5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

逆走のシャア

1 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 18:30
逆だろ。

2 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 18:31
2

3 :逆走りシャア:01/12/31 18:38
一年戦争では白いヤツに連戦連敗。
ちょっとカッコつけてエゥーゴに入ったら青い髪の小僧に手柄取られまくり。
ヘタレグラサンなんて言われる始末。
頭にきたから髪型変えて指導者になったけど、俺はハリボテで実際はナナイに任せっきり。
アクシズ落とそうとしたら鬱アフロが俺をポッドごとアクシズに押し付けやがる。

イテテ
熱い!熱いって!
木根のシケた顔なんて見ながら死にたくねぇよ!

4 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 18:40
>>1
いや、逆だろ。

5 :シャア:01/12/31 18:42
ナナイのおっぱいを吸おうとしたら殴られた
何だよ!
ママになってくれるんじゃなかったのか!

6 :赤い水性:01/12/31 18:47
久しぶりにアフロに会った。
「…なんで地球圏に戻ってきたのです」
俺がいつどこにいこうと勝手だろうがゴルァ!と思ったが、

君を笑いにきた。

と思わせぶりに言ってやった。
いや、正直アフロはやばい。
あの髪型は何か企んでるとしか思えない。
思い至って笑いを噛み殺すのに必死だった。

7 :ドリフ調:01/12/31 18:49
シャア!逆、逆!

8 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 19:03
てすと

9 :シャア・アズナブル:01/12/31 19:25
私は基本的にマザコンでありロリコンだが生物学上の雌なら文句はない。
アーガマでレコア・ロンドを見かけたので早速ツバをつけてみる。
君がレコア少尉か?
「クワトロ大尉ですね、はじめまして」
ちょっとキツそうな感じだが依存心の強い私にはそれがまたたまらない。
”大人の女”という新たな分野を開拓してみるのも悪くはない。
情熱的な唇が印象的だ。
「クワトロ大尉は…シャア・アズナブルという男を知ってますか?」
ああ。元ジオン公国のエースだな。
そ知らぬふりをしてやり過ごそうとする。
私の武勇伝でも語ろうというのか?私もまんざら捨てたものじゃないなァ。
「あの・・・赤くて・・・通常の3倍の・・・」
びく。
待て、マイサン。赤くて立ってるのはアンテナだけでいい。
「?」
す・・・すまない。もう一度言ってくれ。
「赤くて・・・通常の3倍の・・・」
だから何なんだその”間”は。
いかん。この女にハマりそう・・・

10 :姐や:01/12/31 19:32
>>3
木根のって、お前は鬱か!!

11 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 19:54
逆だって!
シャア!

12 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 19:54
>>9
ワラタ

13 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 20:05
>>11
おまえが逆だろ。

14 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 20:15
日記なのか逆なのか!?
はっきりしたまえ?

15 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 20:16
どっちも

16 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 20:27
あがらないぞ?

17 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 20:40
シャアってマザコンなのかロリコンなのかわからん!!

18 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 20:44
どっちもだよ

19 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 20:45
逆スレの悪寒・・・

20 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 20:45
マザコンかつシスコンかつロリコン
それが、シャア=アズナブル

21 :シャア・アズナブル:01/12/31 20:51
ガンダムmk2を強奪した際に仲間にしたカミーユ君と会う。

やあ。君はいい感性をしているね。まるでアムロ・レイの再来のようだ。
「・・・女みたいな名前のくせに、ですか」
は?何のことだい?
「そうやって大人はごまかして!裏でほくそ笑んでいるんだ!」
い・・・いや、ちが・・・
「粛清してやるーっ!」
バキィ

・・・薄れゆく意識のなか、私は「それは私の決めゼリフだ」とつぶやいた。

22 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 20:53
>20
なんとなくコンスコンにみえる

23 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 21:00
ギャグだろ。

24 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 21:12
艦内通路で、ティターンズを見限ったエマ中尉とバッタリ出くわす。

「あら、クワトロ大尉」
好みってわけではないがなかなかの美人だ。
しかし・・・これは・・・この頭は・・・きと・・・
プ・・・ククククク
試しに頭を撫でてみる。
「きゃっ」
驚かれるが、ちょっと頬が赤らんだ。
その様子がまたアレを想像させられて・・・
「も・・・もう、何なさるんですか?」
き・・・気持ちよくなかったかな?
「は?」
わ、脇腹が死にそうなほど痛い。
私のパチモンが某決闘用MSに乗るとこんな感じなんだろうか?
やがてエマ中尉が私の笑いの真意を悟ったのか、怒りに染まる。
それがまた私の脇腹を痛めつけ・・・
「た・い・い・〜っ!!!」
もう駄目だ。死んでもいい。私はブリッジにまで聞こえる大声で笑った。

目が覚めたら燃料切れのリックディアスの中にいた。
酸素も・・・もうない。
だが悔いはない。

25 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 21:14
(・∀・)イイ!

26 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 21:15
ちなみに元ネタは料理にうるさいティターンズ高級仕官スレ

27 :シャア・アズナブル:01/12/31 21:31
居住区にいるとたまにエマ中尉に出くわして身の危険にさらされる。
もう酸素欠乏症の恐怖は味わいたくないので最近はMSドッグに引きこもっている。
おかげで妙にアストナージと仲が良くなった。
そこへ珍しくヘンケン中佐がやってくる。

珍しいな。どうしたのだ?
「ちょ・・・ちょっと大尉にご相談が」
はて?ヘンケン君はなかなか話せる知的マッチョだが私の専門はロリとママンだけだ。
相談になんて乗ってやれるだろうか?
「どうやってエマ中尉の気を引いたんですか?」
は?
「だって、大尉を見るとそれはそれは顔が赤くなるじゃないですか。たまに青いですけど」

それは激怒というのだよ、中佐。
どう見たらあれを好意と取れるのか。
しかし、面白そうなので私がやった通りのことを教えてやった。

「そ・・・そんなセリフで!?」
ああ、女心は複雑なのさ。わたしもどうして彼女がそんなに私を意識するのかわからないのだが」
「ありがとう!恩に着ますよ!」

中佐は走り去っていった。
鬼が出るか蛇が出るか・・・いや、エマ中尉の場合、きと・・・プププ

次の日、ヘンケン君がどこにも見当たらないとブレックス准将に尋ねられた。
どうしたのだろうか?
今日はエマ中尉の機嫌が一段と悪かった。

28 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 21:33
>「だって、大尉を見るとそれはそれは顔が赤くなるじゃないですか。たまに青いですけど」

ワラタ

29 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 21:54
キャスバル兄さんお年玉ちょうだい♪
 \__  ______
      ∨    ∧_∧
           " ,  、 ミ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ゝ∀ く  < しかたないなぁ!
           ∧_∧  |   \_____
        三  (    とノ
      三   /   つ |
     三  _ ( _  /|  |
        (_ソ(_ソ(_ )

30 :シャア・アズナブル:01/12/31 22:15
いいかげん、エマ中尉と仲直りしたい。
中尉の部屋の前に行くと何やら話し声が聞こえる。
私は聞き耳を立てた。
覗き?笑止な。私はなにしろ通常の3倍の性癖を持つ男。
どうやら話し相手はカミーユのようだ。

「慰めてほしくてもムダよ。私はあなたの恋人でも何でもないんだから」
「そうやって!大人はいつも責任逃れして!」
「へ?せ・・・責任って・・・カミーユ」
「そんな大人、粛清してやるーっ!」
「ああ・・・っ!ちょっ・・・!」

・・・だからそれは私のセリフだってば。
それはそうと若さとは凄まじい。何で今の流れで雌雄を決する展開になるのか。

「アッ・・・アッアッアッ!」
「粛清して・・・粛清してやるんだ!」

意味わかって使ってるのか?カミーユ。
フレーズが気にいったのか?
そもそもエマ中尉相手に何でその気になれるのか。
私だったら中尉の立派なきと(略)を見たら笑いがこみあげてとてもそんな気にはなれない。

「うわあああっ!粛清ーっ!」
「アアアアアーッ!」

終わったようだ。
私は部屋から出て行くカミーユと入れ違いのフリをして中尉の部屋に入る。
会釈をしたカミーユの顔のツヤがいやに良かった。若いな。

エマ中尉。
「く・・・クワトロ中尉?」

慌てて着衣の乱れを直す中尉。
こうして見ると実に色っぽいのだが。そう、頭さえ見なければ。

「ど・・・どういったご用件でしょう」
仲直りをしたくてね。私が悪かった。
「大尉・・・」

わりといい雰囲気だ。
よかった。これで仲直りできる。
もう敵との交戦以外で死の危険に晒されたくはない。
油断した私は、つい中尉の頭を見てしまった。
・・・プッ
コトの済んだ中尉の顔は若干やつれてて、まるで萎えたブツのようであった。
駄目だ。もう駄目だ。私は駄目な男なんだ。
ありったけの声で私は爆笑した。

・・・はっ。
目が覚めるとパイロットスーツだけで宇宙に投げ出されていた。
私は花も持ってないし、工学科のボーイフレンドもいない。

31 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 22:39
(・∀・)イイ!

32 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 22:56
ハ、ハライタイ...>>30

33 :通常の名無しさんの3倍:01/12/31 23:03
members.tripod.co.jp/dolasaitoh/gavaso.swf

34 :通常の名無しさんの3倍:02/01/01 02:28
age

35 :通常の名無しさんの3倍:02/01/01 02:32
>>33
重いって

36 :シャア・アズナブル:02/01/01 19:15
うにも溜まってるのかレコア少尉を部屋に呼んで雌雄を決する。

「あ・・・あせり過ぎよ!だからイけないの!」
「まだだ!まだ終わらんよ!」
「ウァッ・・・アアッ!」

激しい獣劇戦の末になんとか勝てたが「あなたって赤というか黒いわね」と言われた。
漢としては誇らしいが・・・イヤイヤイヤ、私は腐っても赤い○星。
断じて赤と言い張った。
ちなみに決め技はコロニー堕とし。
やり方は企業秘密だ。仮面かぶったパチモンになら教えてあげてもいい。

37 :通常の名無しさんの3倍:02/01/01 20:06
名スレの予感age

38 :age:02/01/01 21:42
37と同じく名スレの予感・・・・・・。

39 :通常の名無しさんの3倍:02/01/01 21:43
age

40 :通常の名無しさんの3倍:02/01/01 23:19
シャアがんばってください・・・・ちなみにパチモンって?!ゼクスですか?!

41 :シャア・アズナブル:02/01/02 00:04
そうだ。
奴はきっと私をリスペクトしてるのだな?ふふふ。

42 :シャア・アズナブル:02/01/02 15:20
カミーユの乳、もとい父のフランクリン・ビダンがリックディアスに乗って逃走した。
親子揃って盗みを働くな。通常の3倍早く追いすがる私。
しかしジェリドとかいう若僧の部隊にMK2の足を破壊されてしまった。
私は赤い彗○なのだよ。信じてくれよ。
かといってそれを言うこともできず、そろそろヘタレオヤジのレッテルを貼られそうだ。
カミーユはキレた十代ながらも頭角を表してきている。
汚名を、挽回せねば。
私は何も間違ってはいない。

43 :シャア・アズナブル:02/01/02 15:25
レコアがジャブローに降下するらしい。
×しばらくヤれなくなるので○激励しに
彼女の部屋へ行く。
ドアの前に立つと何やら騒がしい。

「いけませんか!こんな事やって!」
「ああっ!やめ・・・やめなさい、カミーユ!」
「でもね、僕は両親に親をやって欲しかったんですよ!そう言っちゃいけないんですか!子供が!」
「お・・・親はこんなことしないわ!ああっ!も・・・もう時間もないの・・・!」
時間があればいいのか、レコア。
「大人はどうやって言い訳ばかりしてっ!軍の仕事ってそんな大切なんですか!ハァハァ」
「アッ・・・ヤダッ・・・ソコッ・・・!」
感じるな。
「エゥーゴだティターンズだって、そんなことじゃないんです!」
「ア・・・!」
「仕事だからって子供が無視されちゃ、たまんないんですよ!」
「アアアーッ!イイーッ!」
私の時よりイイ声をあげるな。

・・・両親がいなくなって、情緒不安定なんだろう。
許してやろう。
が、ホウセンカ射出の時間になって慌てて出てきたレコアの顔がいやに満足そうなので鬱になった。

44 :通常の名無しさんの3倍:02/01/02 15:33
なんか・・・オモロイ・・・あげ

45 :通常の名無しさんの3倍:02/01/02 15:46
これから重力に縛られた愚か者どもの粛清にいくところ。
しかし出撃前なのに誰もいないな・・・
あっ、ナナイ。どうした? 顔が赤いぞ。
「いえっ、あのっ、何でもありません! 失礼します。」
どうしたんだ・・・ナナイらしくもない。
と、ナナイが出てきた部屋から新たな人影が。
!! カミーユ!!
私ともあろうものが、とっさに近くにあった1/14赤ザクの
影に隠れてしまった。
カミーユは周りをキョロキョロ見渡して
どこかに行ってしまった。
あとを追いかけてぶん殴ってやろうかと思ったが
今はそれどころではない。粛清の方が大事だ。

しかし出撃後もさっきのシーンが頭から離れず鬱。
考えてみたら、お前逆シャアに出てないだろカミーユ・・・

46 :シャア・アズナブル:02/01/02 20:26
レコアがいなくて寂しい。
寄る辺ない一人身を自分で慰めてると部屋にエマ中尉が入ってきた。

「クワトロたい・・・!!!」
!!!
馬鹿な!そんな馬鹿な!私のGは通常の3倍なので終わるのも3倍。
あまりもの速さに誰にも見られたことがなかったのに!
そもそもノックをしたまえ中尉。
呼び止める間もなく中尉は慌てて走り去っていた。
・・・私の、私のイメージが。
これでも艦内では酸いも甘いも噛み分けたニヒルな大人で通ってるはずなのに。

数日後、この話はアーガマ中に言いふらされていた。
何よりショックだったのは皆の反応が平淡だったことだ。

47 :シャア・アズナブル:02/01/02 20:28
サイド1にアーガマを停泊させる。
エマ中尉とカミーユ君を伴って内部の調査をするのだ。
30バンチではミイラ化した死体が放置されており、さながらお化け屋敷だった。
出かける前にヘンケン艦長におやつのガムとチョコレートを渡された。
私をバカにしているのか?
私は遠足のおやつはココアシガレットと決めているのに。
エマ中尉に”よいこの30ばんちきょうしつ”を開いていたらライラ・ミラ・ライラに出くわす。
・・・いい女だな。髪型もきと・・・じゃないし。
見とれていたらカミーユを人質に取られた。
参ったな。ヘタをしたら始末書の枚数がまた増えてしまう。
ライラはカミーユを押さえたまま建物の陰に引き込む。
踏み込もうとしたが、カミーユが「来ないで下さい!」と叫んだ。
まさか今のうちに逃亡するつもりでは!と思ったが手の出しようがない。

「な・・・何をする!・・・・・・ア・・・ア・・・」
何をしてるんだ。おい。
「イ・・・イィ・・・」
エマ中尉が真っ赤な顔をしてこっちを見る。
ええい、こっちを見るな。まるで○○した○○○のようで笑いが止まらなくなる。
しばらくしてライラの絶叫が聞こえた。
少し間を置いて、ライラとカミーユが出てくる。
何故、息がそんなに荒いのだ。
ライラがカミーユをこちらに突き飛ばすとそのまま走り去っていった。
去り際に上気した顔で「や、奴はただものじゃない!」と言っていた。
その時に見せたカミーユのニヤリと引きつった笑顔がかなりイヤだった。
これが・・・若さか。

48 :通常の名無しさんの3倍:02/01/02 22:32
ワハハ(゚∀゚)
がんばれ!日記職人。

49 :通常の名無しさんの3倍:02/01/02 22:53
カミーユ単なるお○○こ崩し・・・

50 :カミーユ・ビダン:02/01/02 23:46
お○○こ崩しちゃいけないんですか!
俺は漢だよーーーーーーっ!!!

51 :シャア・アズナブル:02/01/03 20:26
サイド1に出るとさきほどのライラ大尉がガルバルディβに乗って待ちうけていた。
なんかゲルググっぽいな。欲しい。
カミーユがいきなり「任せてください!」というので私は雑魚の相手をする。
あらかた敵を片付けたのでカミーユとライラの回線を盗聴してみた。

「私は正規のパイロットだ!こんな子供に負けてられない!」
「さっき負けたじゃないですか!”もう堪忍して!イカせてー”って!」
「ざ・・・戯言を!宇宙で闘えばお前などに!」
「・・・宇宙でするとイイらしいですよ」
「な・・・!?」
「無重力が、凄いんだって」
「・・・ゴクッ」
「試してみますか?」

ライラ機がフラフラとMK2に近寄っていく。
頭に来たのでビームライフルでガルバルディを徹底的にぶちかます。
流れ弾がMK2に当たってたが気にしない。
完全に無防備だったガルバルディは被弾、慌てて退却していった。

アーガマに戻ったらカミーユが玩具を取られた子供のような顔をしていた。
そうそうイイ思いばかりさせんよ。

52 :シャア・アズナブル:02/01/03 20:27
アンマンでミーティング。
カミーユがボロ、もといハロを拾ったとかで遅刻してきた。
出資者のウォンリーが激怒している。
血の気の多いオッサンだ。

「そこの増長したガキ待ちな」
「ボクは増長なんかしてませんよ!」
「嘘だな。口でそう言っても増長がある。油断があるからミーティングに遅刻をする」
「だったら何なんです!」
バキィ
「ぐふっ!」
「修正してやる!クソガキ」
バキッ!ドカッ!バシバシバシッ!・・・メッサツ
つ・・・強いな。画面が光ってる間に倒すなんて・・・

ミーティング後、カミーユがサンドバッグにむかって「ウォンコロス!シュウセイシテヤル!」と殴りまくっていた。
とばっちりが私にきそうで怖い。ウォンさんも余計なことをしてくれる。。
ところで今度は「修正」というフレーズが気にいったのか、やたら連呼している。
よしよし。「粛清」は私の決めゼリフだからな。

53 :シャア・アズナブル:02/01/03 20:28
キグナンに会う。
ハマーン・カーンが地球圏に近づいてるらしい。
ハマーンか・・・昔はあんなに可愛かったのにもうハタチか・・・
時の流れは残酷なものだ。
私にはもうミネバしか見えない。

「ところで大佐」
キグナン、私はクワトロ大尉だ。
「私にとっては、シャア=アズナブル大佐です」
ふ、ふふふふふ。もう一度
キグナン、私はクワトロ大尉だよ。
「だから私にとっては大佐です」
だから私はクワトロ大尉だって。
「大佐ですってば」
大尉だよ。
「クワトロ大尉、ところで・・・」
大佐だっつってんだろ!ゴルァ(゚д゚ )!
「・・・」

どうも落ちぶれすぎたせいか、過去の栄光にすがってみたくなったようだ。

しばらくしてカミーユが逢い引きしていたエマ中尉と帰ってきた。
どうやらカクリコンとかいう月に住むカッパに襲われたらしい。
世の中、まだまだ不思議に満ち溢れているな。

54 :通常の名無しさんの3倍:02/01/03 23:22
逆だって!!!

55 :通常の名無しさんの3倍:02/01/04 04:28
(A;)。。。。感動だ。。。

56 :通常の名無しさんの3倍:02/01/04 04:43
実際のシャアなんて、こんなもんなんだろうな・・・
きっと。俺達の過大評価って事。

57 :通常の名無しさんの3倍:02/01/04 20:50
逆だろ。

58 :通常の名無しさんの3倍:02/01/06 03:48
なんか良さ気だからageとこ。

59 :通常の名無しさんの3倍:02/01/06 14:32
シャアだけかよ。
頑張ってるの。

60 :通常の名無しさんの3倍:02/01/07 16:15
あげ

61 :通常の名無しさんの3倍:02/01/08 21:10
シャア、仕事が忙しいのか?

62 :シャア・アズナブル:02/01/08 22:41
リックディアスに代わる新しい機体が届くらしい。
なんでも百式という名前だそうだ。
名前からして怪しいが開発者もナガノとかいう怪しい博士だ。
しかし私はそんなことは気にしない。
これでも私は一年でジオンのほとんどのMSを乗りこなした男だ。
単に連戦連敗で機体をとっかえひっかえせざるを得なかっただけなのだが。

「クワトロ大尉、これがお待ちかねの・・・」
ゴクリ
「百式です!」
ピカーッ
「Zの設計過程で作られたいわば副産物ですが、性能は・・・」
・・・許せん。
「え?」
許せんのだよ。
「お気持ちは分かりますが、ぜ、Zの出来そこないとはいえかなりの高性能ですよ」
そんな事じゃないのだよ!
「は?」
何で赤じゃないんだ!?私に喧嘩を売っているのか!?
シャアと言ったら赤!赤といったら3倍!これは世の摂理なのだよ!
こんな仕打ちは初めてだ!こんなことなら私は赤いアッガイに乗る!
「た、大尉・・・」
いやさ止めるな!なんならMSじゃなくてもいい!
赤い彗星という過去の栄光の余韻に浸れないくらいなら真紅のドップで特攻かけたほうがマシだ!
「シャア・・・?」
「いま大尉、シャアって言ったよな」
「シャアだってよ・・・」
え、あ、いや・・・も、もし赤い彗星ならそう言うかなあと・・・
「そうですよね!大尉があの赤い彗星なはずありませんもんね!」
「大尉もお人が悪いなあ」
そ、そうなんだよ・・・ははは・・・たまには私も冗談をね・・・

結局、このまま乗ることになった。

63 :シャア・アズナブル:02/01/08 22:43
艦隊との集結ポイントに急ぐべく、百式を駈って道を急ぐ。
と、漂流しているテンプテーションに出くわす。
・・・正体不明のMAに攻撃を受けているだと?
必殺メガバズーカランチャーの威力を試すいい機会だ。
・・・あれか!

デーン

・・・最悪なセンスだ。
何という趣味の悪いフォルム。しかも紫だと?せめて赤なら許せたものを。
こんな宇宙の汚物、さっさと掃除してしまおう。
私は引き金を引こうとした。

キィィィィィィン・・・
・・・なんだ、このプレッシャーは!
なんと禍禍しい。どこかエマ中尉に似ている・・・そう、例えるなら・・・
紫のチ○ポ!

やめろ・・・!好き好んで他人のブツなど見たがる男がいるものか!
私は間違いなく3倍アレな男だが、そっちのケはない!
「クワトロ大尉!どうしたんですか!?」
カ、カミーユ、お前も感じるだろう。
「・・・ああああっ!これは、この色は!装着中ってことなのか!?」
意外と余裕あるな、カミーユ。わかるまい、避妊など考えもしない若者には!
・・・もう駄目だ、撃ち落とす!

ドキューン・・・スカッ
外した?
紫のヤツは頃合と見て退却していった。

「クワトロ大尉、お疲れさまでした」
エマ中尉・・・聞きたい事があるのだが。
「なんでしょう?」
・・・中尉は避妊具の色は赤と紫ならどっちがこのみ・・・
バキィ

64 :マムロ:02/01/08 23:27
カツが空港で飛行機を乗っ取ろうといいだした。最近のガキは恐い。
「アムロさん、僕らにはアラーがついてます。心配ありません。」
・・・何の事だ・・・?

なすがままで、カツがあっという間に操縦室を乗っ取った。
「お前、操縦できるのか?」
「もちろんです。ジハードに備えてしっかり習いました!!」
・・・ジハード・・?

管制塔の制止を無視して、いざテイクオフ。
ああ、あの頃を思い出すなぁ。コアファイター、ドッキング・ゴー!なんちて。(ワラ
「アムロさん、行き先は連邦軍基地ジャブローの中央管制センターでいいですね?」
「・・え?カラバと合流するんじゃねーの?」
「何言ってんですか!氏なば諸共の精神ですよ!!ジハードですよこれは!!」
・・・・え?ナニそれ・・・?

カツの考えている事が解ってきた。ヤル気だ、コイツ・・。
何とか理由を付けてカラバと合流せねば・・・。
「あ、アムロさん!前方で戦闘やってますよ!」
なぬ!?ヲィヲィ、勘弁しろって・・・。ん?ありゃ、ガソダムじゃねーか?
「アムロさん!これはチャンスですよ!特攻でアボーンでジハードですよ!!・・ハァハァ・・。」
・・・やべぇ・・、目がイッてるよコイツ・・・。

見た事ない赤いヘンテコリンなMSがやられそうになっている。あのヘタレ具合、
まさかシャアか?だとしたら、ほんと成長してねーな・・。
「アヒャヒャヒャヒャ!もろたぁぁぁ!!」
カツが早まろうとしたので、咄嗟に殴り倒してパラシュートを背負わせ、
窓から放り出した。
(退いてろ!ヘタレシャア!!)
(何?アフロか!?)
・・・このキメる場面で『アフロ』言うたか、シャア・・・・。


敵MSに突っ込む間、カツの事を考えていた。
そう言えば、気絶してるのにパラシュート開くワケねーじゃん・・・。

65 :通常の名無しさんの3倍:02/01/09 15:47
あげ

66 :ラウンジャー葱/ft6865e56:02/01/10 20:09
                           。
      o
                    o
        o     。

     。

        o          o
  〇           o 〇  。                  o      o



。          o
〇        。     o                                   o


               〇〇    o        〇

         o

         。

        。       〇
     o
  o                  〇。
  

67 :通常の名無しさんの3倍:02/01/10 21:39
age

68 :ラウンジャー葱:02/01/10 21:46
                 〇 o 。  。        

69 :通常の名無しさんの3倍:02/01/10 22:42
保全あげ

70 :通常の名無しさんの3倍:02/01/10 23:11
Aガンダム

71 :通常の名無しさんの3倍:02/01/10 23:29
久しぶりに逆シャアみたけど、戦闘がメチャ早いね。
てか、α・アジールにのったクェスとか、アムロにコケにされてるじゃん!
やっぱ、アムロ強いわ。

72 :通常の名無しさんの3倍:02/01/10 23:33
おもろしい

73 :通常の名無しさんの3倍:02/01/11 00:10
なんという名スレか!

74 :マムロ:02/01/11 01:04
カラバと合流して、ハヤトと会った。ハヤトのオヤジ臭さに正直、ビビった。
だが、シャワールームにはヘレンヘレンが置いてあって2度ビツクリだ。
ハヤト、冗談は顔だけにしてくれ・・・。

廊下で、カミーユ君とベルトーチカが何やらもめている。
「マーク2はアムロが乗るべきよ!」
「じゃあ僕は何に乗ればいいんですか?ベルトーチカさんですか?」
「冗談はやめなさい。マーク2は・・アムロ・・・の・・・。」

!!
何だ?何が起こっているんだ!?
カミーユの流れるような動きに刻の涙を見た。

「女の人はいつも勝手だァ!そんな女、修正してやるゥ修正してやるゥ!!」
「あぁぁぁ!あんたマーク2から降りなさいな!・・・で、私に乗って・・。」

やめろカミーユ!摩擦熱とオーバーロードで自滅するだけだ!!(泣
「やってみる価値はあるさ。ハァハァ・・。」
驚いて横を見るとクワトロ大尉がいた。
やめろ!こんな事に付き合う事はない!!(泣

75 :シャア・アズナブル:02/01/12 00:05
やはりナウシカはいい・・・
私の母になってくれるかもしれない女性だ。

76 :通常の名無しさんの3倍:02/01/12 00:06
シャアー!うしろー!

77 :シャア・アズナブル:02/01/12 00:07
はっ。何か口走ったようだが、気にせんでくれよ。

いよいよジャブロー侵攻だ。
カミーユの幼馴染のファが乗りこんでいたが、どうもカミーユに冷たい。
・・・これはチャンスなのか?

降下を開始したところで、また例の紫チ○ポが攻めてきた。
やめろ。感覚の鋭い私にはおまえの接近は拷問だ。
とはいえ、そのまま放っておくわけにもいかないので迎撃に出る。
エマ中尉が率先してすでに交戦していたが、まるでチ○ポ同士がせめぎあっているようだ。
類は友を呼ぶのか?

しばらく眺めていると、紫チ○ポが何やらうめいているようだ。
どうやら重力に引かれるのを嫌がっているらしい。
面白いので”今、必殺のシャアキック”で徹底的に重力圏に落とそうとする。
機体が赤くないので威力は本来の3分の1だが。
よほど地球が嫌なのか紫のブツは慌てて逃げ散っていった。

アーガマに戻る途中、焼け焦げたカッパなんて珍妙なものを目撃した。
モルダーに連絡しておこうか?

78 :シャア・アズナブル:02/01/12 00:27
どうも調子が出ない。
やはりチ○ポ酔いしたのだろうか?

ところで、ジャブロー攻略にはふたつの重要な意味がある。
1つは一年戦争から続く重要な軍事拠点を制する、ということ。
そして2つめはレコアを回収にすることによって私の禁欲生活に終止符を打つ、ということ。
この戦い、絶対に負けられん。

カミーユと共に基地へ乗りこむが、どうも抵抗が薄い。
何故だ?ひょっとしてここを捨てるつもりだったのか?
悩んでいるとジェリドとかいう小僧が攻撃してきた。
私はライバルには負け属性がついているようなので観戦に徹する。
負けて恥かくのも嫌だしな。大人とは勢いだけで行動できない生き物なのさ。

「クワトロ大尉!援護してくださいよ!」
まだだ!そうそう手伝わんよ!
「ちょっと!大尉ーっ!」
「死ねぇ!カミーユ!」

辛くもジェリド撃退したカミーユが、レコアの存在を感じると言っている。
私が感じさせるのはレコアだ。お前は感じないでいい。
そんな事を考えていたらさっさとカミーユは行ってしまった。
仕方ない、私は別ルートで・・・なにっ!時限爆弾発見!慌ててエゥーゴに連絡する。
カミーユを探さねば!

見つかった・・・レコアも無事だ。×ヤリ○会いたかった・・・
ツレのジャーナリストともども救出し、ジャブローを脱出した。

79 :シャア・アズナブル:02/01/12 00:44
あの時助けたジャーナリストはカイ・シデンというらしい。
一年戦争で三角木馬のMSのパイロットだった・・・ああ、あれか。
連邦にしては赤くて実にセンスの良い機体だった。

ハヤトに手紙を渡される。
女性クルーのラブレターか?ときめくなあ。
差出人を見るとカイだった。私はノンケだ。
読むか。


シャアを名乗らない貴様はうんこ
クワトロなんてちんこ
ばーかばーか


・・・本当にジャーナリストか?

「ぶ・・・文面はともかくだ。本当のところはどうなんだ、クワトロ大尉!」
今の私はクワトロ・バジーナ大尉だ。それ以上でもそれ以下でもない。
フッ、決まったな。
カミーユがなにやら震えている。痺れたのか、このシブい台詞に。
「そ・・・そんな大人・・・修正してやるっ!」
ぐわっ!
バキィ

何故だ?今の流れで何で私が殴られるのだ。
お前は本当に修正したかったのか問いたい。問い詰めたい。
ただ「修正」って言葉使いたかっただけなんじゃないかと。もうアホかと。カミーユかと。

とりあえず気絶した。

80 :マムロ:02/01/12 01:07
シャアは危険な男だ。
ベルトーチカがやって来た日、奴を見た彼女はひどく怯えていた。
何に怯えているのかとシャアを見ると、上下真っ赤ないでたちで、
しかも股間には立派なキリマンジェロが聳え立っていた。
なるほど・・・これは難攻不落だ。

格納庫で思い切ってシャアに何故、地球圏に戻ったかを尋ねてみた。
「何故地球圏に戻ってきたのです?」
「うっさい、ハゲ!」
仮にも一年戦争時の好敵手だった俺に冷てーじゃねぇかよ・・・。
ララァの事、まだ恨んでるんだな。その割には、
「木星の向こうにはララァの同僚(娼婦)はいないと思ったからだ。」
と臆面もなく言い放った。
何か企んでいる。絶対。

真相を確かめようと、後から奴の部屋へ飛び込んでみると、今まさに
絶頂を迎えようとしているブリッジオナ○ニーの真っ最中だった。
沈黙が流れたあと、シャアはおもむろに、
「アムロ君、君も一緒にどうかね。かつてのライバルの情けないティム
○を見るのは忍びないが・・・。」

・・・・貴様を殺ってからそうさせてもらうっ!!

81 :三倍:02/01/12 08:21
名スレage

82 :ざくっと:02/01/12 09:08
だいたいストーリー順になってんのな(笑
頑張れage

83 :家族思いは宗男に乗る:02/01/12 09:31
安芸

84 :キュベレイ:02/01/12 10:03
おなかいたい・・・www

85 :クロ號:02/01/13 03:41
age

86 : :02/01/13 08:34
大笑いw
イイ!

87 :シャア・アズナブル:02/01/13 23:07
目が覚めた。
イタタ、カミーユめ。パンチのキレが数段増しているようだな。
頭のキレ具合も。

「クワトロ大尉、あとこちらは本人以外開封厳禁だそうだ」
もう一通あるのか。今度は何だ?
部屋に帰って読んでみる。


レコアは牢屋でいただきまんもす
まかんこうさっぽうでいやんばかんあはん
そん!そんはどこだ!
ごはん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!


プチ

レコアっ!
「え・・・あ・・・大尉」
・・・読め。
「・・・」
何か、言いたいことはあるか?
「あ・・・ろ・・・牢屋の中って暇じゃない?だから、その・・・」
・・・
「アッ・・・ヤッ・・・チョット・・・ダメ・・・!」
お前は私を3倍怒らせた。
「ア・・・ヒ・・・イイッ!」
お前みたいな売女にはコロニー堕としを使ってやる!思い知れ!
「あ・・・あれはダメェ・・・!許して・・・失神しちゃう!」
問答無用!やってみるさ!
「アヒィィィィィ!イイーーーーーーーーーーーッ!」

そして私はレコアと通常の3倍コアブロックした。
コロニー堕としの威力は凄まじく、レコアは何度も失神しては起こされてを繰り返した。
私も禁欲が長かったせいか、加減を知らない。まるで発情期の猿のようだ。
事が終わったあと、レコアは半ば正気を失っていた。
これでしばらくは私にぞっこんだな。ふふふ。

ちなみにこのコロニー堕としは後にアクシズ堕としに進化し、それはそれはナナイを鳴かせること事になるのだが・・・
それはまた、べつの話(レオ森本)。

88 :シャア・アズナブル:02/01/13 23:08
張り切りすぎて腰が痛い。
MS運搬用のシャトルを打ち上げるために準備をしていると、未確認飛行物体が接近してくる。

UFOか。ティターンズも妙なものを・・・
「大尉!あれは空飛ぶミカンですよ!オレンジだし」
それをいうならハンバーガーではないだろうか。
「アッシマーだっ!ミカンやハンバーガーなどではないっ!」
わざわざ通信入れてくるとは律儀なやつだな。で、そのハンバーガーで何をするつもりだ。
「そうですよ!ミカンで攻撃してくるなんて、失礼じゃないですかっ!」
「ちがーう!これは究極!最高!無敵の可変MSアッシマーだ!」
いや、ハンバーガーだ。
「ミカンですよっ!」
「自分はホットケーキだと思いますっ!」
アポリー。雑談に加わってないで早く打ち上げてくれよ。
「許さんぞ!貴様らああああ!」

闘ってみると意外に強力で劣勢を強いられる。マックのくせに。
戦闘の最中、ロベルトがハンバーガーに撃墜される。
貴重なパイロットを・・・
「ロベルトぉぉぉぉぉ!僕にサッカーを教えてくれるんじゃなかったのかよっ!」
カミーユ、いいから君は三角飛びでもしていたまえ。
「キェェェェェェェェッ!チェストォォォォォォォッ!」
本当にやるのか。そういえば空手繋がり、か。

必死の防戦によってどうにかシャトルは打ち上げられ、私はハンバーガーを撃退した。
100円バーガーだけでなくMSも作るなんて、マクドナルドとは偉大なものだな。

89 :クロ號:02/01/13 23:12
は・・・腹が痛い・・・

90 :シャア・アズナブル:02/01/13 23:20
飛田展男(ワラ

91 : :02/01/14 00:32
http://www9.org1.com/~sazabi/red/gifts/gift08.htm
レコア…

92 :クロ號:02/01/14 23:43
定期安芸。続きよろしく♪

93 :通常の名無しさんの3倍:02/01/15 09:05
ヒィヒィ・・・!!腹が痛い!!!
何ヶ月ぶりかだよ〜こんなに笑ったの。サンキュー!!

94 :通常の名無しさんの3倍:02/01/15 10:59
ストーリー順でネタも笑えるスレははじめてみた!
期待〜

95 :シャア・アズナブル:02/01/15 16:47
アウドムラで移動中、可変MSギャプランに強襲される。
なんというか・・・趣味の機体だな。ティターンズは自由に機体作っていいのか。
ちょっと寝返りたくなった。マッカナマークツー、マッカナハイザック、アマリカワラナイマラサイ…フフフ

なんとか追い返すも、またもハンバーガーが来襲。
マックは食べすぎると身体に悪いのに。
「ハンバーガーじゃないと言っている!」
なんだと?君は女子高生がマックの食い過ぎで腸内細菌が60代並というのを知らんのか?
「・・・お前と話してると頭が痛くなってくる」

何故か着衣がやたら乱れてるカミーユが出撃してきた・・・今度は誰を食った。
例によって交戦するが、このハンバーガーは本当にウザい。
装甲であるパンの部分がなかなか厚くて攻撃が効かない。

食べづらいハンバーガーなんて最悪だ!
「まだ言うかっ!貴様っ!」

いかん!アウドムラが落とされる!
そう思ったとき、一機の輸送機がハンバーガーに特攻する。
無茶するなあ。ハンバーガーはたまらず退却していった。
いわゆるテイクアウトだな。

輸送機から脱出するパイロットを救出する。
こ・・・こいつは・・・

アフロ・レイ・・・
「たしかシャアって言ったな、俺は・・・」
アフロ・レイ・・・
「おい」
アフロ・レイ・・・

96 :シャア・アズナブル:02/01/15 16:47
アウドムラの中でアフロ・レイに会う。
「・・・アフロじゃない」
いや、失礼。
「・・・なぜ地球圏に戻ってきたのです」
君を笑いに来た。そう言えば君は満足・・・
「・・・」
クッ、プッ・・・プププ・・・
「本当に笑うなよ!」
いや、しかし改めて見るとその髪型は・・・なにを企んでいるんだ?
「あなただってアレな仮面かぶってたじゃないですか!」
プププ・・・ま、マジメな話に戻そう。
ら、ララァの魂は宇宙に・・・う、うちゅ・・・ワハハハハ!
駄目だっ!直視できん!その頭は犯罪だ!
「シャアアアアアアアっ!」

わ、笑いすぎて腸ねんてんになってしまう・・・
昔のつのだ☆ひろとシリアストークをしろと言ってもそれは無理な話だ。
メリィジェーン
私は久方ぶりに爆笑した。

その後、激怒したアフロと昔を思い出すように生身で白兵戦をする羽目になった。
ハヤトにこっぴどく叱られた。
哀☆戦士。

97 :通常の名無しさんの3倍:02/01/15 16:48
シャアに惚れてしまいそうだぁぁああぁワクワクワクワクワクワク

>>90
なんで笑ってんの??おせーれ

98 :97:02/01/15 16:49
ハッ!!!新作!!
ワショーイワショーイワショーイ!!!

99 :通常の名無しさんの3倍:02/01/15 16:50
_

100 :シャア・アズナブル:02/01/15 16:54
>>97
カミーユ=若島津

これ以上言うのは無粋というものだよ。

101 :通常の名無しさんの3倍:02/01/15 16:59
(・∀・)イイ!期待age

102 :通常の名無しさんの3倍:02/01/15 22:55
もいっちょ期待age!!

103 :通常の名無しさんの3倍:02/01/16 03:09
まだまだ期待age!!

104 :通常の名無しさんの3倍:02/01/16 23:58
このスレ最高!!
仕事中に覗き見て笑いをこらえるので必死だったよ!!

105 :通常の名無しさんの3倍:02/01/17 00:14
一日一回age
そろそろ舞台は香港やね♪

106 : :02/01/17 00:17
シャア・アズナブル=1なの?気になる。おもろいが。

107 :通常の名無しさんの3倍:02/01/17 17:50
まだかなまだかなぁ〜♪

108 :通常の名無しさんの3倍:02/01/17 17:51
>>107
学研には「おねえさん」はいませんか?

109 :通常の名無しさんの3倍:02/01/17 17:52
今日も期待age!

110 :通常の名無しさんの3倍:02/01/17 23:50
し、死ぬ、笑い死ぬ・・・

111 :シャア・アズナブル:02/01/18 00:11
コロニー堕としでメロメロにしたせいで、最近はレコアがしつこく求めてくる。
心身ともに充実しているなあ。ふふふ。

ヒッコリーへの案内人にベルトーチカ・イルマがやってきた。
愛撫愛撫と連呼するあたりかなり頭が悪そうだが・・・まあ、美人だ。
しかし、どうも彼女の興味はアフロにあるらしい。
鬱なバルデラマなんてどこがいいのやら・・・


キレた10代2号のカツが勝手に出撃してしまった。
止めにいかねば・・・ん?アフロとハヤトか。

「俺も出る!」
「7年もモビルスーツをいじってないんだろうが!」
「ぐっ・・・」
「違う操縦桿は毎日いじってたようだがな」
「Σ(・Д・; )ナ・・・ナゼシッテル!?親にも見られたことないのに!」



私は・・・こんな奴に・・・。

112 :シャア・アズナブル:02/01/18 00:15
カツがNTとして活躍したいからとカミーユの真似をし始めた。
迷惑が2倍に・・・これだけは3倍じゃなくていい。

おお、カツよ。どうしたのだ。
「クワトロ大尉はシャアなんですか!?」
は?
「だから、シャアなんですかこの野郎!?」
い、一体どうしたん・・・
「そんな煮え切らない大人は修正して・・・!」
殺気!

私は咄嗟にカウンターパンチをかます。
私の鉄拳は寸分たがわずカツの顔面にヒット。彼は崩れ落ちた。
な、何を考えているんだ。

今度はレコアを口説き始めた。

「レコアさん、俺と合体してスーパーレコアになりましょうよ!」
「い、イヤよ!」
「なんでだよゴルァ(゚Д゚)!俺のロングライフル味あわせてやるよ!」
「あぁもう、しつこい!」
グワシャア

カミーユの悪いところだけ真似してるな。しかも本家と違って失敗ばかり・・・
NTとは決してキレた10代でもなければ女殺しでもないのだぞ。
いや・・・キレた10代は当たってるか。

しかしカツよ。優れたNTになりたいのならどうして私を真似しない?
どう見てもカミーユより私のほうが人間的にもNT的にも尊敬に値すると思うのだが。
若いものの考えることはよくわからない。

そんなことを思いながら今日も私はレコアの部屋の洋服タンスの中の下着を漁った。
紫の下着が多いのが気に入らなかったのですべて赤のレースに替えておいた。

113 :カツ:02/01/18 00:24
>>112
クワトロ大尉って結局レコアさんしかモノにしてないじゃん。
カミーユさんなんか100人切りまであと43人だって!
よーし! 僕も頑張ってカミーユさんみたいなニュータイプになるぞ〜!

114 :通常の名無しさんの3倍:02/01/18 01:57
あ・・・あかん・・・あかん・・・何回読んでも笑い氏ぬ・・・・
中毒になっちゃうよ〜ヒィヒィ
あ・・・愛してます!!!

115 :通常の名無しさんの3倍:02/01/18 12:13
age

116 :通常の名無しさんの3倍:02/01/18 15:28
新参は半年ROMってろ

117 :通常の名無しさんの3倍:02/01/18 20:12
>116
誰に言ってんの?

118 :通常の名無しさんの3倍:02/01/18 21:38
age

119 :クロ號:02/01/18 22:02
一日一回定期age

さぁ、先は長いで!Z編終わっても逆シャアもあるしな。
まだかな、まだかな〜♪

120 :通常の名無しさんの3倍:02/01/18 23:31
>119
学研には「おとみさん」はいませんか?

121 :シャア・アズナブル:02/01/19 00:44
ヒッコリーでシャトル打ち上げの準備に入る。
カミーユとカツをMSとともに宇宙に上げるためである。
例の100円バーガーの来襲を防ぐためにアウドムラを陽動にまわす。

”私はアウドムラの護衛にまわった。宇宙にはあがらない”

なにか歴史が変わったような気がするのだが、それは気のせいであろう。
ウチュウニイッタラトウブンデバンガナイダナンテワタシハマチガッテモオモッテナイヨ?ホントダヨ?
アフロと2人でブラン隊を迎え撃った。

「うわっはっは!今度こそ貴様らの息の根を止めてくれる!」
・・・もういい。

カミーユの加勢もあり、どうにかシャトルを発進させる。
鬱→チョットダケ(・∀・)マシ!になったアフロがハンバーガーを撃墜した。

「アッシマーがーっ!!!」

・・・そんな名前だったのか。
まあいい、5秒で忘れる。シャトルが空に飲まれていく。
任務完了か・・・

ん・・・待てよ。
私>行かない、カミーユ>行かない、カツ>行く
役立たずの小僧1人宇宙にあげて、私達は何がしたかったんだろう?
何をマジになっていたんだろう。
今はもうもの言わぬテリヤキバーガーを見つめながら、私は一抹の空しさを覚えた。

122 :シャア・アズナブル:02/01/19 00:50
カミーユとアフロが何やら口論している。
一体なんだ?


「カミーユ、何で君はそう見境がないんだ!艦内の女性が君のお手つきばかりじゃないか!」
「股を開いて喘ぐ女が悪いんです!だからボクは押し倒すんです!それがいけないんですか!?」
「エゴだよそれは!」
「定石やヨセが、そんなに大事だっていうんですか!」
「イゴだよそれは!」
「リサイクルの方が高いからってただモノを消費し続ける、それじゃいけないんですよっ!」
「エコだよそれは!」
ニャー
「ネコだよそれは!」


・・・何なんだ?
人は分かり合ってるのか?

123 :シャア・アズナブル:02/01/19 00:53
香港につくが、やる事がない。
アフロはルオ商会に行くといって出たっきりだ。
からかい甲斐のある相手がいないというのは寂しいものだ。
カミーユとカツはからかうとシャレにならないので回避。

やる事がないので、ヤるべき事をやっている私。

ギシギシ・・・
「どうだレコア・・・コロニーは堕ちたか?んん?」
「アアッ!ヒァァァァァーーーッ!・・・堕ちちゃうーっ!!!」
「ふふふ。堕ちたな・・・それでは私も・・・ハァハァハァ・・・もう少し・・・」
ウィーン!ウィーン!
「なにっ!敵襲か!なにもこんなタイミングで!」
「いってらっしゃーい・・・ハァハァ」

ドデーン

・・・なんだこれは・・・デカー(゚Д゚)
「大尉っ!気をつけてください!あれは・・・あれは危険です!」
強制修正装置のお前が言うのだからよほど危険なんだろうな。まあいい。
寸止めの恨みは海より深いぞ貴様。
いきなり今、必殺のシャアキックを見舞う私。
やはり3分の1の威力のせいかまるで効いてない。

バヒューン
あ。
ドカーン
撃墜された。

「何しにきたんですか、大尉!?」

・・・私はたしか赤い○星だったはずだが。
何やら戦場ではカミーユとデカブツがドキュソのお家芸、ガンの飛ばしあいをしている。
私の時代は終わったのか。もういい、艦に戻ってさっきの続きをしよう。
シクシク

124 :シャア・アズナブル:02/01/19 00:54
ミライ親子がベン=ウッダーに捕まってしまった。
アウドムラの引き渡しと交換条件として返してやるとのことだ。
アフロがとりあえず人質交換としてベンの船へ出向く。
しかし、甘かった。
解放されたと見せかけてミライ親子はアフロともども敵のMSによって捕らえられてしまった。
あれは・・・マリンザク!?
しかも赤だと・・・ワナワナワナ

「アフロさん達を助けなきゃ!」
待て!何をする気だカミーユ!?
「あのMSを破壊して彼らを助けるんですよ!」

「どいてください!」
ガシッ!
「大尉?」
お願いだ!後生だから壊さないでくれ!あれは・・・あれは良いものだ!
「何いってんです大尉!?離して下さい!」
断る!離すものか!だって赤ザクだよ、赤ザクなのだよ!?

必死になってカミーユを止める。
赤は正義だ。ザクは正義だ。

「大尉!ジャマしないで!」
うわあっ!
「直撃させる!」
やめろ・・・やめるんだ、カミーユ!
ドカーン

・・・無事、4人は救出。我々は窮地を脱することができた。
しかし・・・

「クワトロ大尉ーっ、どうしたんですかぁー?ハッチを開けてくださいよー」
ヒック・・・ヒック
何故か無性に悲しくて、私はMSハッチの中で体育座りで泣いていた。

125 :通常の名無しさんの3倍:02/01/19 01:34
>>122は反則(爆

126 :通常の名無しさんの3倍:02/01/19 01:46
イゴ!!!(爆
惚れたよ。シャア


127 :クロ號:02/01/19 03:38
さらにエコと猫までくるとは・・・。
おもしろすぎ。

128 :通常の名無しさんの3倍:02/01/19 17:40
笑い死んだら責任取れよ

129 :通常の名無しさんの3倍:02/01/19 20:53
俺もスーパーレコアになりたい・・・

130 :通常の名無しさんの3倍:02/01/19 21:16
新しいパターンだね

131 :クロ號:02/01/20 00:10
一日一回定期age
そろそろZ登場・・・。

132 :通常の名無しさんの3倍:02/01/20 02:38
エマ中尉と思いっきりコアブロックしたい・・・

133 :通常の名無しさんの3倍:02/01/20 20:01
>>132
むしろリニアシートで‥‥‥

134 :レコア:02/01/20 20:26
れ・コアブロック!

135 :通常の名無しさんの3倍:02/01/20 22:49
あえてぜータで進めてるところに職人の心意気を感じる!

136 :クロ號:02/01/21 00:45
一日一回定期age
まだ?まだ?

137 :通常の名無しさんの3倍:02/01/21 01:27
age

138 :シャア・アズナブル:02/01/21 02:43
最近、カミーユが物思いにふけっている。

「フォウ・・・」

恋煩いか。青いな、青いよ。いや、青はダメだ。やはり赤でなくては!
「何ブツブツ言っている、シャア?」
アフロ。
「どうした。カミーユがどうかしたのか?」
いや、恋煩いらしくてな・・・
「あぁ、この間の娘か」
で、私の出番というわけだが。
「お、お前はダメだろう。謝った道に踏み外す!」
何を言う!7年間ヒッキーなんてむしろ人生相談受けるべきな貴様よりマシだ!

揉み合っているとカミーユにベルトーチカが近づいた。

「あら、どうしたの?」
「ベルトーチカさん・・・」
「何か悩み事?」
「えぇ、何か変なんです。胸のあたりが苦しくて・・・」
「もしかして恋煩いだったりして!」
「そ、そうかも・・・しれません」
「なんだー、そんなことか」
「そんなことって」
「そういう時はね」

・・・おいおい。その手の動きはなんだ。

「一発抜いちゃうのがいいのよ!」
「あっ!ちょっと、ベルトーチカさん!?」
「聞いてるのよ?あなたの噂・・・フフッ」
「・・・ボクの愛馬は狂暴ですよ?ニヤ」

この女・・・さすが「”愛撫”が今年の抱負」なだけあるな。
「待てー!それは俺んだーっ!」
ガシッ
「シャア!?」
さてと。やはりこういう時は女性は頼りになるなァ。野暮ったい大人は退散しよう。
「こ・・・こら、何をするシャア!」
ハハハ
「離せー!」
ハハハハハ

血の涙を流すアフロを引きずって、私は高笑いしながらその場を去った。
良いことをすると気分がいいな。

次の日、アフロがいつも以上に塞ぎこんでいたがきっと天気が悪かったせいだろう。

139 :通常の名無しさんの3倍:02/01/21 03:47
とrくぁわれたミライが。
シンデレラ・フォウが。
涙無しでは見れなくなってしまった。。。
笑ってしまって。
名作だったのに・・・ぷぷぷぷぷ

140 :通常の名無しさんの3倍:02/01/21 23:48
>>138の最後一行は反則(w

141 :シャア・アズナブル:02/01/22 00:36
カミーユがビルでフォウと密会。
しかし、あのスケコマッシーが愛など語ってよいのか?
わたしは哀だけなのに。アイ♪フルエルアイ♪
せめて屋上でおっぱじめるのだろうかという私の淡い期待には応えてくれよ。
カメラはセッティング済み。

「わたし、昔の記憶がないの・・・」
「フォウ・・・」
「だから私、昔の記憶が欲しい・・・だからサイコガンダムに乗ってる」
「思い出なんて、これからいくらでも作れるじゃないか」
「!」
「昔の記憶なんて捨てたって!」
「・・・」
「過去なんてどうでもいいじゃないか!」
「カミーユ・・・私・・・」

ゴゴゴゴゴ

そんなわけがあるかああああああ!
「た・・・大尉!?どうしてここに!?」
「あ、こないだ撃墜したオジサン」
昔の記憶なんて、過去なんてどうでもいいだと!?
ならば!ならばだなあ!


過去の栄光しか誇れるもののない!私の立場はどうなるっていうのだ!!!


ドーン
「・・・」
「・・・」
はぁ・・・はぁ・・・。
「それも・・・そうね」
「そうだよな、過去を取った人間なんて所詮こんなもんなんだよな」
「クソッタレね」
「救いようのないカスだ」
わかってくれたか・・・。
「わたし、サイコガンダムに乗る。そして自分の記憶を、過去を取り戻すわ」
「そうだね。それがいい。フォウにはゴミになってほしくないから・・・」
「カミーユ・・・」

2人はしばし抱擁し、あるべき場所へ帰っていった。
若人達よ、それでいい。君達には未来がある。
しかし・・・どにか釈然としないのだが・・・なぜだかわからない。
おっと、今日はゴミの回収日だったな。

142 :通常の名無しさんの3倍:02/01/22 00:55
むふ

143 :マムロ:02/01/22 10:32
ヒッコリーから宇宙に出るはずだったカミーユとシャアが何故か地球に残って、
一番危険な男だけが宇宙に行ってしまった。
シャアが言うには「私が出なければやられていたんだぞ!ゴルァ!!」などと言
っているが、どう見ても俺とカミーユで十分だったような気がする・・・。

ハヤトが、俺専用の新しいMS設計図を持ってきた。リックディアスをベースに
地上用の装備を強化したらしい。パース画を見る限りではなかなかカコイイ。
これならまぁ満足だな。意気揚々ルオ商会に出向こうとした所にシャアが来た。
「ほう、新しいMSのデザインか・・・。」
嫌な予感はしたが、ハヤトに「じゃ、それで進めてくれ」と念押しして出かける
事にしたが途中、通路でカミーユとすれちがった。

「アムロさん、お出かけですか?」
「ああ、ルオ商会とコンタクトをな。」
「あ、そうだ、実は今度Ζガンダムを作るらしいんですが、そのデザインやアイ
 デアを今まとめてるんです。ちょっとだけ見てもらえますか?」
「ああ、どれどれ・・・。」(なんじゃコリャ?)

小学生の図工みたいにヘンテコリンな絵が描いてあった。所々に注釈があって、
『MSから飛行機に変型する!大気圏も突破できる!!』とか書いてある。
カミーユがあまりにもキラキラした目で説明するので、ついついツッコミもなく
「うーん、画期的だな・・・。」などと同意して見せた。
「やっぱりそうですよね?やった!ブリッジにいってきます!!」
・・・・嫌な予感が倍増した・・・。

途中、どうにも気になったのでハヤトに連絡してみた。
「ハヤト、新しいMSの件だが・・・。」
「ああ、大丈夫だよ、アムロ。(ププッ」
「な、なんだ!?何を笑っているんだ!?」
「大丈夫だって。んじゃぁ。・・・・あ、アムロ・・・ゴメソ(ボソッ」
回線が切れた。ゴメソ!?どういうことだ?会話中、後ろでシャアとカミーユの声
がしてたな?羽根がどうとかって・・・。うぉぉ!!気になるぞ!!

ルオ商会の一件があって、しばらくMSの事を忘れていたが、その後、現物が納品
されて来た。

・・・今、無性にカツと会いたい気分だ・・・・。

144 :通常の名無しさんの3倍:02/01/22 23:52
マムロうざい。おもんない。
職人の邪魔すんな。

145 :通常の名無しさんの3倍:02/01/23 00:07
>そんなこというなよ、比較して楽しいじゃないか。

146 :通常の名無しさんの3倍:02/01/23 00:45
>>143
イイ

147 :通常の名無しさんの3倍:02/01/23 00:54
>>143
マムロは低めのテンションでいいね。

148 :通常の名無しさんの3倍:02/01/23 02:02
微妙にカツスレとリンクしてるYO!

149 :クロ號:02/01/23 04:40
定期AGE

150 :通常の名無しさんの3倍:02/01/23 05:32
>144
○○以外の書き込み禁止のスレは長続きしなくなるぞ。
序盤から読んでいるが、マムロの書き込みは事実イイと思うし。
直球でくるシャアとは毛色が違うけどニヤリとさせられて上手いと思う。

151 :通常の名無しさんの3倍:02/01/23 13:24
マムロも頑張れ。少なくとも漏れは楽しみにしてるぞ。
あ、勿論シャアもね

152 :シャア・アズナブル:02/01/23 20:46
太平洋上のアウドムラにスードリは猛攻撃をかけてくる。
なんとか雑魚は落としたが、あのデカブツはとても落とせない。
”巨大兵器にはなぜか戦闘機で特攻すれば大ダメージを与えれる法則”は今回使えそうにない。
攻めあぐねていると、カミーユがサイコガンダムに取りついた。
折角だから覗いてみよう。


「フォウ…僕は君に言い残した事がある。」
「何?あたしに?」
私は近頃、残尿感があるのだが。
「そう、残尿感の事だ。僕はまだ若いから尿ギレもいいし問題ない」
「それが言い残した事なの?」
「あれ?おかしいな」
両親の話だろう。
「そうだ。父には愛人がいた。母はそれを知っていたけど何も言わなかった。何故だと思う?」
「何故?」
坊やだからさ。
「そう、坊やだったからさ。母はエマニエル坊やだったんだよ。シティコネクションとかね」
「懐かしいわね、あの子今いくつかしら?」
私はアーノルド坊やとよく間違えるよ。
「あぁ!なんか話が進まない!ええっと・・・幼なじみの子が僕に言うんだよな」
耳たぶを噛む癖をやめなさいって。
「”そこは感じちゃうからカミーユ、ダメェ!”って。こんなふうに、カプ」
「あ・・・あたしもダメェ・・・」
私も耳は弱い。性感帯も通常の3倍。
「僕にはそれが嫌だった。だってさ、カミーユってのは」
女の子の名前だからな。日本でいえば”あゆみ”みたいなものか。あゆみ・ビダン。
「あゆみ・・・じゃああたしの名前って”四郎”みたいなものかしら・・・」
誰のせいか知らないがさっぱり話が見えんな。
「だから空手やホモアビスもやったしモビルスーツを作ったりもした」
ホモアビスって名前からしてすでに男らしくないな。
「いい女がいたら見境なくおま○こ崩しまくった。男の証明をを手に入れたかったんだ」
それは男じゃなくて雄の証明だって!
「俺・・・俺は何を喋ってるんだ・・・フォウ!俺・・・何でこんな事を・・・」
「あたしもまるで分からなかったわ」
ひょっとして私のせいだろうか?イヤイヤイヤ、そんなはずは。
「カミーユ・・・カミーユ、もう一度だけ聞いていい?これからもおま・・・崩しまくるの?」
「するさ。もはや条件反射だもの」
「そう・・・互いの居場所に戻りましょ。ここはあなたにはふさわしくないわ」
「本気なのか!?フォウ!フォウ!」
ズイズイ
「出ていって!もういい!アアッ!イヤッ!」
「フォウ!でも!ここはもうこんなになってるよ!」
「アアッ・・・ヤダッ!触っちゃダメぇ!おかしくなっちゃう!アアーッ!」
「場所は・・・下・・・いや、正面か?」
「もうちょっと下・・・アァン、場所を確かめるフリなんてして焦らさないでっ!はやくぅ!」
「フォウーっ!!!」
「アア・・・アアァァァ・・・!カミーユ・・・カミーユ・・・イイーーーッ!」

外は凄まじい事になった。
操縦系を接続したままカミーユとまぐわったフォウの脳波は乱れに乱れ、敵味方関係なく砲火を浴びせまくった。
スードリは撃沈。アウドムラも中破するダメージを負った。
カミーユとフォウが達して砲火が止む頃には、あたりは焼け野原になっていた。
これが・・・若さか。

後で事情を知ったハヤト達にカミーユともども修正された。

153 :シャア・アズナブル:02/01/23 20:48
ちなみに、実際はカミーユは女の子の名前ってわけじゃないのであしからず。

154 :通常の名無しさんの3倍:02/01/23 22:01
「静香!」

ジェリド「なんだおっさんか。」
亀井「静香がおっさんの名前で(以下略)」

155 :sage:02/01/23 23:11
シャアとカミーユも分かり合ってるって事か。

156 :155:02/01/23 23:19
おお
名前に下げって書いてしもた。僕っておばかさん〜


157 :通常の名無しさんの3倍:02/01/23 23:43
>>152

・・いい 今までで一番ワロタ。


158 :通常の名無しさんの3倍:02/01/23 23:50
>>152
笑い死ぬかと思ったぞ、職人。

159 :通常の名無しさんの3倍:02/01/24 00:28
>>152
あんた職人の鑑だよホント、マジで

160 :通常の名無しさんの3倍:02/01/24 01:02
>>152
そこで宇宙に行かんでいいんかい?
また歴史が変わってるぞ(w

161 :通常の名無しさんの3倍:02/01/24 01:27
>>152
あんた、面白すぎるよ・・・。

162 :通常の名無しさんの3倍:02/01/24 02:03
マムロはもうやめろ
漏れからいわせればおまえは「荒らし」だ。

163 :通常の名無しさんの3倍:02/01/24 04:04
>>162
オマエガナー

と、荒らしの思う壷にはまってみるテスト。

164 :マムロ:02/01/24 10:42
うーん、なんか結果的に荒らしてしまって誠に申し訳ありません。覗きに来てびっくりしました。
私は流しの職人(自分で言うのもナンですが・・。) で、スレ常駐型職人は現在はしていません。
書き込みをする時は、スレ立上がりの方向性が定まるまでと途中のスレ保全の為の繋ぎ等で、職人
の邪魔はしないようにしているつもりでしたが、こうなってしまって残念です。

>>144>>162はココの職人の方ですよね・・・?
こんな感じの職人同士の対立が嫌でsageの流しに転向したのですが、結局、対立を生んでしまって
申し訳なく思っています。もう邪魔はしませんので、どうぞ続けてください。
フォローしてくださった方々、ありがとうございました。

165 :通常の名無しさんの3倍:02/01/24 13:23
いずれにしてもマムロ君はキリマンジャロまで待機でしょうな。


166 :名無しさん@Emacs:02/01/24 14:00
マムロも良いと思うんだけどなぁ。
止めちゃうんですか?続けて欲しいな。


167 :シャア・アズナブル:02/01/24 15:48
>>144>>162はココの職人の方ですよね・・・?

まったくの別人だが。
私はネタを書くことにしか興味がないしべつにここは私のスレじゃない。
誰が何のネタを書こうが自由だろう。
マスを掻くのが自由なのと同じようなものである。

ネタは書きたいから書く。
マスは掻きたいから掻く。

下らないことだと思っていたので静観していたが、どうも最近争いが酷いので。
マムロに限らずネタがあれば書けばいいだろう。
スレとはそういうものではなかったか。

168 : :02/01/24 17:44
「マムロ、逝きま〜す」 で専用スレ立てようか?w
マムロもがんばれ 

169 :通常の名無しさんの3倍:02/01/24 20:25
マムロだって立派に職人だと思うが。
シャア贔屓なのは一向に構わないが、特定の職人見たさに他の職人
蹴り出すのは優雅じゃないな。

170 :通常の名無しさんの3倍:02/01/24 20:29
漏れマムロマンセーなんだけどな
つーか叩いてるのって一人だけだろ
そいつ職人とも思えんし。

マムロカンバーっク!

171 :通常の名無しさんの3倍:02/01/24 23:21
素のシャアも別の意味でカコイイな…。
ネタ出し出来る人応援age

172 :通常の名無しさんの3倍:02/01/24 23:23
マムロかむばっく!シャーがさびしがってるぞ!

173 :通常の名無しさんの3倍:02/01/24 23:41
>>167
>まったくの別人だが。
よくいう、今度から書きこむ時は、変数吐かない串でも刺しとくんだな。

174 :通常の名無しさんの3倍:02/01/24 23:44
>>162 が一番このスレにアラシてると思うのだが? 気のせいか?

175 :通常の名無しさんの3倍:02/01/24 23:46
>>173
お願いだから勘弁してくれ、こんな良スレを荒らしで失いたくない。

え?放置しろって?…スマソ、吊ってきます…

176 :通常の名無しさんの3倍:02/01/25 00:23
>>171

>素のシャアも別の意味でカコイイな…。
ハゲドー(w

177 :通常の名無しさんの3倍:02/01/25 00:45
>>162
奴はスレ殺しか!? 通常の三倍の早さで良スレをつぶした・・・

178 :通常の名無しさんの3倍:02/01/25 01:00
俺達には総帥がいる、大丈夫だ。

179 :通常の名無しさんの3倍:02/01/25 01:06
162はあるネタを書きました・・・しかし面白く無いといわれ頭に来たのです・・・・
何を思ったのか彼は・・・・手当たり次第職人を叩くようになりました・・・どんなネタを書いても「つまらん」や「こんなんで調子にのるな」等々・・・
彼は自分の弱さを叩くことにより紛らかしているのです・・・そうです、彼は心の弱い人なのです。
彼のような人は1人だけではありません。弱い心は誰でも持っているのです、しかしそれを露にしないでください
悲しい事に自制の効かない人もいますが彼等を恨んではいけません、彼等がまた社会に復帰できる心を持つまで
温かく見守っていてください。しかしその為に傷つく人も居るという事を忘れないで下さい。

180 :通常の名無しさんの3倍:02/01/25 01:17
    放 置 し ろ ぃ ょ ぅ

181 :通常の名無しさんの3倍:02/01/25 02:27
マムロも好き。
がしかしシャアカコイイ!!
もっと惚れてシモタ

182 :通常の名無しさんの3倍:02/01/25 11:53
バルデラマを知らなかったので検索
http://www.nikkei.co.jp/topic2/wcup98/gallery/2286m008_23.html
なるほど・・・(w


183 :通常の名無しさんの3倍:02/01/25 19:42
------------ごたごた終了!--------------
職人さん、続きよろしく。

184 :シャア・アズナブル:02/01/25 23:37
一緒にいると命がいくつあっても足らんとカミーユともども宇宙へ追い出されそうになる。
すっかり地球の空気に馴染んでいたので嫌がっているとアフロに銃を突き付けられた。

「人の善意を無視する奴は一生苦しむぞ、特にカミーユ」
どこが善意だ。やはりこの間のベルトーチカおま(略)を恨んでいたか。
「あれはベルトーチカさんが誘ったんですよっ!ボクは正義です!正義はボクが決めますよっ!」
・・・また変なのに感化されて。
「ええい!いいからとっとと宇宙へ行ってしまえ!」
ちっ。いつまでも地球に居座るヒッキーめ。重力に引かれて回線切って首吊(略

私とカミーユは臨時に用意したブースターで宇宙へ上がっていった。
さらば地球。さらばアフロ。ばさら熱気。
戦争なんて下らないぜ、私のネタを聞け〜♪


「行ったか・・・これで厄介払いができたな」
「・・・」
「ん?どうしたんだベルトーチカ」
チッ
「なんで舌打ちしてるんだよっ!?」
「(愛馬・・・)」

185 :シャア・アズナブル:02/01/25 23:39
帰ってきた。帰ってきたぞ、宇宙に。
相変わらずブライト艦長は文句しか言わないしエマ中尉の頭はきと・・・
自分のあるべき場所に帰ってきた感じがする。

感慨にふけっていると、敵機の接近である。
モニターに移った映像を見ると・・・

カブトムシ・・・
「カナブンですよっ!」
「いいえ、あれはセミだわっ!」
カミーユ、中尉。それ系のネタはもういいんだ。もう十分だよ。

「カミーユ!この時を待っていた!今日こそ汚名を挽回してやるっ!」
「おまえの名誉なんて返上させてたまるものかよっ!」
君たち、戦争はいいから学校に行ってきなさい。

闘ってみるとさすが新型機。
意外に強くカミーユ、私、中尉の3人がかりでも圧倒される。
しかもジェリドの1号マウアー・ファラオと2号ライラ大尉が参戦。
余計に劣勢に。

「ジェリド!助けにきたわ!」
「おぉ、マウアー!後で可愛がってやるからなヌフフフフ」
「あたしも忘れるんじゃないよ!」
「勿論ですよ大尉!ハァハァ」

こいつ・・・悪い男になれる素質があるな。
ん?(ジュル)
私はたしかに聞いた。マウアーの声を聞いたカミーユが新たな獲物を見つけた獣のように舌なめずりする音を。
この男は・・・
しかし、新型機の脅威にさらされ宇宙に放り出されるカミーユ。さらば。
だが、突如現れたスーツキャリアと新型機・Zガンダムの登場で事無きを得る。

シャワーを浴びに自室へ戻る途中。

「アアッ!カミーユ!ダメ、アハァ・・・!」
「駄目だよファ!命を助けてくれた人にはお礼をしなきゃ駄目だって!父さんも言ってた!」
「ヒァッ・・・イイイーーーッ!」
「ありがとう!ありがとうファ!」
ヘコヘコ

・・・誰への、お礼だって?
時代はスケコマシを求めているのか・・・?

186 :シャア・アズナブル:02/01/25 23:43
廊下でファに会った。

「ご苦労様です、クワトロ大尉」
な・・・なに!その服は!?
「支給された艦内服ですけど・・・」
ちょっと待て。艦内のどこを見まわしても着ている人が君しかいないではないか。
「それはそうなんですけど・・・」
ジロジロ
「じ・・・じろじろ見ないで下さい!」
”男は女を目で犯す(三島由紀夫)”とはよく言ったものだ。
私は悪くない。なにも悪くない。この服がすべて悪いんだ。ジロジロ
「じ・・・実は・・・これを着てから艦内の男性の方の視線がものすごい気がして・・・」
ほほう、そりゃそうだろう。ジロジロ
「ああっ!やめてください・・・」
ひょっとしてファ君は露出の気が?
「ありません!ああっ、でも・・・視線が絡みつくような」
そ、それはそうと、これじゃ大変だろう。
「え・・・えぇ」
とにかく、掛け合ってくる。

私だけが楽しむなら問題ないが、あれでは襲ってくださいと言ってるようなものだからな。

ブライト艦長!
「どうしましたクワトロ大尉」
なんですかじゃない!あのファ君の服はなんなんだ!
「い、いや・・・」
あそこまで露骨だとまるでお前らのニーズに応えてやってんだよフフンって感じがアリアリで嫌な感じではないか!
「ニーズだったんですか?」
と、とにかく!あれではいつ暴行事件が起こるかわからんぞ(特に私がな)。
「まあまあ。ブレックス准将がなんの考えもなしにあのデザインを採用したと思っているのですか?」

「これを見てください。宇宙世紀以前の資料にある伝説的な喜劇の衣装なんですよ」
・・・こ、これは!
「地球圏の悪であるティターンズを打倒するための組織に地球古来の衣装をとりいれた一種の皮肉ですよ」
なるほど・・・私が浅はかだったようだ。
「もちろんゆくゆくは艦内女性クルーすべてあの衣装にするようです」
わかった。

しかし・・・昔の地球はすごいオープンだったのだな。
パンツ丸見えが当たり前だとは・・・
このヒロイン達も実に堂々たるものだ。
歪んだ見方をしてた自分が恥ずかしい・・・
シズカ・チャンにワカメ・チャンか・・・

187 :通常の名無しさんの3倍:02/01/25 23:46
ワラタ

188 :通常の名無しさんの3倍:02/01/26 01:31
シャア全開だな。
もうどうなっても知らないぞ。

カミーユとジェリドの掛け合いも本当っぽくて藁える

189 :通常の名無しさんの3倍:02/01/26 13:51
そうかっ!ワカメチャンだったのか! Σ(゚Д゚;)

190 :通常の名無しさんの3倍:02/01/26 14:34
ミニスカパンチラあげ

191 :通常の名無しさんの3倍:02/01/26 15:42
マムロ復活祈願age

192 :名無しさん@Emacs:02/01/26 19:37
このスレ読んでたら久々にZを見たくなった。

>>191
> マムロ復活祈願age

同じく。でも sage。


193 :191:02/01/27 02:03
再びマムロ並びにシャア復活祈願age
ウザイのでこれで最後にします・・。
 
あと、>>154
亀レスだけど東京へ行ったとき
兄貴の友達にそんなこと言われ
ちょっとむかついたらしい
(修正はしなかったけど)

194 :クロ號 :02/01/27 10:25
age〜

195 :通常の名無しさんの3倍:02/01/28 03:15
良スレage

196 :154:02/01/29 02:14
>>193
なんと実話だったかね!
しかし静香は完全に女の(以下略)

197 :クロ號:02/01/29 08:12
age〜

198 :シャア:02/01/29 10:04
                  _,..,,_  /丶
                 r':::ゞ ^ -丶/...,,,_ ,..,_        /~^'‐-,,,___
              ,,_  lヾ  ,i'〇'lヽ\ /丶i,       ~^'‐-,,,___/    /ヽ
             ,,, ~^7'‐-..,,,;l,,二--' ,,.。i()'l,      /~^'‐-,,,___    / /
         ヽ∧/l   ̄7~^二=     ~'~ ''-'l__,,,___  ~^'‐-,,,.___/  / /
        / ):::lヽ7 ‐''''''l^~      ,,.-'''^ヽ,  /='‐-ニ;;.       / /
       /  l  (    l  」   i/l/l/,‐~  ~^'‐-,_      ./ /
      /  / l   'i  /  7 l ̄   l;;;;;;;//'~           / /
      /  / 'l   'i,/        l;;;;;//'           / /
       /  'l   ヽ       l;;;/ /            ヽ./
       /   人          l/ /            __
         ,/            /          __l l___
       ,/             丶         l__  _ /
       /            人  l           l l //
      /            /  ヽ,  l          .l l
     /            /   7w'          l__l
     ,l            /   / /        /ヽ
    ,il      ノ..........::;;/   / /        / /
   ,i' ~i,_  _,,,-‐'‐;;;;/''^ /   / /         / /
  ,il,,,/ l ~/~   / /  /   / /        / /
  ,ilト'  ,l i'    / /  /             / /
 il'   7w'   / /  /             / /
/'   / /   / /                ヽ/
   ./ /                  _ _
   ./ /                  l_l l_l /ヽ
  / /                     / /
                         ./ /
                         `

199 :変わりに何かネタ書きたいけど思いつかない男:02/01/29 16:07
マムロもイイ。>>74とかワラタヨ!
TVではシャアが宇宙に上がってる間は出番がなかったけど、
ここでそれを補完して欲しいニャ〜…
ベルトーチカとヤリまくりだったのかにゃ〜?

WC開催記念ってことで
シャアのさりげなく?挿入されるサッカーネタも
また読みたいけど、注文はつけません。

復活祈願age

200 :通常の名無しさんの3倍:02/01/29 16:07
200とっぴ

201 :通常の名無しさんの3倍:02/01/29 23:59
まだだ、まだ23話くらいしかおわっとらんよ!!

202 :^:02/01/30 06:08
あえて言おう!!
……ごめんなさい。やっぱり名スレですw

203 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 00:19
「しょ、職人!掲載してください〜!!」

「すまない。いち読者にはリクエスト権はないのだ。だが無駄レスではないぞ!」

204 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 02:31
お待ちしております。

205 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 02:57
カミーユも登場してホスィね。
漏れに文才があれば書くんだが。

206 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 04:15
珍走のカツ

207 :通常の名無しさんの3倍:02/01/31 05:56
>>206
不吉な...(w

208 :クロ號:02/01/31 10:24
age

209 :インターバル:02/01/31 14:57
((シャア「ララァー、奴との戯れ言を止めてくださーい!
      どう思う?戯れてたよ今!
      最前線で戦ってるのに戯れてたよー?感じわるいねー?」))

クワトロ「・・・ハッ!夢か・・・重力に魂を引かれるとはこういう事か」

210 :^:02/01/31 17:33
>>209
(・∀・)イイ!

211 :サラ・ザビアロフ:02/02/01 02:08
 ジュピトリスモビルスーツ開発部の人から「これキャプテンにもってっ
てよ」と分厚い雑誌を何冊か渡された。月刊モビルスーツジャーナルとかの
専門誌だった。
 パプティマス様に雑誌をジ・Oが表紙を飾った雑誌を渡すと、最初は
嬉しそうだったのに、ぱらぱらページをめくっていくうちにだんだん
「不愉快だなこの感覚」的顔になり、ついに雑誌を放り投げてしまった。
開いてあったページには「ガブスレイ、素晴らしい性能だがデザインが
セミ」、「ハンブラビ、斬新なデザインラインだが立ってる姿はイカ、
MA形態はヤッコダコ」との評が載っていた。
「開発者の一言」にパプティマス様の「技術とは自然の模倣なのです」の
コメントがちょっと哀しい。

212 :通常の名無しさんの3倍:02/02/02 05:01
ageちゃお

213 :通常の名無しさんの3倍:02/02/02 17:30
サラしあげ

214 :キュベレイ:02/02/02 17:31
>>211
なんか(・∀・)イイ

215 :クロ號:02/02/02 20:30
最近シャアがでてこないage

216 :通常の名無しさんの3倍:02/02/02 20:59
>>211

PMX-005 タイタニアはどう書かれていた?



217 :サラ・ザビアロフ:02/02/03 00:10
>>216
 ジ・Oの次に発表したのがタイタニアだったらしいですけど
専門誌に最初っから「あのぴーきーなジ・Oがファンネル搭載して
バージョンアップ!」って書かれちゃってパプティマス様怒ってました。
その上「火力、機動性に加えファンネル搭載で最強の機体とも言えるが
白いダルマでは女性が乗りたがるか疑問」って解説されちゃって
パプティマス様、らしくないんですけど落ち込んでるみたいです‥。


218 :通常の名無しさんの3倍:02/02/03 12:19
サラ編面白いね

219 :サラ・ザビアロフ:02/02/04 00:53
 私、ティターンズなんですけどいいんでしょうか?
差し支えない話だったら出来ますけど‥。

220 :サラ・ザビアロフ:02/02/04 02:13
 ボリノーク・サマーンの時も、発表前にパプティマス様からデザイン草稿
見せられて感想聞かれたので、やっぱり誉めておこうかなと思って
「今度はニホンのアニミズムがテーマですか?カッパですね!」って
言ったら、パプティマス様、暗い顔で「‥クマさんだよ」って。
後でそのカッパに私が乗る事になっちゃったんです‥。
『ハーフムーン・ラブ』の服のセンスといい、このクマさんといい
私の趣味じゃないのに、「センス悪い」って思われちゃって
あ〜すっごい、鬱。

221 :連作・0087:02/02/04 03:05
「大尉はジオンの赤い彗星なんでしょう」
と新入りに聞かれた。
「ちがうよ」
と答えたら殴られた。
誰が流した噂か知らないが、最近私をシャア呼ばわりする奴が多すぎる。
私は「いまの私はクワトロ・バジーナだ。それ以上でもそれ以下でもない」
と言い続けているのだが、皆が私をシャアと呼ぶ。
幼年学校時代、級友から陰で「コーン」と呼ばれていたころを思い出す日々だ。
赤くて悪いかよ。
早くて悪いかよ。
わざわざアクシズからやってきて、エゥーゴ設立に協力した俺をシャア呼ばわり。
お前らな、ソース出してみろと。
シャアと言いたいだけちゃうんかと。
「戦場を駆ける赤い稲妻。そう、俺がジョニー・ライデンだ!」
と、何度言いたかったことか。

朝起きたら、枕が涙で濡れていた。
ジーク俺。

222 :連作・0087:02/02/04 03:06
「人は何かを得る時、同時に何かを失う」
そんなことを言った奴がいた。
私もそう思う。

これは私的なニュータイプ論であるが、ニュータイプとは人類の進化ではない。
むしろ奇形化だ。
奴らはニュータイプ能力の代償に、何か人間としての大事なものを失ってしまったのだ。
たとえば、個人の識別能力とか。

今日、初めてアムロ・レイに会った。
「連邦の白い悪魔め!」
と叫んで飛び掛ろうと思ったが、その前にシャア呼ばわりされた、鬱。

223 :連作・0087:02/02/04 03:07
アクシズ軍と、なぜか戦闘になる。
白いMA(MS?)と遭遇。
はて?たしかあれはAMX-004ではないだろうか。
アクシズを出る前には、MAN-08の後継機ということで、キュベレイは緑色のカラーリングだと聞いていたが。
試みに回線を開く。
「…よう、あんた白狼だろ?俺は赤い稲妻…そう言えばわかるな?」
「知らんな、赤い彗星の間違いではないのか?」
「…マツナガか?」
「…」
「なんでここにいるんだよ」
シャアは、ミネバを拉致して逃げたらしい。
ハマーンは、シャアを追いかけて失踪したらしい。
ペド野郎氏ね。
そう思いつつ、適当に戦って、白狼と別れた。

224 :連作・0087:02/02/04 03:07
コロニーレーザーで、ティターンズ艦隊が壊滅した。
これでやっとアクシズに帰れる。
と思ったら、なぜか生身でシロッコ&ハマーン(白狼)と銃撃戦をするハメになった。
「貴様のようなニュータイプのなりそこないは、粛清されるのだ!」
うるさいヴァカ、おまえらガイキチと一緒にするな。

すったもんだの末、白狼と一騎打ち。
「こんな形で勝負をつけるとはな…」
「シャア、私と来い!」
おっさん、役にハマりすぎだよ。
適当なところで失踪する。

225 :連作・0093:02/02/04 03:09
あれから5年、俺はネオジオンに参加した。
一兵士だが、それも良し。
ナナイという彼女も出来た。
彼女は総帥の愛人役をやらされているが、シャアは20過ぎでは立たないから、まったく心配していない。
戦争しか飯を食う方法を知らなくても、なんとか結婚できそうだ。
とか思っていたら、
シャアはチベットで拾った炉を連れて、地球に逃げたらしい。
もう一発、落としてやりたい。
いや、むしろ落とす。

226 :連作・0093:02/02/04 03:09
「少佐!できました!!」
朝起きたら、ナナイが興奮して叫んでいた。
ありがとう、少佐と呼んでくれるのは、もはや君だけだ。
それはともかく。
「そうか!男の子ならアフランシという名前にしよう!!」
と喜んでいたら、赤い稲妻2世ではなくて、新型MAのことだった。
とりあえず視察に行く。

「アルパ・アジールです」
でかい、でかいが…
「…たしかこれ、AMX-002の後継機だよね…何で白いの?」
「パイロットの希望でして」
「…緑じゃないの?」
「白です」
ふと見ると、髪を緑に染めたマツナガが、悲しそうな顔で立っていた。
「大佐…ナナイを…ナナイを折檻…折檻して…」
最後のほうは、嗚咽で言葉になっていなかった。
「わかった…折檻する…折檻するから…」
シャアはいつか殺してやろう。

二人で痛飲した。

227 :連作・0093:02/02/04 03:10

「少佐!できました!!」
朝起きたら、ナナイが興奮して叫んでいた。
ありがとう、少佐と呼んでくれるのは、もはや君だけだ。
それはともかく。
「そうか!男の子ならアフランシという名前にしよう!!」
と喜んでいたら、赤い稲妻2世ではなくて、新型MAのことだった。
とりあえず視察に行く。

「アルパ・アジールです」
でかい、でかいが…
「…たしかこれ、AMX-002の後継機だよね…何で白いの?」
「パイロットの希望でして」
「…緑じゃないの?」
「白です」
ふと見ると、髪を緑に染めたマツナガが、悲しそうな顔で立っていた。
「大佐…ナナイを…ナナイを折檻…折檻して…」
最後のほうは、嗚咽で言葉になっていなかった。
「わかった…折檻する…折檻するから…」
シャアはいつか殺してやろう。

二人で痛飲した。

228 :完結・0093:02/02/04 03:11
勢いでここまで来てしまった。
「おかあさん…そうか」
ちがう、ちがうんだアムロ…
頼むから、脳内で話を作らないでくれ。
地球が迫ってくる。
もうだめだ。
せめて、シャアのいる場所に落ちたい。

229 :通常の名無しさんの3倍:02/02/04 03:32
…なんだかなぁ

230 :通常の名無しさんの3倍:02/02/04 08:36
意味がワカラン。
あの笑いはもう逝ってしまったのかな。寂しいな

231 :クロ號:02/02/04 11:21
んー、文才は認める。けど、流れに乗って欲しかった。
いきなり逆襲のシャアまで行くのは早かった。

あと、シリアスな話だとみなさん引いてしまうからね・・・。

232 :デスクリム損:02/02/04 12:35
 俺が機械いじりをしているとクワトロ大尉がやってきた。
クワトロ 「おや、カミーユ君、それは何だ?」
カミーユ 「ハロを拾ったときに一緒に拾ったカプセルに入ってた、
      旧世紀のゲームみたいなんですが…。」
クワトロ 「ほう…なかなか興味深いな。」
カミーユ 「今、翻訳機を取りつけたので起動してみます。」
クワトロ 「うむ。」
 電源を入れる俺。
カミーユ 「何だ…これ、戦争してるみたいだ。」
クワトロ 「いつの時代も人はあまり変わらないものだな…。ん!?」
   
  『せっかくだから、俺はこの”赤い”扉を選ぶぜ。』

カミーユ 「…ちょっと、クワトロ大尉、何泣いてるんですか!?」
クワトロ 「同じ…か。」
カミーユ 「何言ってんの?何言ってんのー!?」
 とても操作性の悪いゲームだったけど、クワトロ大尉は楽しそうに
 遊んでいた。
 二人ともミーティングに遅れてブライト艦長に修正された。


 わかんない人すいません。

233 :通常の名無しさんの3倍:02/02/04 12:39
糞スレ認定

234 :通常の名無しさんの3倍:02/02/04 13:16
残念だああああああ

235 :通常の名無しさんの3倍:02/02/04 14:33
 マジで迷走しちゃったのか‥。

236 :通常の名無しさんの3倍:02/02/04 15:14
シャア・アズナブル、カムバック!

237 :通常の名無しさんの3倍:02/02/04 15:16
>>231
ジサークジエン!!ワル!カコイイ!!(・∀・)

238 :通常の名無しさんの3倍:02/02/04 16:37
分かんない人すみません

239 :クロ號:02/02/04 22:31
>>237
俺はこのコテハン以外使ったことないですよ?


240 : :02/02/05 00:34
さよならツャァ少佐・・・

241 :通常の名無しさんの3倍:02/02/05 00:43
おなかがよじれる程に笑わせてくれたシャアに。
敬礼…サヨウナラ…(マジでカナシィ)

242 :通常の名無しさんの3倍:02/02/05 10:00
戻ってきてくださーーいっ!!シャア大佐ーーっぁぁぁ!!

243 :mmm:02/02/05 14:37
シャアさーん!

244 :シャア・アズナブル:02/02/05 21:11
べつに居なくなったわけではないのだが、最近忙しくてネタを考える暇がない。

245 :シャイアンの引篭り:02/02/05 22:18
>>244
なぜ地球圏に戻ってきたんです?


246 :通常の名無しさんの3倍:02/02/06 02:12
キャアアアアアアアアア!!!!!!!シャアさんイターーーーーーー!!!!
あー。なんてアホっぽいレス。
でもあまりの嬉しさに…へへ。楽しみに待ってマース

247 :通常の名無しさんの3倍:02/02/07 01:42
>>244
シャア様ぁぁぁぁ!!
いつでも待ってます!!よってage(謎

248 :通常の名無しさんの3倍:02/02/07 22:45
コロニー落としマンセー!!
期待age!!ageage!!

249 :通常の名無しさんの3倍:02/02/09 00:13
優良スレ安芸

250 :シャア・アズナブル:02/02/09 00:16
今日もエマ中尉の髪型を見て隠れて笑っていた。
あれは・・・いったい何なのだ?時代の最先端?
最先端と先端部をかけているのか。うぅむ、奥が深い・・・

「何してるんですか?大尉?」
カツか。
「何さっきから笑ってるんですか」
いや・・・エマ中尉がな・・・
「中尉が?」
中尉の頭を見て、何か思わんかね?
「?」
だから・・・ゴニョゴニョゴニョ・・・
「・・・」
どうだ?
「おかしいですよ!そんなの!」
ん?
「だってち○ぽってもっと赤いじゃないですか!血管だって浮いてるし!」
イメージの問題だよ。あのシルエットがアレを想像されると何故思えない?
「あんなの断じてち○ぽじゃありませんよ!」
その硬直した固定観念こそ人の革新を遅らせているとなぜ気付かんのだ!
あれはち○ぽだ!ち○ぽだよ!
だからお前は馬鹿なのだよ!
「・・・大尉、楽しそうですねぇ」
はっ!エマ中尉!?
し、しまった。つい大声で・・・
他のクルー達も中尉の手前、腹を抱えながら笑いに耐えている。
「・・・そのお話、私にも聞かせてもらえません?」
こ・・・殺される。
これはいつものパターンか。パターンなのか?
私はもう生還できる自信がない。ヒーカールーカーゼノナカー♪
「中尉・・・」
カツ?
「どうしたの、カツ?」
「中尉は断じてち○ぽじゃありませんよ!」
「ち・・・ちょっと、大声で!」
「本当のち○ぽってのは!ち○ぽってのはですねぇ!あぁもうわからないかなあ!こういうもんですよ!」
ズルッ
キャアアアアー!
な・・・何を考えてるんだこいつは!
「ほら!ほらぁ!これが本物ですよっ!よく見てください!」
「ちょっ・・・カツっ!やめなさいっ!」
そうだ!その粗末なブツをしまいたまえ!
「やめませんよ!そうやって問題を先送りにして!有耶無耶にしちゃ駄目なんですよ!」

艦内はパニックになった。
フ○チンになって辺りを疾走するカツを止めるために私と中尉は奔走する羽目になった。
カツは通常の3倍ほど鉄拳制裁してどうにか治まり、1週間の独房入りとなった。
私と中尉も始末書を書く羽目になった。
しかし・・・

中尉、私は悟ったよ。
「?」
中尉はち○ぽじゃない。断じてち○ぽじゃない。何故ならち○ぽというのは・・・
バキィ!
なぜ・・・

しかし、私は去り際の中尉がしっかりと私の股間を凝視していたのを見逃さなかった。
女だからさ。

251 :シャア・アズナブル:02/02/09 00:30
ファがパイロットとしてよく出撃するようになった。
メタスはあまり悪い機体ではないと思うが、あまりに失敗が多い。
カツよりはずっと有望株だが。

このままではいつか作戦に影響するかもしれないな。
いちおう隊長格の私はカミーユにMS戦の指導をするように言った。
これで少しはマシになってくれるだろう。

夜勤明けで眠い私が部屋に向かっていると。

「ハァハァ・・・ファ・・・上手いぞ・・・ウッ、下に3度!ゆっくり、ゆっくりだぞ!」
「こう?こうなのカミーユ?」
「そうだっ!素質あるよファは!ウワアッ!撃墜されるっ!?」

君達・・・

そ れ は 違 う 操 縦 桿 だ ろ う が っ !

252 :通常の名無しさんの3倍:02/02/09 01:13
おもしろすぎ。

253 :通常の名無しさんの3倍:02/02/09 01:14
久しぶり・・・ワラタ!!ワラワセテモラタ!!
撃墜されたい・・・

82 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)