれからどうするの?」
パウエル「やはり、ユダヤ資本が掛かったヒラリーを生かしておけば、時期大統領選挙で
自分が不利になる」
パウエル「マルコムXはもとの世界にもどれ、いいイデオロギーでな」

ビンラディ「タリバン、見えるよアルカイダが」
ビンラディ「アフガンから撤退命令を出さないと、全滅する」
ビンラディ「ごめんよタリバン、タリバンとはいつでもテロできるから」
ビンラディ「ぼくにはアルカイダーがある」

と恐ろしい、会話を作ってしまった

74 :通常の名無しさんの3倍:01/11/19 14:30
橋本「党内からの攻撃はまだなのか?」
野中「ああ。遅いな?」
橋本「他の派閥は俺達平成研からの要請は聞けないのか!」
野中「選挙区の反発を気にしてるんだよ。」
鈴木「来ました答弁!」
野中「しかし数が少ない。」
橋本「あれじゃ廃案にできない・・・。
   野中さん、特殊法人の民営勧告はでているのか?」
野中「利権を持ってる連中は真っ先に逃げ出してるよ!」
橋本「だから小泉にやられるわけだ!
   だいたい、あの法人改革の対策に使っている資金だって小泉はどこから手に入れたんだ?」
野中「日本政府機密費だろ?」

75 :通常の名無しさんの3倍:01/11/19 14:53
小泉「公団落としの作戦は、小泉内閣として初めての改革である。
   この政策で、諸君等の働きを見せてもらい感動している。
   本日は、これらの作戦の締めくくりとして、反対する平成研の議員に陽動をかけてもらう。
   単純な作戦ではあるが、無事任務を果たして賛成票を増やしてもらいたい。以上。」
山崎「結構です!」
小泉「・・・これでは道化だよ。」
山崎「いや、自民党総裁として国会対策もしませんとな!」

76 :通常の名無しさんの3倍:01/11/19 15:16
橋本「俺達と一緒に戦った男が、なぜ公団潰しを!」
小泉「公団に残っている連中は、
   税金を使っているだけの利権に魂を縛られた人々だ!」
扇「・・・だから同じ党内でもいがみ合っていられるんだわ・・・。」
橋本「そうかい!!なんで・・・!!」
小泉「公団の全部を残せやしない!」
橋本「役人の知恵は、どんなものだって・・・乗り越えられる!!」
小泉「ならば!今すぐ公団すべてを黒字にしてみせろ!!」
扇「そうだわ・・・。それができないから・・・。」
橋本「貴様を降ろしてから・・・そうさせてもらう!!」
扇「橋本!あんたちょっとセコいよ!?」
小泉「行くかい?」
扇「え・・・?」

77 :通常の名無しさんの3倍:01/11/19 15:36
亀井「なんだ?」
野中「あなたは、小泉の本性が分かっていませんよ!」
亀井「道路公団を売った金で、日本国政府の福祉政策が充実するんだぞ?
   でなければ、小泉は解散総選挙を仕掛けると言ったんだ!」
野中「小泉は解散総選挙はしません!
   利権が残った、あなた達を潰すだけです!」
亀井「私は国土交通省に行って、民間への受け入れ準備をさせる!」
野中「公団の売却!?なんで我々平成研にやらせないんです!」
亀井「国会の最中に大勢の議員は呼べんよ!」
野中「・・・では我々平成研は独自の行動をとらせていただきます。」
亀井「当たり前だ!諸君らが自民の危機と判断したら、いつでも動け!」

78 :通常の名無しさんの3倍:01/11/22 00:52
保守age

79 :通常の名無しさんの3倍:01/11/22 21:23
坂口「たかが一つの伝染病にーっ!!この坂口がやらせるかーっ!!
   やらせはせんぞ!!狂牛病ごとき伝染病に自民の栄光をやらせはせん!!
   この俺がいる限りはやらせはせんぞーっ!!」

80 :通常の名無しさんの3倍:01/11/22 21:28
坂口公明党sage

81 :通常の名無しさんの3倍:01/11/25 01:37
age

82 :通常の名無しさんの3倍:01/11/25 01:40
武部「このタイミングで(牛肉)安全宣言を出すのは、古今例のないことである!!」

83 :通常の名無しさんの3倍:01/11/25 03:06
>>82
国民の声「あの男、信用ならんな」

84 :通常の名無しさんの3倍:01/11/25 04:57
>>73
タリバン=オマルの方がしっくり来る。

85 :通常の名無しさんの3倍:01/11/27 00:11
真紀子「総理、あなたの作戦は完璧です」

86 :通常の名無しさんの3倍:01/11/27 21:56
伸晃「この公団、道路公団は赤字団体と黒字団体が、
   合わせて存在する極めて不安定なものである。
   それも過去の交通網整備のために急遽、設立されたものだからだ。
   しかも、族議員が国民に対して行った政策はここまでで、
   入れ物さえ作れば良しとして、
   彼らは公団に引きこもり、我々に公団を解放することはしなかったのである!
   総理の小泉が総裁選に際して、国営事業すなわち郵政三事業の民営化を政府に要求した時、
   総裁選は、小渕に完勝された。
   その小渕一党は、平成研究会を語り、市場に対して金融ビッグバンを仕掛けたのである!
   その結果は、諸君らの知っているとおり失敗に終わった。それはいい!
   しかしその結果、国の赤字は増大し、党の内部は腐敗し、加藤派のような反主流派行動を生み、
   小渕の残党を語る野中の跳梁ともなった!
   これが政治腐敗を生んだ歴史である!
   ここにいたって私は、政治家が今後政争を繰り返さないべきだと確信したのである!
   それが、公団を民間に落とす真の目的である!
   これによって、永田町の政争の源である、利権にすがり続ける人々を粛清する!
   諸君!!自らの道を開くため!国民のための政治を手に入れるために!!
   あと一息!諸君らの力を、私に貸していただきたい!
   そして私は、父慎太郎の元に召されるであろう!!」

87 :通常の名無しさんの3倍:01/11/28 23:25
伸晃「行革を成功させたら、それこそ俺はいつだって小泉を倒して総理になれる男になれる!」

88 :逆シャア ホテルのロビー:01/11/29 01:32
小泉「いいんですかぁ、鳩山さん取っちゃって」
菅「いいよ。あなたのいないとことでは、土井さんと仲良くしてるから」
小泉「あはははははははは!」

89 :Z 父と子と:01/11/29 18:53
橋本「派閥育ちだけではだめということか?」
野中「はい。あの総理はあれ一人で周囲の政治家の動きまで支配します。
   これを制するためには、会長にも主義主張を抑えていただいて・・・」
橋本「ああ。これ以上の反抗に対して、どう考えるか?」
野中「抵抗勢力の数が少ないのが問題です。
   かと言って、戦力を立てなおして出直すのも損であると考えます。」
橋本「橋本派と堀内派、江藤・亀井派で反抗は続けろ。
   野中は小泉の弱みはどこか、それを探れ。」
野中「外相あたりを叩いてみますか。」
橋本「今は主流派の中にまで浸透している、小泉の中枢神経を抜き出すことだ。」
野中「はっ!」
橋本「もう遠慮するな・・・!」

90 :通常の名無しさんの3倍:01/11/30 21:02
伸晃「新設の予算枠はすべて埋まっているようで、私が使えるのは残っていないでしょう。」
小泉「健康保険を引き上げてみるか?20%しか負担させていないようだが。」
伸晃「健康保険?」
小泉「自民に支持している医師会も取り込んである。
   お前なら、使いこなせよう。」
伸晃「はい。」
小泉「法人改革を潰された帳尻は、合わせてもらいたいな?」
伸晃「は・・・。(20%かぁ・・・。)」

91 :カミーユVSシロッコ:01/11/30 23:09
事務次官「怒鳴るだけの大臣が何を言うか!」
真紀子「怒鳴って悪いか!!」

92 :カテジナ(狂):01/12/01 04:17
小泉「腐った族議員を廃し、腐敗の温床である公団をなくす!
  自民党クリーン作戦の意味もわからずにっ!」
野中「出鱈目をっ!」
小泉「私達は、政治をクリーンにして、国民に託したいのだよ」
野中「・・・官僚がそんなことを言う訳ないじゃないか!」

・・・元ネタとだいぶ違うかも(^^;

93 :通常の名無しさんの3倍:01/12/03 01:23
小泉「保険証なんてかざりです。偉い人にはそれが分からないんですよ。」

94 :通常の名無しさんの3倍:01/12/03 01:39
坂口「これにも狂牛病が1頭だけ?やるな肉骨粉!」

95 :V最終回:01/12/03 01:56
橋本「(道路公団に)国費投入ゼロですよ!
  そこまでやるんですか、小泉さん!」
小泉「アマちゃん坊やが。ここで改革を挫折させれば、
  族議員が幸せになるんだろう!?」
突っ立っている橋本
小泉「・・・なにぃっ!?」
梶山『派閥の力を信じるんだ!』
小渕『橋本!』
小泉「まやかすなぁー!!!」

・・・ちょっとイメージを外したかなぁ(^^;

96 :通常の名無しさんの3倍:01/12/03 11:47
坂口「しかし妙だな・・・。出荷されてきた牛の数があわんな。」

97 :通常の名無しさんの3倍:01/12/03 17:55
waratayo

98 :通常の名無しさんの3倍:01/12/03 17:58
小泉「100は、私のものだ。抵抗すれば射殺する」
橋本「・・・・・」

99 :通常の名無しさんの3倍:01/12/03 17:59
小泉「既得権益に100は、渡さん」
橋本「・・・・・」

100 :通常の名無しさんの3倍:01/12/03 18:16
小泉「100だ。」
橋本「・・・・」

101 :100:01/12/03 18:16
野中「ヒャクゲト」
青木「アヒャヒャヒャヒャ」

102 :通常の名無しさんの3倍:01/12/03 18:55
土井「赤い議員バッチ?」
不破「赤といえば私達の特権のはず!」

土井「不破さん通常の三倍の支持率です」
不破「に・にげろ。コイズミが来た。9条の盾がもたん」

103 :通常の名無しさんの3倍:01/12/03 22:35
前スレの143って何気に予言が当たってたな。

104 :通常の名無しさんの3倍:01/12/04 07:51
青木「主な派閥と公明党への根回しは済んだ。
   これで我々なしに改革などできん。
   小泉にそう伝えてやれ!」
山崎「その必要はない。お前達のやったことは無意味だった」
青木「なんだと!?」
麻生「小泉の狙いは、最初から特殊法人改革ではなかった」
青木「どういうことだ?・・・・・・!まさか・・・」
山崎「小泉の狙いは解散総選挙だ」


↑真に受けないように(笑)

105 :通常の名無しさんの3倍:01/12/04 23:25
秘書官「そこの外相!一方的に怒鳴られる痛さと怖さを教えてやろうか!」

106 :通常の名無しさんの3倍:01/12/06 00:15
野中 「問題は、その後だ。男系断絶の後、誰が国民の尊敬を受けるで天皇家はどうにでもなる。その時に女帝を認める皇室典範が必要だと思えんか。」
宗男 「それをあなたが?」
野中 「数十年後の皇位を継承するのは女だと思っている。」

107 :通常の名無しさんの3倍:01/12/06 00:22
辻本「私に同調してくれなければ排除するだけだ!2ちゃんねる!」

108 :通常の名無しさんの3倍:01/12/06 16:25
マ・クベ小沢「落選した野村沙知代など検察にくれてやればいいのです。もはや繰り上げ当選されても政党的価値が有りません。
ケニーや浅香光代らはくだらない喧嘩ばかりしている物です。」

109 :通常の名無しさんの3倍:01/12/06 22:26
真紀子「信念を貫く総理など、薄気味が悪い!」
小泉「こんな・・・こんなにも口が軽い人に、僕は入閣などさせたりしませんよ!!」
真紀子「じゃあ私を降ろしてごらん?」
小泉「・・・そんなの汚い!卑怯ですよ!消えて・・・消えてください!!」
真紀子「私を降ろそうとした!?
    抵抗勢力を振り切って、私のことも振り切ったか・・・。
    フン!アハハハハ!」

110 :ケニー野村:01/12/07 03:15
そのままで聞け!芸能界の熟女達よ!もはや忍従の時は去った!
諸悪の根源は、野村監督を戴き、欺瞞あふれる野村家を受け継ごうとした野村沙知代にある!
真なる平和をこの手に握るのは、沙知代の首を我が面前にささげる諸君等である!!
さすればこの芸能界の英雄として、末代まで称えられよう!

111 :通常の名無しさんの3倍:01/12/07 16:39
沙知代「ふっ冗談はよせ」
 ケニ-「母上も意外とお甘いようで…」

112 :通常の名無しさんの3倍:01/12/07 23:03
小泉「このままいけば行革ができる。できるぞ!」
野中「・・・そう思える力を与えてくれたのは森かもしれんのだ。
   ありがたく思うんだな!」
小泉「貴様が森を総理に引き込んだ!」
野中「それが許せんと言うのなら、間違いだ。小泉君。」
小泉「なに?」
野中「森政権がなければ、君の総理の目はなかった!」
小泉「それは理屈だ!」
野中「しかし、正しいものの見方だ!
   君は、自分がどれだけ危険な人間か分かっていない。
   素直に改革のあり様を示しすぎた!」
小泉「だから、なんだと言うんだ?」
野中「人は、流れに乗ればいい。
   だから、私は君を降ろす!」

113 :あるガンダムファイター:01/12/08 07:29
土井「小泉さん、あなたのお陰で
   私も日本人であることを思い知ったよ。
   だが、忘れるなよ、
   日本国憲法第9条、戦争放棄だ。
   私達は囚人なのさ、
   憲法という檻に捕われた、な・・・・・・」

114 :通常の名無しさんの3倍:01/12/08 21:01
ネギあげます

115 :通常の名無しさんの3倍:01/12/10 17:09
・・・官僚が、増え過ぎた役人を民間へ天下りさせるようになって、既に半世紀。
省庁の周りには巨大な企業が数百棟並び、役人はその社屋の内壁を退官後の職場とした。
・・・その官僚の第二の職場で、役人は利権を産み、育て、そして退職していった・・・。

 西暦2001、官僚から最も縁遠い小泉純一郎は、内閣総理大臣を名乗り、抵抗勢力に改革政争を挑んできた。
その一ヶ月余りの戦いで、小泉内閣と抵抗勢力は株価の大半を下げに至らしめた。人々は自らの行為に、恐怖した・・・。

 政争は膠着状態に入り、八ヶ月余りが過ぎた・・・。

116 :哀・戦士編:01/12/10 21:41
 永田町の周りには、無数の政策研究会が存在し、議員の半数が派閥生活者となった、西暦2001・・・。

 小泉は総裁選出馬に名乗り、抵抗勢力に改革政争を挑んできた。開戦当初の一ヶ月あまりの戦いの後、政争は膠着状態に陥る。

 その八ヶ月後、小泉内閣の石原大臣旗下の公用車が、議員会館近くにあった。

石原 「平政研の新人議員が地元に入ったとなると、平成研の解散への最終調整が行われていると見るのが正しいな。」

秘書 「ううむ・・・。どうします。」

石原 「・・・まず事実を掴むのが先だな、ふん。無所属議員を3人侵入させて、情報を手に入れさせる。」

秘書 「はっ!」

 現金などの実弾兵器を無力にする、無党派層が増大された為に、永田町でも政策戦が行われる様になった。その選挙戦用に算出されたマスコミの数字を、支持率と呼ぶ。

優子 「父さーん!」

 平成研究会はこの開発に遅れ、ようやく小泉内閣に対抗しうる議員を完成させつつあった。

優子 「動くぞぉ。」

 群馬県に帰郷していた総理大臣の子、小渕優子は偶然の事からこの小選挙区、群馬三区の公認候補に出る事となった。

橋本「肩に力が入りすぎのようだ、大丈夫。野中がやってくれます。」

森 「ええ。」

橋本「党内チェック、急げ!」

森 「不信任案が、出ます!」

 総支持率の半数が死んだこの時、与野党双方の組織は無きに等しく、年端の行かぬ少年少女達が政争に駆出させていった。

橋本「タレント議員?タレント議員ですか?」

扇「・・・野党ではそれなりに研究が進んでいるようです。顔の良い、ちょっとした客寄せみたいなものだと言われています。」

橋本「ふっ。そんな政治家がいたらとっくにここらの反対勢力を全滅させていますよ。」

加藤 「宏池会をっ、不信任にぶつけてやる!」

 議員の革新たる新しい人、タレント議員の選出を待つのは戦いに疲れた人々の願望であったか。しかし時代の期待とは裏腹に、平成研究会のクルーが小泉の盟友、加藤紘一の攻撃を払い除けたのもただ生き延びたいが為であった。

加藤 「自民党に、栄光あれ〜!!」

その戦いの中、小渕優子は急速に議員としての練度に高めていく・・・・・・。

117 :通常の名無しさんの3倍:01/12/10 21:43
タイムリーなとこで、逆襲のハマコー。

118 :通常の名無しさんの3倍:01/12/11 22:13
エイノー鳩山「今回のテロ対策特別措置法可決において我ら民主党は
小泉内閣に「義」在りと見た。」

119 :通常の名無しさんの3倍:01/12/12 22:54
期待age

120 :通常の名無しさんの3倍:01/12/12 23:42
小泉「僕は野党の人と戦います。
   だけれど、自民の人とも戦います。」
   国民を大事にしない人とは、僕は誰とでも、戦います!」

121 :通常の名無しさんの3倍:01/12/13 12:08
小泉「まずは正面の公団を叩く。たばこ・酒増税はその後だ。」
相沢「甘いのではないか?赤字財政なのだろ?」
小泉「私は信じんよ!予算が足りないなど。」
相沢「総理は直接予算配分をしないから分からんのだ。
   あの族議員というやつの影響はなめるわけにはいかん。」
野中「力押ししか考えられんからそうなる。」

122 :通常の名無しさんの3倍:01/12/15 20:56
小泉「遅かったな?」
真紀子「申し訳ありません。」
小泉「フン・・・。支持率が落ちたそうだな。
   外交一つにてこずるものだな。」
真紀子「ODAを使います。」
小泉「追加予算をか?」
真紀子「少しでも反日と思えるものを潰さぬ限り外交はできません。」
小泉「また・・・中国か?こだわりすぎるな。」
真紀子「税制改革、どこに配分なされたのです?福祉枠ですか?」
小泉「沈んだよ。先行しすぎてな。」
真紀子「ほう・・・。平成研が了解なさったので?」
小泉「歯がゆいな・・・?橋本が増税を手放すと思うのか?」
真紀子「思いません。」
小泉「では・・・そういうことだ。」

123 :通常の名無しさんの3倍:01/12/16 00:00
1周年記念age

124 :通常の名無しさんの3倍:01/12/19 02:36
族議員「抵抗なさるのか?」
鈴木「椅子を尻で磨くだけの男で、終わるものかよ!」

125 :ひぐま:01/12/19 15:49
「ムネオはスタンバッておけ!」

126 :通常の名無しさんの3倍:01/12/19 16:19
「ムネオとは違うのだよムネオとは〜」(橋龍の一言)

「石原大臣、何やってんの!」(小泉さんの本音)

「えぇーい、道産のヒグマはバケモノか!」(石原大臣の独り言)

127 :通常の名無しさんの3倍:01/12/19 20:58
小泉「わかるまい!
   政策を派閥でしている橋本には
   この俺の、体を通して出る力が!!」
橋本「体を通して出る力?
   ふんっ、そんなもので、
   自民党政治が倒せるものか!」
小泉「なにっ!」
安藤「小泉は、その力を表現してくれる椅子に乗っている」
田丸「総理大臣にね」
橋本「んっ?女の声!?」
小泉「俺の体を、みんなに貸すぞー!!」

128 :通常の名無しさんの3倍:01/12/19 22:05
小泉「どうだ?改革案は出てきたか?」
部下「いえ。まだです。」
小泉「ええい!なぜ出てこない!」
扇「連中も、戦いのコツを飲みこんできているのさ。」
小泉「こうなったら省庁に直接乗りこんでいくしかない!」
扇「まあ待て。そう言うことなら、私が自分の部下と乗りこんで行こう。」
小泉「やってくれるか?」
扇「当たり前だろう?私は君の部下だ!」
小泉「今はそうだが、元々君は野中さんの直属だ。私だって・・・」
扇「いつになく興奮しているようだが、息子のために功をあせるのは良くないな?」
小泉「・・・任せる。」
扇「うむ。」
小泉「私が孝太郎のためにあせっているだと?私は冷静だ!」

129 :通常の名無しさんの3倍:01/12/20 10:44
真紀子「大した役者だったよ野中?
    話し合いの余地がないとするならば、ここがお前の死に場所になるな?」
野中「いや、もう一人役者がいるな?」
小泉「フン。」
真紀子「そうだな。こうした芝居じみたことは、小泉の領分だったな?」
小泉「私は歴史の立会人にすぎんからそうも見えよう。
   が、野中よりは冷静だ!」
野中「私が冷静でないだと?」
小泉「そうだよ!貴様はその手に自民を欲しがっている!」
真紀子「小泉の言うとおりだろう!橋本?
    ならば、田中派再興に手を貸せばいい。
    その上で自民のことも共に考えよう!
    ・・・この、小うるさい見物人を倒してな?」
野中「真紀子!私はただ、自民を誤った方向に持っていきたくないだけだ!」
真紀子「では聞くが、私を倒し、改革派を排除した自民で、お前は何をしようと言うのだ?」
野中「私が手を下さなくても、ドント方式の導入で総裁は変わる!その時を待つ!」
真紀子「私に同調してくれなければ排除するだけだ!
    その上で田中派も再興させる。
    それが分かりやすく、人に道を示すこととなる!」
野中「また同じ過ちを繰り返すと気付かんのか!?」
真紀子「自民の都合というものを洞察できない男は、排除すべきだ!」
亀井「それは違う!!」
野中「亀井!・・・亀井か!?」
亀井「本当に排除しなければならないのは、世論の圧力に魂を引かれた政治家達だろう!
   そのために多くの利権がなくなるなんて、間違ってる!!」
真紀子「愚劣なことを言う。」
小泉「生の感情を出すようでは、族議員を動かすことはできても、我々には通じんな!!」
亀井「議員の懐を大事にしない世の中を作って、何になるんだ!?」
小泉「天才の足を引っ張ることしかできなかった族議員に何ができた!?
   常に世の中を動かしてきたのは、一握りの天才だ!!」
野中「亀井引け!」
亀井「嫌だ!」
小泉「ちっぽけな感傷は、自民を破滅に導くだけだ!!中年!!」

130 :通常の名無しさんの3倍:01/12/20 11:23
>>129
中年!!ワロタ

131 :通常の名無しさんの3倍:01/12/20 11:27
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!
(゚д゚) ウマー
(゚Д゚)ハァ?
(・∀・)イイ!!

132 :むねお:01/12/21 17:15
「私がヒグマの為に焦っているだと?私は冷静だ!」

133 :通常の名無しさんの3倍:01/12/23 09:02
>132
焦れよ!(w

134 :通常の名無しさんの3倍:01/12/23 20:38
伸晃「通った車の数、決して多くはない!」

135 :ハロ:01/12/23 22:10
「マキコ!マキコ!ココハタネヲマクトコロジャナイ!マキコ!マキコ!ココハニイガタジャナイ!」

136 :Atsu−shit:01/12/23 22:13
不審船!弾幕薄いぞ!なにやってんの!

137 :通常の名無しさんの3倍:01/12/23 23:19
中谷「不審船だとお!?
   無事に本国に合流できると思うなよ!!」
部下「最大船速で、反対側に脱出するようであります!」
中谷「させるかよ!自衛艦全機、発進させろ!
   急げよ!!領海侵犯もかまわん!
   どのみち、戦闘は領海外でやるしかないのだからな!!」

138 :のぶてる:01/12/24 21:37
「ムネオだからさ。」

139 :通常の名無しさんの3倍:01/12/25 22:11
野中「・・・君か?支持率をあてにしすぎる。
   改革はもっと有効に行うべきだ。」
小泉「!!・・・な、なにぃ!?」
野中「甘ったれるな!!
   総裁選を勝ったからには、貴様は総裁なのだ!
   この党を守る義務がある!!」
小泉「言ったな・・・!?」
野中「こう言わざるをえないのが、現在の我々の状態なのだ!
   やれなければ、今からでも森派に帰るんだな!」
真紀子「野中さん!」
小泉「やれるとは言えない・・・けど・・・やるしかないんだ!
   僕にはあなたが・・・!」
野中「ああ!憎んでくれていいよ。
   直ちに内閣の組閣をしておけ!
   人を使ってもいい。君が中心になってな!」

140 :通常の名無しさんの3倍:01/12/25 23:22
某国特殊軍団小将「ぜ、全滅ぅ?15人の工作員が全滅?一日も経たずにか!?」

141 :通常の名無しさんの3倍:01/12/26 02:27
自衛隊員「ち、長官、無理です!自分はあの武器は見ていません!」
中谷防衛庁長官「あたらなければ、どうということはない!」

142 :通常の名無しさんの3倍:01/12/26 02:34
不審船「見せてもらおうか!日本国の警備船の性能とやらを!」

143 :通常の名無しさんの3倍:01/12/26 02:37
海上保安官「相手がスパイなら人間じゃないんだ。俺だって!」

144 :通常の名無しさんの3倍:01/12/26 03:11
某国特殊軍団小将「くそ!まだ永田町を発見できんのか!」

145 :通常の名無しさんの3倍:01/12/27 03:38
>>143
非人道的で激ワラ

146 :通常の名無しさんの3倍:01/12/27 12:05
沙知代「待ちに待った時が来たのだ!!
    多くの保釈金が無駄にでなかったことの証のために!!
    再び野村の栄光を語るために!!
    カツノリレギュラー成就のために!!
    娑婆よ!私は帰ってきたーッ!!」

147 :通常の名無しさんの3倍:01/12/28 11:37
>>146
克也「満足だろうな沙知代!
    だが、それは監督を解任された俺にとって
    屈辱なんだ!

148 :通常の名無しさんの3倍:01/12/28 11:58
>>147
ピッタリってかんじだ。
ってかおもろすぎる。>ここ全体

149 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 19:00
鳩山『今までお前のせいで何社潰れたと思っている!?』
小泉『知りたいか?』
鳩山『!?』
小泉『真紀子。』
真紀子『はっ。今日の倒産数は・・社。今までの改革での倒産数は・・』
小泉『そうか。後で全社の名前を聞かせてくれ・・。』

150 :通常の名無しさんの3倍:02/01/03 02:53
小沢「保守党なら扇の尻を追いかけるだけにしろ!」
松浪「扇様の尻だと!?おのれぇぇぇぇ!!」

151 :通常の名無しさんの3倍:02/01/06 23:10
野中「小泉内閣は、道路予算を削ってくる可能性の方が高い。
   しかし案ずるな亀井。法案を反対する準備は整っているのだろうな?」
扇「無論です。
  多少調整は残っていますが、保守党からの増援も可能な限り出しましょう。」
亀井「平成研だよ!平成研の勢力を、今すぐ振り向けてくれればいい!間に合う!!」
野中「振り向けるよ?準備させているところだ。
   それよりもだ、宗男を答弁させておいたはずだ。
   あれ一人で、2、3派閥の戦力になる。」
亀井「戦いは数だよ!偉そうにふんぞり返る前に、勝つための手立てを!!」
野中「しているよ!会長の橋本がガンコすぎるので手間取ったが、しかし策は講じた。
   答弁もしているのだ。大体、今になっての直接料亭は盗聴される危険もある。
   あとは、命令書通り作戦を遂行すればいいのだよ?亀井。扇もな?」
扇「はい・・・。」
野中「亀井、支えてくれれば我々は勝つよ?」
亀井「フン!」
野中「・・・ま、予算は他にも転用できる。ムダにはなるまい。」

152 :通常の名無しさんの3倍:02/01/06 23:35
某国特殊軍団大佐「ダミーの爆発であのパイロットを騙せたとも思えんが」

153 :家族思いは宗男に乗る:02/01/08 17:34
151最終シーン

「やらせはせん!やらせはせんぞ!」

亀井の雄叫びを残し、小泉内閣を蹂躪した宗男はついに撃沈された。

154 :通常の名無しさんの3倍:02/01/08 19:04
age

155 :通常の名無しさんの3倍:02/01/09 06:54
真紀子「安物なんだがね、父の形見なんだ。
    外国でなくしたら大変だ。預かってくれないか。
    指輪を頼むよ!秘書官!」

156 :通常の名無しさんの3倍:02/01/09 06:55
なるほど&rlo;

157 :通常の名無しさんの3倍:02/01/09 08:58
小泉Jr.「正直、ダイコンですいません。」

158 :アフガン松浪:02/01/09 12:33
「イヨーウ!大臣どこ?」

159 :通常の名無しさんの3倍:02/01/09 12:50
「景気〜ッ!早く上がってこいよ〜」

アフガンに打ち込んだミサイルと共にいなくなったことも知らず・・・。

160 :通常の名無しさんの3倍:02/01/09 14:20
ここ最高!超優良スレ発見記念Age

161 :通常の名無しさんの3倍:02/01/09 22:34
成か否か・・・それは終わってみなければ分からなかった・・・
確かなことは改革がひとつおこる度に
何人か、何百人かの人々が確実に
国会の塵になっていくということだ

山崎「法案の準備は?」
部下「はっ!あと4日ほどであります!」
山崎「うむ。志師会もそろそろこっちに気付くぞ。」

平沼「なにぃ!?バカな・・・!
   特殊法人を潰そうとしていたのが分かりましたぁ!?」
亀井「どうしたか!」
平沼「小泉の行革部隊です。」
亀井「官邸に大勲位中曽根を向かわせろ!」
平沼「・・・連立与党に、援軍を求められましたら?」
亀井「扇にか!?
   ・・・これしきのことで!国中の物笑いの種になるわ!!」

162 :通常の名無しさんの3倍:02/01/09 22:46
亀井「ハハハハハ!!なめるなよ!
   この亀井、長期赤字工事の整理なぞどうと言うことはない!
   道連れに、1億でも多く地元に引きずりこんでくれるわ!!」
小泉「ああ・・・あ、圧倒的じゃないか!」
亀井「ハハハ!!見たか!巨大ダムが量産の暁には内閣なぞあっという間に叩いてみせるわ!!」
石原「お〜う嫌だ嫌だ!見てらんないじゃないの?
   小泉ちゃん、しっかり面倒見てよ!」
小泉「派閥のバリアがあるなら、直接攻撃をかけようというのか!」
石原「悲しいけどこれ政争なのよね!」
亀井「石原か!宗男で防御!!」
石原「まだまだぁ!!」
小泉「やったなぁー!!」
亀井「小泉かぁーー!!うぉーー!!」
小泉「こぉのぉ!!」
亀井「たかが一人の変人に!!この亀井がやられるかぁー!!
   やらせはせんぞ!!貴様ごとき総理大臣に建設族の栄光をやらせはせん!!
   この俺がいる限りは、やらせはせんぞーー!!」

163 :通常の名無しさんの3倍:02/01/09 23:27
小泉「ボクがもっと、もっと真紀子を上手に使えれば、
   改革は失敗しないで済んだんですよね」
武部「うぬぼれるんじゃない!小泉くん。
   真紀子一人の働きで外務省が変革できたり、
   構造改革が成功するなどというほど、甘いものではないんだぞ」

〜〜〜

武部「狂牛病め、日本から出ていけ!」
小泉「武部大臣、無茶です、辞任してください、
   武部大臣、武部大臣〜〜〜〜〜!!!」

164 :通常の名無しさんの3倍:02/01/09 23:43
発言者多数「今わかりました。イスラムの心は彼(オサマビンラディン)だったんですね。」

165 :通常の名無しさんの3倍:02/01/10 01:00
辻元「なぜ・・・あなたは今になって総理になったの?
   あなたはこんなに大衆を操れるじゃない。
   なぜなの!あなたは守るべきリストラ予備軍も、守るべき産業もないというのに・・・」
小泉「何だと!守るべきものが無くて、大衆を操ってはいけないのか?」
辻元「それはファシズムなのよ!」
小泉「では、辻元はなんだ!?」
辻元「私を救ってくれた左翼のために、私は大衆を操っているわ」
小泉「たった、それだけのために・・・」
辻元「それは議員が再選するための真理よ!」

166 :通常の名無しさんの3倍:02/01/10 01:01
>>162
ムチャクチャ面白い!

167 :家族思いは宗男に乗る:02/01/10 01:03
>162殿
間をつないでくれて有り難う。
できればその前も期待。

168 :通常の名無しさんの3倍:02/01/10 13:01
加藤「見ておくがいい。政争に敗れるるとは、こういうことだーー!!」(強制捜査)

169 :通常の名無しさんの3倍:02/01/10 13:03
小泉「加藤、君はいい友人であったが君の不正献金がいけないのだよ!」

170 :通常の名無しさんの3倍:02/01/10 13:07
山崎「おのれ加藤!獅子身中の虫め!!」

171 :通常の名無しさんの3倍:02/01/10 13:09
加藤「こんな帳簿、修正してやるっ!!」

172 :通常の名無しさんの3倍:02/01/10 13:13
ピンポーン
加藤「おどかしっこなしだぜ!?だ、だれ子ちゃん?」
検察「ごめんよ!加藤さん。」
加藤「な、なんだ?け、検察!?どうして!」

173 :通常の名無しさんの3倍:02/01/10 14:16
これほど面白いスレは古今例がない。

174 :家族思いは宗男に乗る:02/01/10 15:14
安芸

175 :ラウンジャー葱:02/01/10 21:57
       o    〇


       。     。                 o
   o 〇      o  。                    o。 。

  。
    〇 〇
                         〇       o

                 。

                         〇        o            o


          〇

                         〇
                       o
            〇       〇          o               〇  o
   。
       〇
  〇

     o        。    。
     

176 :通常の名無しさんの3倍:02/01/11 02:06


177 :家族思いは宗男に乗る:02/01/11 21:50
安芸

178 :通常の名無しさんの3倍:02/01/12 21:44
伊吹「残った建設族は法案潰しに特攻します!」
亀井「ようし!」
伊吹「志師会の目標は!」
亀井「後方の指揮官を狙う。ザコには目をくれるな!」
伊吹「マスコミです!」
亀井「構わん!ノーコメントでいけい!
   私は、閣僚会議に特攻する。
   その前に、各自脱出命令の信号をあげろ。」
伊吹「はっ!し・・・しかし!」
亀井「予算をズタズタにされすぎた。
   遺憾ながら利権を放棄する。
   お前等も各個に離脱しろ!」
伊吹「し、しかし閣下ーー!!」
亀井「無駄死にはするな!
   大勲位がいる。それに引いてもらえば報復から逃げ出せるぞ。」
平沼「は、はい。」
亀井「ようし!!信号をあげーーい!!志師会は私が預かる!!」

179 :通常の名無しさんの3倍:02/01/13 02:22
辻本「議員の面子。党の権威。それが傷つけられても社民が勝利すればよろしい。」

180 :通常の名無しさんの3倍:02/01/13 16:04
>>178
激ワラタ

181 :通常の名無しさんの3倍:02/01/13 16:33
失業者A「ぬぉぉお。失業率が5.5%は伊達じゃない」
小泉「大丈夫だ民間の派遣業者がミスマッチを解消してくれる」
失業者A「なにぉぉ。裁量労働制を事務職まで拡大しやがって
     残業代が出ないのはどうゆうことだ」
小泉「だまれ俗物が。貴様が、今まで能力もないのに給料を貰いすぎていたのだよ」

182 :通常の名無しさんの3倍:02/01/13 19:06
田中「他人のお酌の拒否はたとえ総理でも免れることはできない!
   意義のあるものはこの忘年会の後、法廷に申したてい!」
塩爺「小泉総裁は名誉の一気飲みをされた!田中外相ご采配を!」
田中「塩じい助かる!忘年会改革派の音頭は私が取る!大蔵フィールドへ日本酒を!」
田中「族フィールドはどうなっているか?」
若手議員「はい、25人中10人酔い潰しましたが、公明党の
そうはいかんざきが乱入して勢力を盛り返しつつあります。」
若手議員「うわああ」
田中「族フィールドへお酌を集中させい!」

橋本「なんだろな、静香。さっき一時的に敵の飲みが弱くなったような気がするが」
静香「こちらもそうだけど、向こうも上手くいってないようね」
橋本「らしいな・・」

田中「石原の状態は?」
若手議員「松浪に水をかけられて野中に近づけないようです。」
田中「いきなり生中50本だからな。」

田中「しかし、若手議員の動きが目立たぬのはどういうことだ、塩じい」
塩爺「はぁ、定時退官の連中が多いらしくて・・・」
田中「マイホームパパか・・」
田中「総理が飲み会の重要性に気がついてくれれば、よかったのだよ。
   パフォーマンスばかりにこだわらずな。池谷防衛庁長官の王様ゲームで虱潰しにしろ!
   残った機密費の額決して多くはない!」

183 :通常の名無しさんの3倍:02/01/13 19:11
これが中年か・・

184 :通常の名無しさん ◆SksOOCys :02/01/13 19:14
鈴木宗男「族議員とは違うのだよ」
http://www.muneo.gr.jp/image/suzukimuneo.swf
↑宗男のホームページ

185 :通常の名無しさんの3倍:02/01/13 19:25
分ってくれるよね、御陀仏にはいつでも会いにいけるから。

186 :通常の名無しさんの3倍:02/01/14 00:19
松浪「もし千景様を一瞬たりとも痛め、泣かせるような事があったらぁぁぁ!!
   我魂魄百万回生まれ変わろうとも、恨み晴らすからなぁぁぁ!!」

187 :通常の名無しさんの3倍:02/01/14 03:27
森「どうなのだ?改革の調子は?」
小泉「は、はい。倒産」
森「うむ、はいるがいい」

森「ゴルフ場というのは、情報を集めるのに便利なところでな
 ここで会員権をもらっている。 さあ、新しい改革派の
 パワーアップ理論だ!これを改革派の政策として取り上げろ。
 すごいぞ、改革派のパワー は数倍に跳ね上がる。
 さあ持ってけ。そして、今すぐ試すんだ。」

小泉「(神の国理論・・・こんな古いものを。森さん失言症にかかって)  

188 :通常の名無しさんの3倍:02/01/14 04:20
真紀子「鈴木宗男だと?それは本当か?亀井もよくやる」
小泉「所詮、族議員の最期の悪あがきだろう。」
真紀子「でしょうね。石原の酒乱はどうなっておるか?」
石原「まだまだ飲めます!」
真紀子「鈴木宗男に地酒が振舞われはじめた。千影タンお酌部隊とともにこれを。」
石原「はっ、族フィールドで暗躍する宗男を撃滅します」
真紀子「抵抗勢力の酒豪もこれまでだな」
小泉「若手議員とてこれくらいのアルコール支えられよう」
真紀子「はい、総裁。」
(ミルクしか飲めない変人が!)

189 :通常の名無しさんの3倍:02/01/14 23:06
直紀「田中派の正統なる後継者、田中真紀子代議士である!」
青木「真紀子だと!?」
宗男「女!?」
橋本「(あんな知識しかないのに担ぎ出すか・・・。
    田中派滅亡後、目黒御殿の中で育てた子が、
    結局はあの目黒から離れて新潟3区に戻ってきた。)」
直紀「ポマードの方、真紀子様の前に。」
橋本「・・・・・・。」
直紀「・・・真紀子様の前に。」
真紀子「ああ!やはり七奉行だ!」
青木「そんなに知り合いか!」
野中「七奉行・・・。」
額賀「まったく!」
真紀子「変わりないようだ。また会えて嬉しい。遊んでくれたのを、覚えているよ?」
橋本「2歳の時のことを、覚えていらっしゃるのか?」
真紀子「え・・・?」
直紀「・・・。」
真紀子「長い間の偵察、ご苦労だった。いよいよ列島改造論が動き出す時が来た。
    田中派再興のために、力を貸してくれよ?
    日本国民の真の繁栄は、田中派の復興如何にかかっている。田中角栄の・・・」
橋本「お続け下さい。真紀子様。
   ・・・よくも真紀子をこうも育ててくれた!偏見の塊の政治家を育てて、何とするか!!」
直紀「真紀子様は田中派の後継者として、日本国民の頂点に立たねばならぬお方だ!
   それにふさわしい、正しいものの見方をなさっておられる!」

190 :通常の名無しさんの3倍:02/01/15 12:14
鳩山「目の前の現実も見えない男が!」
小泉「金があるだけの男が何を言う!!」
鳩山「金持ちで悪いか!!」

191 :sine:02/01/15 18:04
青森県議員「見える!見えるぞ!私にも裏金が使える!」
南米妻「青森>オーウ、グラシアス!」   
志井和夫「うわ、火、火が!かあさーん」

192 :通常の名無しさんの3倍:02/01/15 20:17
加藤「鹿野議員、調子はどうか?」
鹿野「容疑がかかっても」三日のあれば秘書のしわざにすることができます。」
鈴木「自分達はマニュアル通りの献金などやっておりません。
   それで今まで選挙も潜り抜けてきたのですから。」
加藤「鈴木議員、その自信は自分の足元をすくうぞ?」

193 :通常の名無しさんの3倍:02/01/15 22:41
橋本「ハハハハハハ、今計算してみたが、日本経済は緊縮予算
で崩壊する。貴様らの考えすぎだ!!」
小泉「何だと!たかが600兆、構造改革で返済してやる!」
橋本「馬鹿な真似は止めろ!財政は破綻しているんだぞ!」
小泉「支持率80%は伊達じゃない!」
小泉「貴様ほど、急がずに財政再建せねば日本も絶望しちゃいない!」

194 :sine:02/01/15 23:00
赤いポマードも支持率が落ちたものだな・・

195 :通常の名無しさんの3倍:02/01/17 03:57
ブッシュ「ええい!ホワイトハウスのプレッツェルは化け物か!」

196 :通常の名無しさんの3倍:02/01/17 04:26
ブッシュ「認めたくないものだな・・己自身の老い故の過ちというものを・・グワググ」

197 :通常の名無しさんの3倍:02/01/17 04:42
ブッシュ「さらに詰まるようになったな!プレッツェル!」

198 :通常の名無しさんの3倍:02/01/17 11:39
橋本「平成研だって次代を拓けるはずだー!!」




199 :通常の名無しさんの3倍:02/01/18 15:32
不破「ちょい左!」
志井「はい、そこを左に!」
上田「大丈夫だってばすーぐ投票所なんだから!」

じじい「ご免よ、御ババ。わしにはまだ票を入れれる党があるんじゃ・・・
    こんなに貧乏人に優しい党はない。わかってくれるじゃろ?
    ババァにはもうすぐ会いに行けるから」

200 :家族思いは宗男に乗る:02/01/18 16:29
一瞬、元ねたが解からんかったzo。

201 :通常の名無しさんの3倍:02/01/18 21:39
山崎「皆はあなたのことを新党結成すると言っています。本当のことでしょう?」
石原「買いかぶってもらっては困ります。
   新党の党首がなんで都政に手を出すのです?」
山崎「渡辺派は滅びました。となれば、石原という人は日本再建を志に抱いてもおかしくない人です。
   その人が地元に戻り都政に手を貸す・・・。分かる話です。」
石原「仮に私が新党を作るとしたら、君は何を言いたいのだね?」
山崎「総理になれるのに、総理になろうとしない石原は卑怯だと。
   一都道府県の知事に甘んじている石原は卑怯なのです。」
石原「石原という人が、そういう人ならそうでしょう。」
山崎「十年二十年かかっても、日本国政府の首相になるべきです!」
石原「しかし私は、東京都都知事だ。」
舛添「もしそうなら!それは卑怯ですよ!
   新党結成・・・。作ったほうがスッキリします。
   どっちなんです?教えてください。」
石原「・・・・・・。」
山崎「お認めになっても、いいのではありませんか?」
石原「いまの私は、東京都都知事だ。それ以上でも、それ以下でもない。」
舛添「歯ァ食いしばれ!!こんな都知事、修正してやるぅぅぅ!!」
石原「これが腹いせか・・・。」

202 :改革の小泉:02/01/19 02:25
スイートウオターの演説より

この自公保政権は自民党と公明党からなるきわめて不安定なものである

それも、過去の政争による混乱を収拾するために急遽、成立したものだからだ

しかも、与党が行ったことはここまでで、政権さえ取れれば良しとして
永田町に引きこもり構造改革を断行しようとはしなかったのである

かつて細川政権が行政改革、すなわち聖域なき改革を断行しようとしたとき
細川政権から社会党は離脱した

そして、その社会党一党は自民党と手を結び村山政権を樹立したのである

その結果は、諸君らの知ってのとうり社会党は解体した!

それはいい。

しかし、その結果、経世会は増長し、自民党内部は腐敗し、森政権のような反民主主義的
政権を生み、改革を語る加藤の反乱ともなった!

これが、政争の歴史である!

真紀子「私みんな知っていたな」

ここに至って私は、自民党が今後絶対に政争を繰り返さないようにすべきだと
確信したのである。それが道路公団を解体する真の目的である

これによって、永田町の政治腐敗の源である利権に癒着しつづける構造を粛清する!

おーージークジミン、総裁〜新しい自民党の救世主だ

真紀子「民営化で妥協するのってうそなのかな}

諸君!自民の道を開くため、国民のための政治を手に入れるために、あと一息
諸君らの力を私に貸していただきたい

そして私は、師、福田の元に召されるであろう!


203 :通常の名無しさんの3倍:02/01/21 13:30
>>202
(・∀・)イイ

204 :家族思いは宗男に乗る:02/01/21 23:07
「NGO? させるか!」

205 :通常の名無しさんの3倍:02/01/21 23:29
加藤「まだだ、まだ終わらんよ!」

206 :通常の名無しさんの3倍:02/01/22 16:19
age

207 :家族思いは宗男に乗る:02/01/22 16:43
「野上よ。あれはどうなっている!?」

208 :通常の名無しさんの3倍:02/01/22 16:54
>>202
良いですがなにか?

209 :通常の名無しさんの3倍:02/01/22 23:02
亀井「我が派閥は、このポイントで総理に答弁をしかけるが、
   小泉は離党して衆議院を4月辺りに解散させて、解散総選挙にすることも可能です。」
橋本「だから、今度の国会で小泉の法案を廃案し、行革そのものも破壊する。」
堀内「ということは、派閥攻撃しかないわけだが、
   我が方には会派は4つしか残っていない。」
橋本「だから、この国会で失敗した場合は、閣僚を引き上げて、内閣を内部から分解させる。
   この内閣は、スキャンダルが山のようにあるので、内閣の破壊は、可能です。」
亀井「そうすれば、小泉の行革は否決の方へ進んで行きます。」
堀内「よし、三段構えだ!マスコミが敵の応援を始める前にケリをつけるぞ!
   ・・・すまん、みんなのバッヂをくれ!」

210 :通常の名無しさんの3倍:02/01/22 23:25
宗男「外務大臣だ副大臣だって言ったってNGOの足を止められなけりゃさ!」

211 :通常の名無しさんの3倍:02/01/23 00:01
加藤「俺の秘書が走って受け取る!陳情を通せと輝き叫ぶ!
   必殺!ライジング資金がぁぁぁ!! 」

212 :通常の名無しさんの3倍:02/01/23 23:17
雪印「補助金が惜しかったら、貴様に輸入肉の情報など与えるものか!」
武部「なに!?」
雪印「情けない牛肉を売って儲ける意味があるのか!しかし、狂牛病はナンセンスだ!」
武部「バカにして!そうやって貴様は他人を見下すことしかしないんだ!」
雪印「前社長はまた寝てないって逆ギレするかもしれなかった男だ!
   その前社長を叩いたお前等に言えたことか!」

213 :通常の名無しさんの3倍:02/01/24 16:33
武部「総理!妙だと思わないか?」
小泉「何だ?」
武部「国産牛と輸入牛を同時に出荷をすれば、先に売れるは国産の方なんだぜ?
   雪印がそんな馬鹿なことをするのか?」
田中「でも、雪印の輸入牛は1頭多かったんですよ?」
武部「それだよ。」
坂口「何だよ?」
田中「雪印の申請はウソだって。」
武部「これだ。カメラはロングサイズでしか撮っていないし、霜降りもないように見える。ダミーだ!」
田中「と、言うことは・・・。」
小泉「雪印は出荷が済んでいる・・・!」

214 :通常の名無しさんの3倍:02/01/24 17:07
レビル「武部に能無し」

215 :通常の名無しさんの3倍:02/01/24 21:08
伸晃
「貴様が国民を政治不信に陥らせた!」
ムネヲ
「それが許せんと言うのなら間違いだ・・伸晃君。」
伸晃
「な、何!?」
ムネヲ
「汚職がなければ、国民の政治への目覚めは無かった!」
伸晃
「それは理屈だ!」
ムネヲ
「しかし、正しいものの見方だ!君はいかに真紀子が危険な人間か分かっていない。
 素直に外務省腐敗の有り様を示しすぎた!」
伸晃
「だから、何だと言うんだ!?」
ムネヲ
「人は景気が上向けばいい。だから、私は補正予算を取る!!」
伸晃
「本当の敵は野党ではないのか!?」
ムネヲ
「私にとっては、違うな!分かるか!?真紀子を辞職に誘い込むわけを!?」
伸晃
「現内閣でも真紀子を辞めさせれば、今までの外務省のままだと思ったからだ!」
ムネヲ
「外務官僚を取り込むためには、自民党といえども利権がなければな!」
伸晃
「・・今、真紀子が言った。外務大臣は政争の道具ではないって。」
ムネヲ
「今という時では、人は外務大臣をお笑いのネタにしか使えん!
真紀子は辞め行く運命だったのだ。」
伸晃
「貴様だって、人気薄だろうに!」

216 :家族思いは宗男に乗る:02/01/25 21:00
安芸


217 :iwasan:02/01/26 23:36
橋本「聞こえているだろう小泉!おまえが忘れても俺は忘れはしない!!」
小泉「いつぞやの男か。」
橋本「俺は首相に再任するまで、おまえを追い続ける!」
小泉「フッ、しかし、私の支持率に花を添えるだけだ。そしてぇ!貴様に妥協する政策など持たぬと言ったはずだ!!」

橋本「満足だろうな、小泉!でもそいつは総裁選に敗れた俺たちにとって屈辱なんだ!」
小泉「フンッ、わからんでもない。随分肝をなめたようだな。」

小泉「政治不信の始まりはすべて派閥政治に根差している。当然のこと!」
橋本「いつまで減らず口を。」
小泉「しかし派閥政治のみで政党を支える者に私を倒せぬ!私は国民の支持によって立っているからな!!」

小泉「抵抗勢力となって闘う男には判るまい。」

橋本「真紀子が不祥事!?宗男!!」
小泉「ぐわっ、腕を上げた。」

218 :通常の名無しさんの3倍:02/01/26 23:50
真紀子「これは…涙?泣いているのは…私?」

219 :通常の名無しさんの3倍:02/01/27 15:24
http://www.takebe.ne.jp/bbs.htm

220 :通常の名無しさんの3倍:02/01/28 13:19
貞子「真紀子さん、あなたは政治家である前に女でありすぎた。」

221 :通常の名無しさんの3倍:02/01/28 13:22
鳩(弟)「あたしゃユエあれば寝返るのさ」

222 :通常の名無しさんの3倍:02/01/28 13:53
>220
逆じゃないの?

223 :通常の名無しさんの3倍:02/01/28 19:19
武部 「国産牛の中に輸入牛肉があった!?・・・・やるな、スノーブランド。」

224 :通常の名無しさんの3倍:02/01/28 22:22
>>223
やるな (藁

225 :通常の名無しさんの3倍:02/01/28 23:04
大西「すべてが分かった、野上次官!国会の宗男と共に我らを排除しようという魂胆!
   だから、私にも見える!!・・・やったなぁ!!腹黒い奴!!」
野上「荒んだ国会に、NGOは危険なんです!!大西さん!!」
大西「バ、バカな・・・私は、こんなところで止まるわけにはいかないのだ!!」
真紀子「大西!!」
大西「姐さん・・・辻本姐さん、助けてよ!辻本姐さん・・・!!」

226 :通常の名無しさんの3倍:02/01/28 23:04
野上「嘘泣きですよ!!真紀子さん!そこまでやるんですか!?」
真紀子「来ると思ったよ!甘ちゃん坊やは、この予算が通ればこの省もろとも、幸せになるんだろう!!
    ・・・バ、バカにして!!官僚がやること・・・!官僚が!!」
外務官僚「(外務族を信じるんだ!!)」
外務官僚「(野上ーー!!)」
真紀子「ま、まやかすなーーっ!!」

227 :通常の名無しさんの3倍:02/01/29 16:15
大橋巨泉 「このタイミングで辞職願を提出したという事実は、古今例がないはずである。」

228 :通常の名無しさんの3倍:02/01/29 16:26
鳩山 「戦いはこの一戦で終わりではないのだ。考えてみろ、巨泉が獲得した41万の得票数を。民主はあと5年は戦える。フッフッフッフッフッ・・・」

229 :通常の名無しさんの3倍:02/01/29 16:47
鳩山「これで終わりにするか?続けるか?巨泉!」
巨泉「そんな決定権がお前にあるのか!」
鳩山「口の利き方には気をつけてもらおう!」
巨泉「ん!?」
鳩山「何!」

鳩山「巨泉・・・・私と来てくれれば・・・・」

230 :通常の名無しさんの3倍:02/01/29 17:00
「お前みたいな議員を増やさないためにも民主を叩く! 徹底的にな!」

231 :通常の名無しさんの3倍:02/01/29 18:09
真紀子「フッフッフッフッフ・・・しかし柔らかいわき腹を突かれるとは思いませなんだなぁ」
小泉「予想外の事は起こるものだ。ムネオはよくやっている」
真紀子「予想外の事は起こるもの・・・・」

小泉「貴様、それでも外務省の大臣か!」
真紀子「アタシはこうして生きてきたんだ!選挙協力だけぬけぬけとしてもらう者たちのアゴでこき使われ!!アタシは故あれば寝返るのさ」
小泉「哀れ・・・志を持たぬ者を導こうとした我が身の不覚であった」
真紀子「ハッ!アフガンなんて辺境に導かれた日にゃあ商売あがったりさ!」
宗男「真紀子!獅子身中の虫め!!」
真紀子「フフフ動くなよムネオ。敗軍の委員長は潔くな・・・」
宗男「何・・!!」
真紀子「民主への土産を傷つけたくないからな」
小泉「・・・・・行けムネオよ」
宗男「は・・・!?」
小泉「ムネオよ意地を通せ。現に過半数はあるのだ・・・」
真紀子「なっ!狂ったか?何を」
小泉「行け!わしの屍を乗り越えて!!」
真紀子「黙れェ!!」
小泉「わしを宇宙のさらしものにするのか!ムネオ!」
真紀子「馬鹿野郎!不信任案が狙ってるんだよ!じょ冗談じゃないよ!!」
宗男「閣下・・・」
小泉「ジーク・ジオン・・・」
真紀子「くっ」
宗男「ぬおおおおおおおおあああああああああ」

232 :通常の名無しさんの3倍:02/01/29 18:20
>>231
ジークジオンの部分を変えて欲しかった

233 :通常の名無しさんの1倍:02/01/29 19:51
久米「お、大橋巨泉が辞職?半年持たずにか!?」

234 :通常の名無しさんの3倍:02/01/29 20:51
江本「巨泉さんかい? 早い、早いよ!」

235 :通常の名無しさんの3倍:02/01/29 21:32
巨泉「もうやらないからな!!誰が選挙なんて出てやるもんかよー!!」

236 :通常の名無しさんの3倍:02/01/29 22:03
田島「大した役者だったよ、舛添?
   話し合いの余地がないとするならば、今日がお前の辞職になるな?」
舛添「いや、もう一人役者がいるな?」
巨泉「フン!」
田島「そうだな。こうした芝居じみたことは、巨泉の領分だったな?」
巨泉「私は、司会者にすぎんからそうも見えよう。
   が、舛添よりは冷静だ!」
舛添「私が、冷静でないだと?」
巨泉「そうだよ!貴様はその手に政権を欲しがっている!」
田島「巨泉の言うとおりだろう?舛添!
   ならば、女性の地位向上に手を貸せばいい。
   その上で政権のことも共に考えよう!
   ・・・この、小うるさい見物人を倒してな?」
舛添「田島、私はただ日本を誤った方向に持っていきたくないだけだ!」
田島「では聞くが、抵抗派を倒し、野党を排除した政界で、お前は何をしようと言うのだ?」
舛添「私が手を下さなくても、小泉の改革で日本は変わる!その時を待つ!」
田島「私に同調してくれなければ排除するだけだ!
   その上で女性も再興させる。
   それが分かりやすく、人に道を示すこととなる!」
舛添「またテレビタックルと同じ議論を繰り返すと気付かんのか!?」
田島「世界の流れというものを洞察できない男は、排除すべきだ!」
大仁田「それは違う!!」
舛添「大仁田か!?」
大仁田「本当に排除しなければならないのは、利権の重力に魂を引かれた人間達だろう!
    だけど、そのために大勢の議員が争うなんて、間違ってる!!」
田島「愚劣なことを言う。」
巨泉「生の感情を出すようでは、俗人を動かすことはできても、我々には通じんな!!」
大仁田「人の心を大事にしない世の中を作って、何になるんだ!?」
巨泉「天才の足を引っ張ることしかできなかった俗人どもに何ができた!?
   常に世の中を動かしてきたのは、一握りの天才だ!!」
舛添「大仁田、引け!」
大仁田「嫌だ!」
巨泉「ちっぽけな感傷は、日本を破滅に導くだけだ!!芸人!!」

237 :通常の名無しさんの3倍:02/01/29 22:22
鳩山「巨泉さん、どこに行くんです」
巨泉「しゃあねえな。政治家なんておかたいのは、性にあわねえんだから」
鳩山「巨泉さん、ぼくはあなたの全部が好きというわけじゃありません。でも、今日まで一緒にやってきた仲間じゃないですか」
巨泉「そういういい方、好きだぜ鳩山さん」
巨泉「菅さんよ。小泉を気にしすぎちゃ選挙は勝てないぜ。だから俺は辞めるんだ」
菅「ムリは、自民の連中だって、しているんだがな」
巨泉「俺は限界を超えたのよね、へへ」

238 :真紀子☆更迭☆:02/01/30 00:31
真紀子「は、はかったな、純一郎ーーーーーーー!!!!!!」

239 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 00:33
小泉「逝けっ、真紀子、忌まわしき記憶とともに」

240 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 00:33
巨泉「私の辞任は、オトリだったというのか!?」
小泉「その通りだ、したがって貴公のスポーツ誌一面はない!!!」

241 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 00:38
巨泉「これでは道化だよ……」

242 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 00:42
野上「ハハハハハハ、今計算してみたが、真紀子の辞任で小泉内閣の支持率は
急落する。打開策を図ったのだろうが考えすぎだ!!」
小泉「何だと!貴様の更迭に加え、桝添を後任にあてて支持率を取り戻してやる!」
野上「馬鹿な真似は止めろ!真紀子あっての小泉だったんだぞ!」
小泉「ムネオの更迭も伊達じゃない!」

243 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 00:53
小泉「巨泉、私の手向けだ。」

244 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 00:56
小泉「どんな理由があろうと、独断専行は重罪だ!内閣から降りてもらう。」
真紀子「小泉総理!一方的すぎます!私だって好きで外務省を混乱させたんじゃない!
  私の言い分だって・・。」
小泉「聞くわけにはいかんな。」
真紀子「小泉総理!どうせまた橋本派が責めてくれば、私が必要になるくせに・・。」
ムネオ「田中さん!もう私だって、桝添さんだって外務省は扱える!」
野上「その辺をよーく考えんだな。えー?田中ぁ?」
真紀子「小泉さん!嘘をついたのは野上と鈴木です、喧嘩両成敗なんて戯言・・
  私にだってやりたいことはあるんです!
  私が・・一番うまく外務省改革を実行できるんだ!
  わ、私はあの人に、父に勝ちたい・・。(政治家として)」

245 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 01:08
野上「助けてください!、責任追及を免れることができません!」
小泉「野上は?」
福田「駄目です、田中だけに責任を押しつける事は不可能です」
小泉「残念だが、無駄死にねはないぞ」←ホントに無駄死にではない…
野上「助けてください、総理、小泉総理ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」





246 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 01:10
真紀子「いやーーー!!私の役職がーーー!!」

247 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 01:16
伸晃「小泉は何をやってるんです!宗男も真紀子も僕がヤるって言ったでしょう!」

248 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 01:19
真紀子「私だけが辞めるわけがない・・・。
    貴様の支持率も一緒に連れて行く・・・。
    小泉・・・純一郎・・・!!」

249 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 01:19
>>241
ワラタ

そのとおり

250 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 01:22
真紀子「宗男!!貴様は私の・・・!!」

251 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 01:22
運営委員長は辞任したが、国会議員の席はけっして外さないムネオ、バーにて・・・

フジのハゲ小倉アナ「真紀子さんはなぜ更迭されたのか!?」
ムネオ「外務省の体制にはむかったからさ!」
ムネオ「ん!?」
ムネオ「外務省の者が?」
外務省幹部「お分かりですか(感服  」
ムネオ「フ、分かるよ、金の匂い、つまりは私と同じ匂いを感じる(藁  」

252 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 01:23
小泉「人は流れに乗ればいい。だから私は外相を降ろす!!」

253 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 01:23
まさかシャア専で、ニュー速を得るとは思わなんだ

254 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 01:25
巨泉「俺を踏み台にした!!」

255 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 01:29
真紀子「直紀!!来い!!」

256 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 01:32
福田「まあ 好きにやらせとけばいいんじゃないですか・・低脳同士でね」

257 :  :02/01/30 01:34
ムネオ「(運営委員長の座を譲ったとしても)私には帰れるところ
      があるんだ、こんなに嬉しい事はない(藁」
真紀子「私だけが辞めるわけがない・・・。貴様の支持率も一緒に連れて行く・・・。
    小泉・・・純一郎・・・!!」

参考スレ
http://ebi.2ch.net/test/read.cgi/shar/1002298409/l50

258 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 01:36
小泉「ま、真紀子・・・取り返しのつかないことを・・・。取り返しのつかないことをしてしまった・・・。
   僕は・・・真紀子を降ろしてしまった!」

259 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 01:36
>>244
上手すぎ、野上がかな〜りムカツク。

260 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 01:37
小泉「大臣はかわっていくものだろ」

261 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 01:45
ムネオはなぜやめさせられたっ!!!
「禿げだからさ」

262 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 01:46
福田「真紀子!聞こえていたら、君の生まれの不幸を呪うがいい!」
真紀子「なに!?不幸だと!?」
福田「そう!不幸だ!」
真紀子「福田、おまえは・・・!?」
福田「君はよい大臣であったが、君の父上がいけないのだよ!ハハハハハハ!!」

263 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 01:47
活気があるねぇー
ネタは腐る程あるもんねぇー

264 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 01:53
ムネオ「僕は絶対にー絶対にー嘘なんか言ってない!(アニメじゃない風に)」

265 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 01:57
小泉「バカなことを言うのはやめろ!」
森「貴様ほど急ぎすぎもしなければ、野上に失望もしちゃいない!」
小泉「支持率の落下は始まっているんだぞ!?」
森「外務官僚は、伊達じゃない!!」

266 : :02/01/30 02:00
>227
すごく面白い(笑

267 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 02:03
真紀子 「先日は不手際があり大変に遺憾に思っております。NPOの件は私の・・・」
小泉 「前置きはいらん。そちらは何を望んでいるのだ。理由によっては外相を更迭するかもしれん。」
真紀子 「さて、どうですか。そうなればマスコミが宗男をパッシングしましょう。」
小泉 「マスコミが・・・」
真紀子 「はい。」
小泉 「要求は何だ?」
真紀子 「アフガンの復興を。」
小泉 「アフガンの復興はすでに約束しているはず。追加のODAでもほしいのか?」
真紀子 「ODA?フフ・・フフハハハハ。お金だけの箱物支援など何の復興になりましょう。・・・私がほしいのは宗男の辞表だ。」
福田 「ん?!」
真紀子 「このテープには宗男が圧力をかけた時の肉声が入っている。少しマスコミに流せば、ワイドショーで流れる。宗男の政治生命を絶つには十分すぎる量だ」
福田 「そうそう好きにはさせん!」
真紀子 「これで決まったな。鈴木宗男議院運営委員長を辞任させる。」
平沢 「真紀子大臣、お早く。」

268 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 02:03
宗男「逃げ回れば(選挙で)落ちはしない!」

269 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 02:04
>>267
×NPO
○NGO

270 :not267:02/01/30 02:14
>>269
どちらでも通じます。

271 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 02:29
我々は、一人の大臣を失った。これは、小泉内閣の敗北を意味するのか?
否!始まりなのだ!
抵抗勢力に比べ、我が小泉内閣の勢力は30分の1以下である。
にも関わらず今日まで戦い抜いてこられたのは何故か?
我が小泉内閣の政争目的が、正しからだ!
我々が外務省改革を要求して、
何度も官僚に踏み躙られて来た事を思い起こすがいい。
小泉内閣が掲げる聖域なき改革を神が見捨てる訳はない。
私の外相、諸君らが愛してくれた田中真紀子は氏んだ、
何故だ!
(厨房だからさ・・・)
アフガン復興会議は終わり、
諸君らは、この政争を対岸の火事と見過ごしてはいないか?
しかし、それは重大な過ちである。
抵抗勢力は聖なる唯一の補正予算を汚して生き残ろうとしている。
我々は、その愚かしさを抵抗勢力の族議員共に教えなければならんのだ。
真紀子は、諸君らの政治への無関心を目覚めさせる為に、
氏んだ。戦いはこれからである。
我々はまだまだ支持率を維持しつづけている。
抵抗勢力とてこのままではあるまい。
諸君の血税も、外務官僚の機密費に消えていったのだ。
この悲しみも怒りも忘れてはならない!
それを、真紀子は身を以って我々に示してくれたのだ!
我々はこの怒りを結集し、
族議員に叩き付けて初めて真の勝利を得る事が出来る。
この勝利こそ、有権者全てへの最大の慰めとなる。
国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、
立てよ国民!小泉は諸君らの力を欲しているのだ。

ジーク・ジミン!!


272 :くわとろ:02/01/30 02:38
小泉
「キサマのような外相のなり損ないは
 粛清される運命にあるのだ、分かるか!」

273 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 02:43
宗男 「真紀子!」
真紀子 「相打ちと言いたいが、私の負けだな。」
宗男 「なぜもっと、マスコミを使わなかった。」
真紀子 「フフ、一騎打ちと言ったろ。」
宗男 「その潔さを、どうしてもっと上手に使えなかったんだ?持てる能力を調和と協調に使えばアフガンだって救えたのに。」
真紀子 「フッフッハハハ、元首相の娘が二世議員として入閣するっていうのはな、まだ政治家が地元の利権に引かれて飛べないって証拠だろ。」
宗男 「だからって、こんなことで戦ったて何にも・・・」
真紀子 「そうさ!賢しいお前らのおかげで利権にしがみ付くバカどもを、抹殺出来なかったよ・・うっ。全てお前達族議員が・・・さがれ!」
宗男 「真紀子!」
真紀子 「強い首相にあえて・・・・・」

274 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 03:04
野中 「宗男は?」
古賀 「だめです。残念ながら留任不可能です。」
宗男 「せ、先生!野中・・・!助けてください!留任できません!野中先生!助けてください!」
野中 「宗男には今国会を運営する性能はない。気の毒だが・・・、
     しかし、無駄死にではないぞ!お前が真紀子を引きつけてくれたおかげで更迭させることができるのだ。」
宗男 「うわぁーーーー!」

275 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 04:08
>>273
福田にすればもっと良かった
で、最後のセリフは・・

276 : :02/01/30 07:01
>>236
そんで大仁田は廃人かい!?

「猪木かな・・・いや、猪木はもっと、ダァーッていくもんな。」

277 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 07:32
巨泉 「民主党の看板議員、キョセン=オオハシです」
鳩山 「失礼。下手なちょっかい出してほしくないんもんだな」
真紀子「鳩山さん、いいのよ、もう」
鳩山 「ほんとですか?ふぅん・・・だとさ、優男さん。ほらメガネいったぜ」
真紀子「巨泉、大丈夫?」
巨泉 「ああ、ご婦人の口説きようがまずいというわけさ。な、鳩山」
鳩山 「そういうことさ、なんせ真紀子さんは外務省のおふくろさんなんだからな」

278 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 09:18
ポゥ「あの・・・お方は・・・・・・あのお方はぁ・・・・小泉さまぁ!」
宗男「総員に知らせ!」
野上「おぉ、あの公用車が」
福田「森派所属。官房長官福田。ここに小泉純一郎総理をお連れいたしました」
小泉「鈴木代議士。田中真紀子が外務省に降りて来てしまいました
   これも、また私の犯した罪であります。彼女を駆逐する為に手を貸して欲しい。野上も」
野上「小泉純一郎総理。命を賭して」
宗男「そのようなお言葉を総理から、ご命令として頂きたかったのであります。総理!」
小泉「自民党議員に命令する。全党員を持って田中外相を駆逐せよ!」
福田「うっひょー!」
野上「ハハァー」

279 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 10:45
小泉「私の支持率を上げたのも真紀子なら、下げたのも真紀子なのだよ!」

280 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 14:00
機動戦士ムネオ〜閃光のマキコ〜
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/news/1012322787/

281 :ためになるなあ:02/01/30 17:58
ヨシナニ
    .., -ー-、.
   〈=◎=-,___>
    |(゚ー゚*|-| `i,
 ⊂llこ,円(){.,!、ノ
    |== ∪、|^|
    〈_,〈__),ノ y'
     ∪ ∪
***** 良スレ認定 ******

282 :Vガンダム 最終話:02/01/30 19:42

マキコ「やると思ったよぉ〜ヒヒャヒャハ アマちゃん総理は橋本派の論理に逆らえなかったんだろ?」
小泉「福田さん、待ち伏せですよぉ」
マキコ「クク バッカッにっしってーーーーーー!!!!!総理のすること? 総理のぉぉーー!!」
小泉「ムネオーー」
〔この時、ムネオのミノフスキードライブが光の翼となり、マキコ節を防いだ〕



283 :Vガンダム エピローグ:02/01/30 19:49
チカゲ「運転手はいつも使っている者ですから、間違いなく官邸へ行けますよ。」
マキコ「・・・」
チカゲ「・・・どうなさいました?」
マキコ「い、いえね・・・更迭が近づくと、訳もなく悲しくなりません?」


284 :家族思いは宗男に乗る:02/01/30 21:10
宗男が炸裂!

記念安芸

285 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 21:15
福田「80%?冗談じゃありません!
   現状で、内閣の性能は100%出せます!」
小泉「真紀子が就いていない。」
福田「あんなの飾りです!偉い人には、それが分からんのです!」
小泉「状況は、さっきの説明で分かるが、外務省な・・・私に使えるか?」
福田「総理の外交の能力は未知数です。保証できるわけありません!」
小泉「はっきり言う・・・!気に入らんな?」
福田「気休めかもしれませんが、総理なら上手くやれますよ!」
小泉「ありがとう!信じよう!」

286 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 23:01
由起夫「邦夫・・・?」
邦夫「兄さん・・・。」
由起夫「自民を抜けろと言ったはずだ!それが運営委員長とはな。」
邦夫「兄さんこそ、改革をすると言って自民から離れたのに、抵抗派になって、
   小泉内閣の敵になって、筋違いじゃあないんですか?」
由起夫「私達を引き抜いてくれた小沢一郎は、野中宏務が新進党を解体したといい続けでいたな?」
邦夫「ええ。口癖だった。」
由起夫「与野党逆転の原因となった連立は、野中がしかけたのは事実らしい。
    それを悟られぬために、野中は連立内閣を作った時、社会党の村山を総理に使ったわけだ。
    国会の数の論理を唱えた小沢は、新進党を第1党のエリートだとしたところに野中のつけ込むスキがあった。
    数がある党はエリートであるから、野党に従う必要がない、という論法にすりかえられたわけだ。」
邦夫「けど、今度の政争で、いえ、それ以前から!
   国民の意識は変わってきていると思えるが。」
由起夫「それが分かる人と分からん人がいるのだよ!
    だから、自民党は殲滅するのだ!」
邦夫「だけど、自民党が改革派を生む土壌になっているのではなくて?
   自民党員すべてが、悪しきものではないでしょう!」
由起夫「それは分かっている。
    しかし、体制に取り込まれた総理が、私の敵になっているのは面白くない。
    それは、私の守旧派打倒を阻むものとなる。」
邦夫「小泉には分かっている・・・。」
由起夫「自民の総裁に体制は崩せんよ!高支持率を、政争の道具に使われるだけだ!」
邦夫「兄さん、あなたは何を考えているの!?」
由起夫「羽田の敵を討つ!」
邦夫「兄さん!兄さんは一人で何かをやろうとしているようだけど、
   宇宙人独りの独善的な世作りをすることは、良くない!」
由起夫「私はそんなに自惚れていない!
    政治家が政治家として働ける世の中を作りたいだけだ!
    邦夫、すぐに自民を抜けろ!選挙に出られるだけの金塊は残していく!」
邦夫「兄さん!!」
由起夫「私が、ゆきおちゃんグッズを出しているわけが分かるか?
    私はお前の知っている由起夫ではない!民主党代表だ!自民を捨てた男だ!」
邦夫「兄さん!!私は・・・!ああ・・・!!
   兄さーーん!!由起夫兄さーーーん!!」

287 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 23:18
ギンガナム御大将で誰かネタ書いてくれないかなぁ・・・。
>>227にはメチャクチャワラタ。

288 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 23:21
&heart;

289 :通常の名無しさんの3倍:02/01/30 23:29
宗男「私は名より実をとる」

290 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 06:08
真紀子「全てがわかった純一郎、役立たずのムネヲと共に私を排除しようとする魂胆
    だから、私にも見える。」
真紀子「やったな、野上」
野上 「荒んだ自民にあなたは不要なのだ、真紀子」
真紀子「馬鹿な、私はこんな所で止まる訳にはいかないのだ。」
真紀子「父さん、角栄父さん助けてよ。」
CM明け
緒方 「政治家の罪は失脚をもってしか償えないのでしょうか
    世論では自民の業を消す事は出来ないのでしょうか。」
小泉 「なんだ、この反響は、ノブテル、教えろ、
    この改革は森派がいってた様に成功しないものだったのか」

291 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 07:11
名スレのヨカーン♪

292 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 07:40
>286

お見事!

293 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 10:00
>>290
Vガンは良いセリフ多いねー

294 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 10:01
>292さん禿同
>286の職人さんウッマ〜イ!

295 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 11:40
第1話 コイズミ大地に立つ!! 第23話 ヤスクニ参拝作戦
第2話 コイズミ破壊命令 第24話 迫撃!トリプル・ドイ
第3話 敵の支持母体を叩け! 第25話 ニューヨークの激戦
第4話 モリ派脱出計画 第26話 復活のムネオ
第5話 総裁戦突入 第27話 元女スパイ答弁!ソーリ!
第6話 ハシモト出撃す 第28話 自衛隊、旗見せて
第7話 マキコ応援せよ 第29話 アフガンに散る!
第8話 戦場は地方 第30話 小さな不審船
第9話 翔べ!支持率 第31話 平成研、追撃!
第10話 ハシモト散る 第32話 強行採決作戦
第11話 総裁選のあと 第33話 ケンセツゾク強襲
第12話 抵抗派の脅威 第34話 宿命の出会い
第13話 再開、森よ… 第35話 コウダン攻略戦
第14話 株価よ、とまれ 第36話 恐怖!機動カメイ
第15話 オオハシ・キョセンの店 第37話 カトウと地検の攻防
第16話 マキコ出撃 第38話 再会、ユキオとクニオ
第17話 シオジイ失言 第39話 ニュータイプ、エヌ・ジー・オー
第18話 灼熱の大仁田・ファイアー 第40話 ヒゲズラのノガミ
第19話 ハタ・ケイ特攻! 第41話 光るムネオの頭
第20話 死闘!参議院選 第42話 新築移転ガ・イム・ショウ
第21話 激闘は憎しみ深く 第43話 更迭
第22話 ノナカ包囲網を破れ!!    

296 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 11:58
>295さんすごいですね。


297 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 12:39
>>295
ワラタ

298 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 12:39
>295
ワロタ(・∀・)イイ!!

299 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 13:58
笑いました・・・不覚にも

300 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 14:04
>>295 いやもぅ、すごい!

301 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 14:07
トリプル・ドイ(w

302 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 14:48
>>295
よくできてるなあ〜

303 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 14:52
>295

この>295すごいよ!さすが(以下略)

304 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 14:52
>>295
うまい!すんごく(・∀・)イイ!

305 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 15:29
>>295
もっとやれ!

306 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 15:39
>>271
うまい!

307 : :02/01/31 16:22
オモシロイ

308 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 16:26
感想はいいからネタをかけ

309 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 19:32
「総理、外相の後任は!?」

コイズミ「まだだ、まだ決まらんよ」

310 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 19:36
 扇「首相!外相更迭用意!!世論が動かないよう注意して!!」
小泉「本会議の最中に気をつけられると思ってるんですか!?」
 扇「貴方ならできるわ」
小泉「おだてないで下さい!」

311 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 20:28
真紀子「とうとう支持率にも見限られておしまいになられましたね。」
小泉「真紀子嬢は、私がどん底になると現れますね。」
真紀子「もう日は昇りませんわね?」
小泉「それはわかりません・・・。人生の最後に勝利すれば、良いことなのですから」
真紀子「その勝利も、内閣があってのことでしょう?」
小泉「・・・いまの私にできるのは、宗男の勝利を願うことだけです。」
真紀子「宗男は男の子です。そんなに愛してらっしゃるんなら、ご自分でスカートをお履きになれば!?」
小泉「スカートを履いて行政改革を起こせる世の中になるにはまだ時間が・・・。」
真紀子「私はスカートを履いたままで内閣を治めてみせます。ごきげんよう小泉様。」

312 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 21:40
>>311
もとネタが分からん。

313 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 21:45
>>312
∀よ。もうすぐ公開よ。よろしこ。

314 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 21:51
>>313
サンクス。
放送してなかったんだよ。(岡●放送め)

315 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 21:55
>295

いや、ホントすばらしい!

316 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 22:39
小泉「(支持率が)パワーダウンだと!?」

317 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 23:14
真紀子「総理、私を見捨てると言うのですか?」

318 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 23:46
サブタイトルネタZやVもやってくれ。>職人さん


319 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 23:50
次回機動戦士Z自民党
「君は、真紀子の涙を見る、、、」

320 :通常のもやしさんの3倍:02/01/31 23:52
真紀子「小泉内閣に、栄光あれ〜!!」

321 :通常の名無しさんの3倍:02/02/01 00:01
>>319w

322 :通常の名無しさんの3倍:02/02/01 02:11
1 構造改革開始!総裁選に落ちた橋本
2 唸れ!政権を掴んだ小泉フィーバー
3 倒せ!魔神 創価学会
4 いざ勝負!野党の民主の鳩山党首
5 大脱走!囚われの金正男ファミリー
6 闘え小泉!国会がリングだ
7 来るなら来い!必死の平成研
8 仇は討つ!復讐の福田康夫
9 強敵!菅直人の挑戦
10 お陀仏!亡霊元総理出現
11 雨の再会・・・・・・フォーリング・真紀子
12 その名は森喜朗!前首相見参
13 大ピンチ!敵は5大派閥
14 衝撃!構造改革敗れたり
15 政治家の称号!さらばYKK同盟
16 最強最悪!鈴木宗男現わる
17 対決!謎の覆面政治家
18 比例票を盗め!タレント軍団の大作戦
19 激闘!公明党 対 共産党
20 加藤よ、悪夢を打ち砕け!
21 投票迫る!参議院選挙3日前
22 政治家の絆!小泉内閣包囲網を突破せよ
23 宿命の戦い!小泉 対 鳩山由紀夫
24 新たなる輝き!タレント議員誕生

323 :通常の名無しさんの3倍:02/02/01 02:12
25 国会開会!国会議員大集合
26 公式参拝!爆熱 靖国神社
27 頑張れ伸晃!父に捧げた大行革
28 狙われたブッシュ!殺し屋ラディンの必殺テロ
29 国会放棄!?恋にドキドキ、船田元
30 美少女政治家?!デンジャラス・辻元清美
31 官僚の幻惑!怒れ、そうはい神崎
32 危険な罠!橋本龍太郎の大逆襲
33 アメリカの使者!アーミテージ来日
34 立て小泉!嵐を呼ぶ連立マッチ
35 日本一新!豪熱 小沢一郎
36 扇の要!奪われた保守党党首
37 新・歴史教科書!燃えよ反日感情
38 小泉 対 志井!突撃共産党
39 石破天失言!決闘 森喜朗
40 非情の辞職願い!大橋巨泉最終決戦
41 国会再開!復活の鈴木宗男
42 強襲四天王!党内抵抗勢力
43 獅王争覇!不審船迎撃作戦
44 大橋巨泉散る!真紀子、涙の更迭劇
45 さらば師匠!森喜朗、暁に死す
46 真紀子の危機!鈴木宗男ふたたび
47 抵抗勢力始動!大進撃YKK同盟
48 日本SOS!出撃野党連合!!
49 構造改革大勝利!希望の未来へレディ・ゴー!!

324 :通常の名無しさんの3倍:02/02/01 02:13
凄いっすね!!!!!

325 :通常の名無しさんの3倍:02/02/01 04:00
>>262
同じこと考えてたけど先越されてしまった(藁
角福戦争はやはり基本ですな
脱帽です
>>295
これまたすごいな(藁
ネタは豊富に転がってるしねえ
良スレですな


326 :通常の名無しさんの3倍:02/02/01 04:15
>>271
ちょいといじってみました。ご勘弁(^^;

コイズミ=ザビ 「私の外相、諸君らが愛してくれたマキコ=ザビは氏んだ」
        「何故だ!」
フクダ=アズナブル 「お嬢だからさ・・・」


327 :通常の名無しさんの3倍:02/02/01 04:46
小泉 「支持率低下がこんな早いとは・・・・」

328 :通常の名無しさんの3倍:02/02/01 05:14
真紀子 「外務委員会以来また会ったな。管。この縁、不思議とは思わんぞ。」
管 「永遠に切れない仲らしい。それもいいだろう。」
真紀子 「よい返事だ。ということは、民主党は、かつて政界を支配していた田中家の復興を認めるというのだな。代表?」
鳩山 「民主党を支持する人はその条件を飲むようだ。」
管 「田中家復興を認めれば、どうするつもりだったのだ。」
真紀子 「衆議院の解散総選挙をするだけのことだ。我々にはその用意がある。」
管 「NGOの大西健丞の親書だ。」
真紀子 「なるほど、宗男を潰してくれるか。で、私に何をやれと?」
管 「外務省の事務次官を、真紀子大臣の手で更迭してもらいたい。」
真紀子 「ふん、管からそのような申し出を受けるとはうれしい。だが困ったものだなあ。お前はものの頼み方を知らないようだ。」
管 「頼む、田中真紀子。事務次官を更迭してくれ。」
真紀子 「フフフ・・・・約束は守る。私の力をその目に焼き付けるがいい」
管 「これでいいなら安いもの。」
鳩山 「真紀子の動きにあわせて我々は鈴木宗男の陽動作戦に移る。」

329 :通常の名無しさんの3倍:02/02/01 09:43
いや、ホント、オレも含めて
ガンダム好きは政治に関心が高いな。

やっぱりガンダムのストーリー設定が理由なのか?

@ドイツ軍をモチーフにしたジオン軍
Aコロニーの住民の自治制限からデモ→戦争
B近未来の地球の環境汚染が対立要因
C主要キャラによる政治的意図を持った演説
D歴史や地名から命名(ジオン→元ネタ「シオン」、ガザ等)
E連邦政府の官僚腐敗
F軍産複合体(アナハイム・エレクトロニクス)の暗躍
Gメディアによる戦争ナマ報道(湾岸戦争の21年前というのに・・・)
H独立運動がいつのまにか独裁へ(ザビ家≒北朝鮮の金家)

あっ書きながら気付いた。
トミノ御大はやっぱすごいお人なのね・・・。

330 :通常の名無しさんの3倍:02/02/01 09:46
訂正

21年前→11年前

331 :通常の名無しさんの3倍:02/02/01 09:48
>>329
富野は別にすごくないよ。
ただ政治というものは、大和朝廷のころから同じ事の繰り返しをしているだけ。
官僚腐敗なんて何処の世界でもおんなじだよ。富野じゃなくてもそれくらい分かる。



332 :329:02/02/01 09:51
いや、それをストーリーに
うまく織り交ぜているな、ということで。

333 :通常の名無しさんの3倍:02/02/01 11:11
第1話 黒いコイズミ
第2話 森達
第3話 外務省の中
第4話 マキコの脱走
第5話 大臣と総理と・・・
第6話 NY圏へ
第7話 答弁の脱出
第8話 読みの裏側
第9話 新しいパイプ
第10話 再開
第11話 総裁選突入
第12話 カスミガセキの風
第13話 自家用車発進
第14話 マキコ再び
第15話 総理の英断

334 :通常の名無しさんの3倍:02/02/01 11:11
あげ

335 : :02/02/01 11:11
生活の方法

1. 期待されているものよりも、もっと多くのものを与えなさい。そして、それを楽しんでやりなさい。
2. あなたの好きな詩を覚えなさい。
3. 聞くこと全てを信じたり、持っているもの全てを使ったり、眠りたいだけ眠るのはやめなさい。
4. 「愛してます。」と言うときは、本気で言いなさい。
5. 「ごめんなさい。」と言うときは、その人の目を見て言いなさい。
6. 結婚する前に、少なくとも6ヶ月間は婚約期間を置きなさい。
7. 一目で愛を信じなさい。
8. 誰かの夢を笑ってはいけません。
9. 深く、情熱的に愛しなさい。傷つくかもしれませんが、それが一生を完璧に生きる唯一の方法です。
10. 意見がくい違ったら、公平に戦いなさい。悪口を言ってはいけません。
11. 回りの人の言葉で、人を判断してはいけません。
12. ゆっくり話し、しかし、敏速に考えなさい。
13. 誰かがあなたの答えたくない質問をしてきたときは、笑って、こう聞きなさい。「なぜ知りたいの。」
14. 偉大な愛と偉業には多大な危険があることを忘れてはいけません。
15. あなたのお母さんに電話しなさい。
16. 誰かがくしゃみをしたら、"bless you"と言ってあげなさい。
17. 失ったとき、その中の教えまで失ってはいけません。
18. 3つのRを覚えておきなさい。自分自身を尊敬しなさい(Respect for self)、他人を尊敬しなさい(Respect for others)、自分のすべての行動に責任を持ちなさい(Responsibility for all your actions)。
19. 些細な口論で大切な友情を壊さないようにしなさい。
20. 間違いをしたと思ったら、すぐにそれを直しなさい。
21. 電話に出るときはほほえみなさい。かけてきた人は、あなたの声から聞き取ります。
22. 話すのが楽しい思う人と結婚しなさい。年をとるにつれて、会話の技術が他のどんなものよりも大切になります。
23. たまには少しの時間を一人で過ごしなさい。
24. 変化は快く受け入れなさい。ただし、あなたの価値を手放してはいけません。
25. 沈黙は、ときに最良の答えとなることを覚えておきなさい。
26. もっと本を読んで、テレビを見るのを減らしなさい。
27. 良い、立派な一生を送りなさい。そうすれば年をとって、振り返ったとき、少しの間それを楽しめるでしょう。
28. 神を信じなさい。かといって、車の鍵はかけなければいけませんよ。
29. あなたの家の楽しい雰囲気を、とても大切にしなさい。静かで調和に満ちた家を作るのに、あなたのできることは全部やりなさい。
30. 愛している人達と意見が違ったときは、その時点の問題を話し合いなさい。過去のことを持ち出してはいけません。
31. 行間を読み取りなさい。
32. あなたの知識を分かち合いなさい。それは不滅を達成する唯一の方法です。
33. 地球にやさしくしなさい。
34. 祈りなさい。祈りには計り知れなさい力があります。
35. お世辞を言われているときは、それを遮ってはいけません。
36. 自分のやるべきことを考えなさい。
37. キスをするときに、目をつぶらない人は信用してはいけません。
38. 一年に一回、行ったことのない場所に行きなさい。
39. もし、お金がたくさんあるなら、あなたが生きている間に、他人を助けるためにそれを使いなさい。それが最も満足のいく使い方です。
40. 欲しいものが手に入らないのは、時には幸運の印となることを覚えておきなさい。
41. 規則を習い、そしていくつか破りなさい。
42. 最良の関係は、お互いの愛が、お互いが必要としている愛よりも多い所にあると覚えておきなさい。
43. 得るために諦めなければならなかったもので、自分の成功を判断しなさい。
44. 自分の性格は自分の運命だと覚えておきなさい。
45. 愛に近づいて、気ままな料理をしなさい。

ここからが楽しいところです。
これを少なくとも5人に送ってください。そうすればあなたの生活は改善されます。
0〜4人 : 少し生活が良くなるでしょう。
5〜9人 : あなたの望むように生活が良くなるでしょう。
9〜14人 : これからの3週間で少なくとも5つの驚きがあるでしょう。
15人以上 : 劇的に生活が変わり、あなたの夢見たがすべて現実となるでしょう。

336 :ムネオ=大勢側の一議員に過ぎない:02/02/01 11:36
第1話「ムネオ大地に立つ!!」
第2話「NGO破壊命令」
第3話「敵(NGO)の予算ルートを叩け!!」
第4話「ピースウィンズ参加拒否作戦」
第5話「マキコ突入」
第6話「ノガミ出撃す」
第7話「シゲイエ局長 脱出せよ」
第8話「戦場は予算委員会」
第9話「翔べ!ムネオ」
第10話「マキコ散る」
第11話「コイズミ 恋のあと」
第12話「世論の脅威」
-2/1現在に至る-
12話以降は2ちゃん完全オリジナルストーリーにしましょう!




337 :通常の名無しさんの3倍:02/02/01 12:05
>336
イイ!!

338 :通常の名無しさんの3倍:02/02/01 16:07
新発売!
政事趣味レーション芸夢

軌道戦死ガンダム
コイズミの野望「支持率の堕ちた地で」

怒れ、国民よ!


339 :エヴァネタでスマソ:02/02/01 16:42
JIMIN-01 SOUND ONLY
「忌むべき存在のマキコ。またも我等の妨げとなるか。
 やはり毒は、同じ毒をもって制すべきだな」
マキコ
「ムネヲシリーズ・・・
 完成していたの」

キール議長は一体誰なんでしょうかねえ?(笑


340 :通常の名無しさんの3倍:02/02/01 17:29
謝ってないで、さっさと逝け

341 :キラークイーン:02/02/01 19:53
小泉「マキコは何故死んだ!?」

野上「ボーヤだからさ」

342 :通常の名無しさんの3倍:02/02/01 20:01
>>333
続きも頑張ってくれ


343 :通常の名無しさんの3倍:02/02/01 22:50
第1話 低いシジリツ 第26話 シャミンの亡霊
第2話 辞め時 第27話 コイズミの帰還
第3話 フシンニンの中 第28話 ヘイセイケン潜入
第4話 モリの辞任 第29話 ニューヨークの危機
第5話 森と小泉と・・・ 第30話 ジャンボ機特攻
第6話 総裁選へ 第31話 ハイジャック・ラブ
第7話 ハバツの脱出 第32話 謎の犯行声明
第8話 勝ちの裏側 第33話 コクレンからの使者
第9話 新しい内閣 第34話 米国が呼ぶ声
第10話 国会再開 第35話 アフガニスタンの嵐
第11話 参院選突入 第36話 永遠の9条
第12話 センキョの追い風 第37話 フッコウカイギの日
第13話 エンゼツ発進 第38話 圧力の気配
第14話 過半数再び 第39話 引越
第15話 マスゾエの出撃 第40話 コッカイ始動
第16話 高い支持率を抜けて 第41話 目覚め  
第17話 ナガタ・シティ 第42話 さよならノガミィ
第18話 おこられたマキコ 第43話 マキコの嘲笑
第19話 シンデレラ・ヒラサワ 第44話 ガイムの省
第20話 灼熱の財政 第45話 NGOから来るもの
第21話 強権の発動 第46話 ムネオ立つ
第22話 ムネオの眼 第47話 知らんの渦
第23話 ヨサン・アタック 第48話 ノガミィの中で
第24話 反撃 第49話 マキコ散って
第25話 コウダンが落ちる日 第50話 国会を駆ける

344 :343訂正:02/02/01 23:07
第1話 低いシジリツ     第26話 シャミンの亡霊
第2話 辞め時        第27話コイズミの帰還
第3話 フシンニンの中    第28話 ヘイセイケン潜入
第4話 モリの辞任      第29話 ニューヨークの危機
第5話 森と小泉と・・・    第30話 ジャンボ機特攻
第6話 総裁選へ       第31話 ハイジャック・ラブ
第7話 ハバツの脱出     第32話 謎の犯行声明
第8話 勝ちの裏側      第33話 コクレンからの使者
第9話 新しい内閣      第34話 米国が呼ぶ声
第10話 国会再開      第35話 アフガニスタンの嵐
第11話 参院選突入     第36話 永遠の9条
第12話 センキョの追い風  第37話 フッコウカイギの日
第13話 エンゼツ発進    第38話 圧力の気配
第14話 過半数再び     第39話 引越
第15話 マスゾエの出撃   第40話 コッカイ始動
第16話 高い支持率を抜けて 第41話 目覚め  
第17話 ナガタ・シティ   第42話 さよならノガミィ
第18話 おこられたマキコ  第43話 マキコの嘲笑
第19話 シンデレラ・ヨシカワ 第44話 ガイムの省
第20話 灼熱の財政     第45話 NGOから来るもの
第21話 強権の発動     第46話 ムネオ立つ
第22話 ムネオの眼     第47話 知らんの渦
第23話 ヨサン・アタック  第48話 ノガミィの中で
第24話 反撃        第49話 マキコ散って
第25話 コウダンが落ちる日 第50話 国会を駆ける

345 :通常の名無しさんの3倍:02/02/01 23:08
∀もキボン

346 :フラウ・ボウ:02/02/01 23:22
>>343
もう少し藁がほしいかな!>>295のように


347 :295=343:02/02/01 23:31
>>346
スマソ。次はVあたりでやってみるよ。

348 :通常の名無しさんの3倍:02/02/01 23:36
347がんばれ!必ずシャクティも登場してね。

349 :通常の名無しさんの3倍:02/02/01 23:44
>343
ワラタ。Vも期待してます。

350 :通常の名無しさんの3倍:02/02/02 00:05
宗男「おまえだ!いつもいつも脇から騒いでいるだけで、人をもてあそんで!」
真紀子「勝てると思うな、小僧!!」
宗男「許せないんだ!俺の命に代えても、体に代えても、こいつだけは!」
真紀子「宗男が・・・どうしたんだ!?」
宗男「分かるはずだ、こういうやつは生かしておいちゃいけないって。分かるはずだ!
   みんな、みんなには分かるはずだ!」
扇「焦り過ぎよ。だからいけないの。」
橋本「パワーはダンチなんだよ。その時はどうしたらいい?」
宗男「俺の体をみんなに貸すぞ!」
野中「それでいい、宗男。」
福田「現実の言った言わないに拘るから、一つのことに拘るんだ。」
小泉「ダメだよ!」
宗男「まだそんなことを言う!」
野上「小泉には分らないんだから!」
上月「今は宗男に任せるの。」
小泉 「嫌です!外相は・・・!」
宗男「外務という省にはいてはならない女だ!分ってくれ、小泉!」
小泉「だめです。外相は、私の・・・。」
福田「なんでそう、頭だけで考えて・・・。そんなんじゃ疲れるばかりじゃないか。小泉。」
小泉「だって・・・そうしないと、私・・・!」
福田「宗男が見ているものを見てごらんよ。あの中にいる人だってすぐにこうして取り込めるんだ。」
小泉「本当?」
福田「ああ。」
真紀子「宗男が、どうしたんだ!?私の知らないうちに更迭されているのか!?」
宗男「わかるまい!政争を遊びにしている真紀子には、この俺の根回しを通して出る力が!」
真紀子「根回しを通して出る力?そんなものが、外務大臣を倒せるものか!」
野上「宗男はその力を表現してくれる派閥に入っている!」
上月「平成研究会にね!」
真紀子「役人の声!?」
宗男「まだ、抵抗するなら!!うおおぉぉぉぉぉ!!」
真紀子「小泉、動け!!小泉なぜ動かん!!」
宗男「ここからいなくなれ!!」
真紀子「私だけが・・・辞めるわけがない・・・。
    貴様の役職も一緒に連れて行く・・・。
    鈴木・・・宗男・・・!!」

351 :通常の名無しさんの3倍:02/02/02 00:12
>>350
大藁

352 :通常の名無しさんの3倍:02/02/02 00:29
川口「これからは私が楽をさせてあげよう。」

353 :通常の名無しさんの3倍:02/02/02 00:34
福田「総理の支持率が吸われていきます・・・。」

354 :次回予告:02/02/02 00:53
真紀子と官僚の相克だけが自民を窮地に追い込んだのだ。
生き残った非政府組織は最後の特攻をかける。
宗男も立つ。真紀子もまた巨泉を追うかのように。
次回!「新築移転ガ・イム・ショウ 」

355 :通常の名無しさんの3倍:02/02/02 01:42
これに先立つ数時間前、自由民主党の総裁、小泉純一郎は、
環境相帰りの女、川口順子大臣を謁見していた。
小泉 「今回の君の国際会議の成功で、温室効果ガスの心配は要らんわけだ。私とて何年もこの構造改革を続けるわけではないからな。」
川口 「総裁は、この改革を1ヶ月で実行してみせるとおっしゃてました。」
小泉 「それを言うな川口。座ってくれ、本論に入ろう。」
川口 「はっ。ありがとうございます。しかし、お話の外務大臣の件ですが、私は多少、人より勘がいいという程度で・・・・」
小泉 「君の事は君以上に私は知っているぞ。」
川口 「ほう?」
小泉 「初代の環境相を勤めた君の才能のデータはそろっている。官房長官に検討させた。その机の上にある。」
川口 「川口順子に関する外交能力の発生形態・・・・?私にその才能があると?」
小泉 「そう、君は自分でも気づかぬ才能をもっている。もっとも外交の事はまだ未知の部分が多いのだが、それを役立ててほしい。今度のテロではもう人が死にすぎた。」
川口 「伏魔殿の外務省に行けと?」
小泉 「ほう、言わぬ先からよくわかったな。外務大臣の仕事で、君の即戦力を生かした日ロ外相会談の用意が進められている。」
川口 「お言葉とあらば」
小泉 「うむ。新しい秘書官が用意してある。」
川口 「はっ!」
小泉 「私がなぜ君を外務省に行かせるかわかるか?」
川口 「は?・・・・・私には総理の深いお考えはわかりません。しかし、わかるように努力するつもりであります。」
小泉 「それでいい。川口順子。人の心をのぞきすぎるのは、おのれの身を滅ぼすことになる。ただ、私が君を外務省にやることの意味は考えてくれ。」

356 :説得工作:02/02/02 20:39
森「心配要りません 貴女の知名度と実績は大臣の職務を100%遂行できます」
 
緒方「大臣になると自分の時間が無くなるのではなくて?」
 
森「大臣の椅子は飾りです! あの人はそれがわからなかったのです!」

357 :さようなら、:02/02/02 22:53
弁護人「あのタシロおかしいんですよ」
小倉裁判官「何、シャブで逝ってるのか?」
弁護人「いえね、ヤツめヒゲがないんですよ」
検察「おヒゲのないタシロ・・・」

358 :通常の名無しさんの3倍:02/02/03 21:33
1.面白いモリソーリ   2.神の国と言った日
3.タッソの戦い     4.予算は誰のために
5.コーチカイの反撃   6.戦士の水かけ
7.フシンニンの音    8.激闘!切り崩し攻撃
9.採決         10.鮮烈!シャミン隊
11.シャミン隊の防壁  12.ナイカクを粉砕せよ!
13.ジキソウサイ空席  14.ジキソウサイ攻防
15.ユージにゴルフ   16.ソーリコーテツ浮上
17.新潟の女王     18.党内派閥戦
19.マキコを捜せ    20.決戦前夜
21.戦略都市を叩け   22.北海道の虎
23.ヘイセイケン潜入  24.国会攻防
25.敵派と敵地へ    26.マキコとムネオ
27.全国を走る演説   28.大造反
29.新しいソーリ小泉  30.真紀子のガイム
31.シンナイカク発足  32.トギセン躍進
33.省に住む人々    34.巨大リストラ作戦
35.扇かマキコか    36.扇よ野党にかえれ
37.逆襲のムネオ    38.北海道を炎にそめて
39.Xジャパンの歌   40.超高失業率の下
41.父のつくった派閥  42.国会は怒号の渦に
43.政場の彗星マキコ  44.嘘は電話の向こうに
45.幻覚に踊るムネオ  46.タシロ再犯
47.女たちの戦場    48.消える真紀子咲く宗男
49.更迭の輪の上で   50.憎しみが呼ぶ対決
51.ペテン師たちの昇天

359 :通常の名無しさんの3倍:02/02/04 00:18
>>358
46話にワラタ。

360 :通常の名無しさんの3倍:02/02/04 01:04
46話いいねえ


361 :通常の名無しさんの3倍:02/02/04 01:40
ニュー速のスレ、dat落ち。無念。

362 :通常の名無しさんの3倍:02/02/04 02:40
山崎「私とて傀儡です。政府は小泉総理が抑えている。」
塩爺「例えば、江藤・亀井派と結べば君に時間を与える事ができる」
山崎「そりゃ、党内工作はできます」
塩爺「とにかく純一郎め。真紀子を降ろさせられてもまったく動ぜん。異常だよ」
山崎「石原なり、竹中なりが健在のうち、なんとかルートを開いてみましょう」

363 :通常の名無しさんの3倍:02/02/04 07:24
官「真紀子、私を導いてくれ。」

364 :通常の名無しさんの3倍:02/02/04 17:07
小泉 「よし、喧嘩両成敗だ!」
福田 「了解!」

真紀子 「うっ・・・・こ、これでは、外務官僚に勝てん。」
宗男 「ちっ・・・・まずいなあ。」

野上 「どうしたのだ。宗男先生。」
宗男 「外務省改革は私が命に代えても食い止めます。主要な役職を辞任しましょう。」
野上 「外務省は危ないのか?」
宗男 「いえ。国会はまだまだ続くのです。ここで消耗しきっては、真紀子の二の舞になりましょう。」
野上 「うん。宗男先生に任す。」
宗男 「はっ、でわ。」
野上 「そんなに激しい、政争なのか。」

365 :ZZ第03話「エンドラの騎士」:02/02/04 17:49
野中 「私の部下はまだ若い。」
宗男 「はっ。」
野中 「外交の経験も不足し、外務省そのものにも不慣れである。」
宗男 「は?!」
野中 「しかし、その中でも、お前はよくやってくれている。」
宗男 「ははっ。ま、まだ至りません。」
野中 「お前こそまことの族議員だ。励んでほしい、私のために。」
宗男 「野中先生・・・・・・」
・・・・・・・・・・・・・・・
野上 「よくもちますねえ、そのバラ。」
宗男 「ちゃんとコーティングしてある。外務省を無傷で手に入れ、
    野中先生に献上すれば、野中先生はこの私にほほえみを与えてくれるであろう。」

366 :ZZ第04話「熱血のマシュマー」:02/02/04 18:03
宗男 「痛みを伴わず、外務省を手に入れられれば、ベターだ。その上で外交の
    様々なものを見ておけば、野中先生が日本の政治をとる時のお手伝いができる。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
野中 「橋本派に従う選ばれた若手議員たちよ。お前たちはこの野中の目となり、官僚を見て、
    手足となって、この永田町を我ら橋本派のものにするのだ。」
若手議員 「おう!」
野中 「鈴木宗男!」
宗男 「はっ!」
野中 「お前には期待しているよ。」
宗男 「ははっ。」
野中 「それ故、由緒ある省庁、外務省を割り当てた。よく偵察をし、我らの拠点を設営しろ。」
宗男 「必ずやご期待に沿えるようにいたします。野中先生。」

367 :通常の名無しさんの3倍:02/02/04 18:22
>>295
最高!!

368 :通常の名無しさんの3倍:02/02/04 18:40
真紀子「来ると思ったよ!
    甘ちゃん総理は、この私が辞めれば外務省もろとも、みんなが幸せになるんだろう!!」
小泉「・・・。」
真紀子「バカにして!!変人がやること・・・!変人が・・・!!」
山崎「(内閣を信じるんだ!)」
加藤「(小泉ーー!!)」
真紀子「まやかすな!!」
小泉「更迭ぅぅ!!」

369 :通常の名無しさんの3倍:02/02/04 18:41
福田「テキ、キエタ。ウマクヤッタコイズミ。」
小泉「え!?お、緒方さんは!?
   森が説得している。だ、だめなの!?」
福田「ダメミタイ・・・。」
小泉「内閣よ、天に昇れ!!こんなことじゃ、こんなことじゃ・・・。
   なに?あれは、環境庁の、川口だ!」

370 :通常の名無しさんの3倍:02/02/04 18:41
真紀子「人がいらっしゃるのですか?」
川口「はい。なんのご用でしょう?」
真紀子「大臣の公用車が取り上げられてしまって、方向がわかりません。
    議事堂はどちらでしよう?」
川口「ここからもう少し南ですけど、事務所に公用車のスペアがいますので、差し上げます。」
真紀子「貸して下さるだけでいいのです。役職は、ありませんから。」
川口「口も達者なようですし、いいんですよ。すぐ呼んできます。」
真紀子「・・・こんにちわ。お名前、なんて言うんですか?」
宗男「宗男!」
真紀子「そう・・・。言い名前だ・・・。あ、世論調査。」
川口「どうなさいました?」
真紀子「いえね、総辞職が近づくと、訳もなくさみしくなりません?」
川口「そうですね。」
真紀子「ありがとう。お嬢さん・・・。」

371 :追撃、トリプル安!!:02/02/04 19:14

                         //
 .             冂| ̄\     //                    //
       ー_   匚● ̄]〕 \  // _ ーへ      冂| ̄\     //
  冂| ̄\ |    ̄囗 凵厂 囗 ̄/ ̄  /||    匚● ̄]〕 \  // _ ーへ
匚● ̄]   \  / ̄ ̄ ̄ ̄  ̄/    /⌒)ノ   ̄囗 凵厂 囗 ̄/ ̄  /||
  凵厂 □ ̄ |\|/ ̄ ̄ ̄\__|__ノ|   |
 ̄ ̄ ̄     |  |_/ ̄\Θ_   | |   |          Å
 ̄ ̄\_   I ̄ ̄ヽ――― γ冖冖γ――――――γ冖冖冖γ丶
 ̄\Θ     I   ノ―――人__ y――――――人___人丿
         l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄囗鳫 /7 〔っ目〕          ム
         \――――丿==/_/   凵

為替・長期金利!!小泉内閣にジェットストリームアタックをかけるぞ!!

372 :∀映画あと5日あげ:02/02/04 20:48
川口「あなたが今日まで大臣でいられたのは外交という誇りがあったからでしょう!」
真紀子「その誇りをくれたのが小泉ならば奪ったのも小泉だ!ねぎらいの言葉ひとつなく、解任したんだよ!
そんな小泉のために戦うお前に私の代わりが勤まるものか!」
川口「勤める、勤めあげます!」

真紀子「純粋に戦いを楽しめるものにこそ!」
川口「自分を捨てて(小泉のために)戦えるものには!」

373 :通常の名無しさんの3倍:02/02/04 21:02
山之内理事長「駄目だーそれは打ち上げてはいけないロケットなんだー」

H2Aロケットより衛星「MDSI」は分離、「DASH」は分離確認できず

山之内理事長「失敗じゃない、失敗じゃないけど……」

374 :0083:02/02/04 21:22
小泉「まさか真紀子更迭とはな」
宗男「と、言うわけだ。あちらにはあちらで、小泉改革を防ぐ、奥の手があったわけだ。
   ほんの少し真紀子を煽るだけで・ボン!あっという間に支持率低下ってわけだ。」
加藤「貴様、それでも自民の将か?」
宗男「ほほう、いまさら説教かい」
加藤「自民の議員でありながら貴様には一片の魂も残されておらんのか。売国奴になり
   下がってまで、野上を売ってまで、何ゆえ改革を邪魔する?」
宗男「やかましい!ふざけるんじゃないよ!今までこうして生きてきたのさ。あの地獄
   のような参議院選挙も、東京でぬくぬくとうずくまる者たちの、あごで使われな
   使われながら!」
宗男「判るかい、あんたに!常にTVで晒されてた。わたしらの気持ちが!命がけで選
   挙を戦っても、まともな役職も与えられず、また街頭演説さ!
   やっとこさ選挙が終わってみりゃ、どうだい!自民にとってあたしらは厄介者扱
   いだ。何が栄光の自民だ!わたしゃ故あれば寝返るのさ!つまらない理念や志に
   二度と踊らされやしない!」

375 :0083:02/02/04 21:32
間違えた。上のやつは加藤のところは小泉に変えて読んで。

加藤「首相ッ!宗男、貴様ッ!」
宗男「おやおや、遅かったねぇ〜」
小泉「哀れ、志を持たぬものを導こうとした、わが身の不覚であった!」
宗男「はっ!民営化なんてものに導かれた日にゃ、商売上がったりさね!」
加藤「宗男!獅子身中の虫め!」
宗男「おっと下手に動くんじゃないよ、橋本派への手土産だ!傷をつけたく
   ない。けどあんたしだいだよ、この口は軽いんだ。見たくないだろ?
   YKK時代の仲間が森みたいに晒されるのを。」

376 :  :02/02/05 10:06
>>358
イイ!
41.父のつくった派閥    46.タシロ再犯

は盛り上がりそうな回だね。



377 :通常の名無しさんの3倍:02/02/05 10:57
45.幻覚に踊るムネオ
あたりももの凄い盛り上がりそうなんだが。

378 :NとNとTM:02/02/05 11:01
http://www.dd.iij4u.or.jp/~norihisa/nonaka.swf

379 :このスレの主題歌:02/02/05 13:04
BEYOND THE CRIME 〜キミツヒの迷宮(ナゾ)を越えて
  歌/NG ORGANIZATION 作詞・作曲・編曲/田中真紀子

You belong to me サヨナラ言えなくて いつまでも居座りたかった
I belong to you 張り裂けそうになる この首を 君に差し出して
We belong to us 遙かな蝦夷の地に 圧力を かける禿げがいる
悲しみは そこから始まって 憎しみが そこに帰るのさ
ああ キミツヒの府から抜け出せなくて いくつものバトル繰り返す
派閥より人事より更迭より 国民が望むすべてだから
離れても変わっても見失っても 改革を止めないで
#You can change your destiny 時の向こう
 You can change your future 闇の向こう
 We can share the happiness 捜してゆく
許し合えるあの日を

夢という 風に導かれて あやまちの 党に揺られてく
We belong to us 生きてゆけるのなら いつかまた 戻れる日がある
ああ キミツヒの府から引き寄せられて いくつものバトル繰り返す Beyond the crime
予算より審議より採決より マスコミが真実つかんでいた
はかなくて激しくて偽りない まなざしを閉じないで
 (# 繰り返し)
話し合えるその日を

You can change your destiny 時の向こう
You can change your future 闇の向こう
ああ もう一度椅子に返り咲けるなら キミツヒの迷宮を越えて Beyond the crime
ああ もう一度椅子に返り咲けるなら キミツヒの迷宮を越えて Beyond the crime


380 :通常の名無しさんの3倍:02/02/05 14:22
塩爺「総理来ないでくれ、見ちゃだめだ」
総理「支持率が、支持率!」
塩爺「国民が敏感すぎた。ストレートに真紀子防御が働いて」
塩爺「私の国民のコントロールも悪いが宗男がいるからだ
    奴を仕留めなければ引退できるもんじゃない!」
川口「そんな不吉な事言わないで!」
塩爺「覚悟を言ったまでだよ」
川口「宗男の存在!」



381 :通常の名無しさんの3倍:02/02/05 18:04
塩爺がアフロかよ!

382 :キネバラ・ファン:02/02/05 19:58
>379

綺麗にまとまるモンですね。


383 :通常の名無しさんの3倍:02/02/05 21:56
>>379
上手すぎ!激しくワロタ


384 :通常の名無しさんの3倍:02/02/05 22:04
小泉「真紀子、私の手向けだ。宗男と仲良く暮らすがいい。」

385 :通常の名無しさんの3倍:02/02/06 01:43
ZZの各話タイトルものも誰かつくって〜


386 :通常の名無しさんの3倍:02/02/06 02:29
なんかとんでもないスレッドですね
面白いからいいけど

387 :通常の名無しさんの3倍:02/02/06 03:04
Wの各話も作ったくれ〜

388 :通常の名無しさんの3倍:02/02/06 18:38
機体age

389 :ZZ編:02/02/06 18:49
1−プレリュード改革   2−カスミガセキの中年
3−コウダンの騎士    4−熱血のコイズミ
5−ムネオの決意     6−マスコミの脅威
7−批難の嵐        8−抗議の電話は2度鳴る
9−国会のコイズミ     10−さよならマキコ
11−始動!行政改革   12−タシロが消えた
13−大臣よ!       14−幻の派閥(前編)
15−幻の派閥(前編)   16−外務省の情報戦
17−奪回!国民・人気    18−ハマコーの黒い影
19−モリと内閣と      20−泣き虫マキコ(前編)
21−泣き虫マキコ(後編)  22−コイズミ、誤算!!
23−燃えるアフガン     24−国会に咲く兄弟愛
25−ハタケイの顔      26−オガタの心
27−ムネオの頭(前編)    28−ムネオの頭(後編)
29−タシロの逃亡       30−自衛の部隊(前編)
31−自衛の部隊(後編)    32−塩の爺を黙らせて
33−ニューヨークの午後    34−オブチの声
35−落ちてきた支持率     36−ブラウン官のハマコー
37−ネェル・アフガン     38−鉄壁! ヘイセイケンキュウカイ
39−タナカ再臨        40−ノムラサチヨの夢
41−ノガミの命        42−コイズミの息子(前編)
43−コイズミの息子(後編)   44−NGO参加
45−ガイムショウの戦闘    46−パフォーマンス
47−選挙、再び……

390 :通常の名無しさんの3倍:02/02/06 19:15
32話そうきたかw
時期的にあっちのほうかと予想していたがw


391 :ZZ編:02/02/06 19:22
>>390
いや、上手く合わせられなくてね。
>>390なら、どう合わせる?

392 :通常の名無しさんの3倍:02/02/06 19:31
>>391
いや、うまくあわせてきたなと感心しているのよ^^;
自分が考えていたのはもろそのまんますぎて^^;
「塩の湖の死闘」とか「塩の湖の祭り」とかなんでw


393 :永遠にマキコ:02/02/06 19:43
マキコ ふりむかないで 峠のかなたの越後の国は
マキコ お前の生まれた故郷だ
※おぼえているかい 当選の日のことを
 あたたかいぬくもりの中で めざめた朝を マキコ ふりむくな マキコ
 女は涙を見せぬもの 見せぬもの ただあしたへと あしたへと 永遠に……

マキコ ふりむかないで 三国の尾根のかなたの国は
マキコ お前を育てた故郷さ
忘れはしない 入閣の日の誓いを 一生をかけ守りぬけ この幸せを
マキコ ふりむくな マキコ
女は悔しさかくすもの かくすもの ただあしたへと あしたへと 永遠に……
 (※ 繰返し)


394 :通常の名無しさんの3倍:02/02/06 19:44
>>390
>>393
上手いなあ…クオリティーたけえ

395 :通常の名無しさんの3倍:02/02/06 19:54
33話の漏れの予想は
「タリバンの死後」だった(藁


396 :銀河南無:02/02/06 19:55
純一郎  「マキコは〜、更迭にする!!!」
福田   「了解!!!」
純一郎  「G7が控えているんだぁ〜!!」
筑紫哲也 「マキコの人気すごいよ〜。さすが角栄の娘さん!! 内閣の支持率は
      全ていただいている・・・。分かっているのか純一郎!!」
筑紫哲也 「多事争論である!!!」


ネタ古くてごめんなさい

397 :395:02/02/06 19:56
追記
37−ネェル・アフガン
これかっこいいですね


398 :329:02/02/06 19:56
>>395
ああ〜。そうするべきだったね。
どうも連続で作業してると、頭が回らなくてね。

399 :395:02/02/06 20:01
>>398
いえいえ。これからも頑張って作ってくださいな〜。
期待してお待ちしております〜。
漏れのような素人では、1話単独ではいいのあっても、
作品全体にわたる総合力はかないませんので^^;


400 :通常の名無しさんの3倍:02/02/06 20:14
>>398
うわ、名前間違ってる。389だった。
逝こう。

401 :通常の名無しさんの3倍:02/02/06 20:14
翔べ!ムネオ
作詞 MITHU
作曲 渡辺岳夫
歌 池田 鴻

たたきあげ
たたきあげ
たたきあげ ムネオ
君よ  走れ
まだ  派閥にうずめく  権力があるなら
非政府組織を  討てよ  討てよ  討てよ
予算の力を  ぶつけろ  ムネオ
機動戦士   ムネオ    ムネオ
 
はいまわれ
はいまわれ
はいまわれ ムネオ
君よ  叫べ
まだ  マキコに従う 世論があるなら
官僚に圧力を  かけよ  かけよ  かけよ   
うず巻く疑惑を  蹴散らせ  ムネオ
機動戦士  ムネオ  ムネオ

ほめられる
ほめられる
ほめられる ムネオ
君よ  掴め
まだ  自民にあふれる  裏金があるなら
道路を求めて  占めよ  占めよ  占めよ
蝦夷地へ向って  翔べよ  ムネオ
機動戦士  ムネオ  ムネオ  ムネオ

402 :通常の名無しさんの3倍:02/02/06 20:18
>>390うまいなぁ。ネェル・アフガンはやられた。
俺も考えたけどあまり上手く行かなかったよ。

32話は「シナの沖に沈んで」とか考えたが・・・・

403 :通常の名無しさんの3倍:02/02/06 20:21
>>390
じゃなくて、>>389な。

404 :総理大臣コイズミ:02/02/06 20:21
も、え、あ、が、れ もえあがれ 燃えあがれコイズミ 君よ走れ
まだ改革に燃える 闘志があるなら 抵抗勢力討てよ 討てよ討てよ
政治の怒りをぶつけろ コイズミ 総理大臣コイズミ コイズミ

た、ち、あ、が、れ たちあがれ 立ちあがれコイズミ 君よ叫べ
まだ更迭に沈む 悲しみあるなら 後悔をはらって行けよ 行けよ行けよ
うず巻く利権をあばけ コイズミ 総理大臣コイズミ コイズミ

よ、み、が、え、る よみがえる 甦えるコイズミ 君よ掴め
まだ国民の望む 支持率あるなら 改革を求めて翔べよ 翔べよ翔べよ
未来へ向かって翔べよ コイズミ 総理大臣コイズミ コイズミ


405 :404:02/02/06 20:24
あう・・・
401とかぶってしまった(鬱


406 :402:02/02/06 20:24
>>403
スマン。訂正ありがと。

407 : :02/02/06 20:27
>>401の方がワラい所が多い。

408 :省に死す:02/02/06 20:30
省! 省! 今はいいのさ すべてを忘れて 一人残った 傷ついた俺が
この政争で あとに戻れば疑惑に負ける
省! 省! 利権 輝く フラッシュバックに 奴の禿げ
省省省 省省省
流した裏金 後で後で消せ 狙いさだめる 奴がターゲット
省省省 省省省

今はいいのさ すべてを捨てて 一人残った 屍の俺が
この国会で もがき苦しむ地獄の炎
省! 省! 利権 輝く フラッシュバックに 奴の禿げ
省省省 省省省
一人で死ぬかよ タナカマキコ呼ぶ 狙いさだめる 奴がターゲット
省省省 省省省


409 :通常の名無しさんの3倍:02/02/06 20:31
ムネオ最悪の戦士だな(w

410 :きらめきのムネヲ:02/02/06 20:50
きらめきの きらめきの かがやく あたまに
利権 飛びこみ 目覚める ムネヲ
ゆらめきの瞳に 映す はるかな利権
めくるめくお金の 流れ 地位も 揺れて 
省に 舞い 省に 羽ばたく 羽ばたく

ときめきの ときめきの 外務の 魂
利権みつめて 歌うよ ムネヲ
つややかな 頭に うつる うつくし金
くりかえす選挙の 定め 比例区出馬
省に 舞い 省に 羽ばたく 羽ばたく

411 :なまえを挿れてください:02/02/06 21:32
408>
フラッシュバック→キャッシュバックのほうがいいな。

412 :通常の名無しさんの3倍:02/02/06 21:42
野中「委員長辞任ですな。しかしこんなダミーでごまかせますか?」
宗男「マスコミの連中は、役職の数が合っていれば安心するものさ。」
野中「ダミー辞任の会見で真紀子を叩き、その間に代議士ご自身が小泉に侵攻なさる・・・。
   上手くすれば、野党の不信任も使えますな?」
宗男「ああ。利権を増やすにも、内閣を破壊させるのにもな。」

413 :408:02/02/06 21:57
>>411
言われてみれば確かにそっちのほうがいいかもな


414 :ヤジショウグン:02/02/06 22:02
いつも脅迫 いつも圧力
いつも裏金 それは税金

いつも衝突 マキコとハゲ
そしてマキコの 首

*そして 裏で
盛大に 崇められる ハゲ
そして 裏で
たからかに 勝ち誇る ハゲ
(*くりかえし)


415 :通常の名無しさんの3倍:02/02/06 22:08
>>414
禿げしくワラタYO


416 :通常の名無しさんの3倍:02/02/06 22:09
第1話 「ガイショウ更迭」
第2話 「終わりなき追求」
第3話 「説得モリヨシロウ」
第4話 「人事の攻防戦」
第5話 「ガイショウ、川口へ」
第6話 「ホッ・カイドウの戦士」
第7話 「暖く出向く朝礼で」
第8話 「策謀の外交域」
第9話 「テイシジの悪夢」
第10話 「激突国会」
第11話 「カイサンコール」
第12話 「強襲、総辞職限界点」
第13話 「駆け抜ける嵐」

417 :通常の名無しさんの3倍:02/02/06 22:11
不況しか見えなくて虚ろにただ使った金
DOWNな気持ちがが続く国で君だけ(マキコ)うるさく騒いでいる

418 :通常の名無しさんの3倍:02/02/06 22:12
>>414
元ネタが分らん。

419 :通常の名無しさんの3倍:02/02/06 22:14
DON’T STOP ムネオ 喋らないで
DON’T STOP 小泉 更迭するな


420 :通常の名無しさんの3倍:02/02/06 22:16
>>418
おいおい^^;
ファーストガンダムのVくらいはおさえておいてくれよ(藁


421 :通常の名無しさんの3倍:02/02/07 02:08
>>417
>>419
こっちのほうが元ネタ分からんな


422 :通常の名無しさんの3倍:02/02/07 04:49
>421
Vガンの主題歌かなんかだと思われ

423 :通常の名無しさんの3倍:02/02/07 06:16
宗男「闘うと元気になるなぁ?真紀子。死を意識するから、生きる事が実感出来る!」
真紀子「その先にあるものが破壊だから、派閥は封印されました!」
宗男「違う!当選を繰り返すためには、闘い続けなければならんから残っていた!」
真紀子「自分勝手な解釈をするな!」
宗男「貴様は闘っているぞ?」
真紀子「あなたが居るからでしょ!」
宗男「私は政治家だぞ?封印されたままと言う訳にはいかん!」
真紀子「闘いの歴史は、繰り返させません!」
宗男「もう一度封じられるか?この鈴木宗男を!」

424 :通常の名無しさんの3倍:02/02/07 07:45
>>418
ララァが死んだ時に流れてたやつだって…
そして 刻が 健やかに 暖める 愛〜
ってやつだ。

425 :バーク・ロボン:02/02/07 13:16
その頃、橋本将軍指揮する自民党主力艦隊は、
内閣不信任案第3戦闘ライン上に終結しつつあった。
ここに、至り橋本将軍は攻撃目標を示した。
内閣不信任案を提出し、解散総選挙に持ち込むと。

ムネオ:「閣下、グレート小泉が密室交渉のため、投降してまいりました。」
橋本:「小泉総理が…。そうか、つらいんだな。官邸も。」

しかし、ちょうどその頃…。

マキコ:「元外務大臣のマキコである。」
マキコ:「バーク・ロボンの最終目標を伝える。」
マキコ:「敵の自民党艦隊の主力は3派閥に分かれて進行中であるが、
     バーク・ロボン、久米哲也照準でこの3派閥を殲滅できる。」
マキコ:「バーク・ロボン、スタンバイ!!」
平沢:「了解であります!! バーク・ロボン、スタンバイ!!」
野党:「紀伊国屋発売異常なし、マスコミへの電波送電良好、発刊数8500万部目標ON」
平沢:「発売日調整、GW後006、曜日00木」
石原:「基本ターゲット、久米哲也!!」
平沢:「815靖国参拝の前にしろ、後にすると、インパクトが落ちる!!」
野党:「オーライ、発売、8日前!!」「7,6,5,4,3,2,1!!」

DDQQQQQQQQ-------------NNNNNNNNN!!!!
DDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDDD!!!!
QQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQ!!!!
NNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNN!!!!

亀井:「だめだ、解散しちゃダメだ!!本が。同士の渦が…。」
亀井:「あぁ、落選していく…。あれは、憎みしみの本だ!!」
チカゲ:「亀井、どうしたの!!?」
中曽根:「亀井!!」
亀井:「あれは、出版させてはいけないんだ!!」
森:「出版……?(私がしゃべると、また叱れるかもしれないが…。)」

ムネオ:「小泉総理のようで。」
橋本:「うむ。」

小泉:「これで、マキコは。」
福田:「そ、総理!!?」
小泉:「ん、なにか?」

小泉:「おぉぉぉぉぉぉぉおおおおお」
橋本:「うわぁぁぁぁぁぁあああああ」

DOKKAAAAAAA-------NNNNNNNNNNNNNNN!!

中曽根:「あの本か!!?」
森:「叱られるかもしれないが、自民党の主力部隊のある方向だね。」
亀井:「全滅じゃないけど…、全滅じゃないけど…。」
塩爺:「何が〜おこったんや〜〜〜?」

(この話はフィクションで登場人物と実在の人物とは全く関係ありません。)

でも、マキコの暴露本がでたら売れるだろうね。

426 :通常の名無しさんの3倍:02/02/07 14:02
もの凄い良スレ
しばらく来てなかったけど、クオリティ維持してるのはマジビビッタ
替歌サイコー

427 :なまえを挿れてください:02/02/07 18:00
389>
WとXでも作って欲しい

428 :389:02/02/07 20:27
>>427
WとX見た事ないんだ。ごめん。

429 :通常の名無しさんの3倍:02/02/07 20:38
第1話 「支持は出ているか?」
第2話 「あなたにも、痛みを・・・」
第3話 「私の外相は凶暴です」
第4話 「改革は一刻を争う!」
第5話 「法案はお前が出せ」
第6話 「これは罠だわ・・・」
第7話 「コウダン、売るよ!」
第8話 「あの宗男、許さない!」
第9話 「株価に雨の降るごとく」
第10話 「僕がソーリダイジンだ」
第11話 「何も考えずに指輪を買いに走れ!」
第12話 「私の手作り辞令です」
第13話 「愚かな官を撃て」
第14話 「私の人事が聞こえるか!」
第15話 「伏魔殿なんてあるのかな」
第16話 「私も女性(ひと)だから」
第17話 「総理自身が確かめて」
第18話 「Gaimusyou(ガイムショウ)の嘘」
第19話 「まるで劇を見てるみたい」
第20話 「・・・またはめたわね」
第21話 「別れた女房の口癖だ」
第22話 「9ヶ月目の亡霊」
第23話 「私の夢は長期政権です」
第24話 「ダブルセイバイ発動!」
第25話 「NGOは希望の星だ」
第26話 「何も喋るな」
第27話 「おさらばで御座います」
第28話 「更迭しかないのか!」
第29話 「私を見て」
第30話 「もう逢えない気がして」
第31話 「飛べ、ガロード!」
第32話 「あれはSムネオ!」
第33話 「どうして俺が下がっている!?」
第34話 「先が見えた!」
第35話 「希望の灯は消さない」
第36話 「僕らが求めた改革だ」
第37話 「フシンニン提出せよ」
第38話 「私はM.O.R.I かつてソーリダイジンと呼ばれた者」
最終話 「支持はいつもそこにある」

430 :通常の名無しさんの3倍:02/02/07 20:49
>>429
38話イイ!
31話??


431 :通常の名無しさんの3倍:02/02/07 20:54
こんな面白いスレは近年極稀と言える。

432 :429:02/02/07 21:04
>>430
変え忘れたスマソ。
第31話「飛べ!コイズミ!」辺りで。

433 :通常の名無しさんの3倍:02/02/07 22:45
>>429
38話ワラタ

434 :通常の名無しさんの3倍:02/02/07 23:08
ツルネン「よ〜う!俺のねぐらどこ?」

435 :マキコの更迭(内閣版):02/02/07 23:57
ナレーション 「マキコの更迭は決まった。もちろん、これで全てが終わったわけではない。
        ただ、この問題が今後の政局に重要な意味をもっていたことは確かである。」
マ・福田   「そんなに辞めさせたいのであれば、辞めさせればよいのです。
        支持率は十分に稼ぎました。マキコに戦略的な価値もうなにも残っておりません。
        外務省もつまらん問題を引き起こしたものです。 閣下・・・」

436 :通常の名無しさんの3倍:02/02/08 00:33
小泉「聖域なき構造改革の初期目的である、橋本派叩き、テロ特措法、30兆円枠固持が完了した。
   今後も予定通り、構造改革を継続していく。」
宗男「だが小泉、改革を長引かせるのは良くない。
   議員達の中には、癒着の世界に帰りたがっている者も出始めている。
   今ならまだ国民の支持も高い。先に消費税増税を行った方が良いのではないか?」
小泉「勢いだけで政争には勝てんよ・・・」
宗男「しかし!」
川口「田中真紀子新党結成に関する情報も入っています。
   事は慎重に運ぶべきかと」
橋本「暴露本出版をしようというのか・・・」

437 :通常の名無しさんの3倍:02/02/08 00:52
こんなのもありか?(藁

第38話 「私はD.O.I かつてマドンナと呼ばれた女」


438 :通常の名無しさんの3倍:02/02/08 00:54
こっちのほうがいいかもしれん

第35話 「改革の灯は消さない」
第36話 「僕らが仕掛けた政争だ」


439 :通常の名無しさんの3倍:02/02/08 03:05
久しぶりにX見てみたくなったな


440 :なまえを挿れてください:02/02/08 17:18
さぁ、残るはWのみ、楽しみにしてまっせ〜〜〜〜〜〜

441 :匿望希名:02/02/08 22:27
 みなが愛した田中真紀子元外務大臣は更迭された、何故だ!!

442 :通常の名無しさんの3倍:02/02/08 23:14
 「無能だからさ・・・・」


443 :通常の名無しさんの3倍:02/02/08 23:28
>>441
嬢やだからさ

444 :通常の名無しさんの3倍:02/02/08 23:51
ガイシュツだからさ(藁


445 :橋本派交戦報告:02/02/09 00:47
諜報員「我々が抵抗勢力と呼んでいる利権集団の正式名称が判明しました。 これは橋本派、別名平成研究会と呼ぶようです。
    この会はゼネコン、地方に支持基盤を持ち、なおかつ政党助成金の応用と思われる派閥献金も受け、高い資金力を有しています」
     

143 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★