5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ジュドーの青春日記

1 :水秋:02/02/03 01:46
やあ 俺、ジュドー・アーシタ!ZZのパイロットだ
みんなも知ってるかもしれないけど、ちょっと前まではTVで活躍してたんだぞ
で、今何をやってるかという質問がどしどし!もうたまらなぁい!
「ルーと今でも暮らしてんのか?」
「プルはどうした?」←いねーよ
「何の仕事してる?」
「逆シャアの時どうしてた?」
「ハマーン萌えー」
「エル萌えー」
「そんなことより聞いてくれよ1よ、、、、、、、、、、」

と いうわけで2chのみんなに俺のことをしってもらいたくて日記をつけることにした。

ニュータイプの修羅場がみれるぞ!

2 :水秋:02/02/03 01:47
できるだけがんばって書くんでご批評のほどをよろしくお願いします。

3 :水秋:02/02/03 01:47
カミーユ「ねージュドー ケーキ作ったの 食べて食べて♪」
ジュドー「へー!どれどれ・・・・・ うん!うまいよこれ!」
カミーユ「ホント!?嬉しぃ!」
このように幸せな毎日をカミーユさんと送っている。・・・・・ちょっと解説が必要みたいだな、
まず、ルーとは別れた。理由は「逆襲のギガンデス」読んでください。
次に、カミーユさんに惚れた。  (注:このスレではカミーユは女です・・・・)
最初はかなり嫌われてたけど
驕りまくったり、貢まくったり、優しくしまくったり、好き好き言いまくったり、etcetc・・・・
そうするうちにだんだんカミーユさんと一緒にいることが普通になっていって、、、理由なんてねーよ ラブラブなんだから(ワラ
カミーユ「はい、ジュドー♪あ〜ん♪」
ジュドー「あ〜ん♪」

ぴんぽーん

カミーユ「あ ジュドー 誰か来たよ」
ジュドー「もう だれだよまったく・・・・ぶつぶつ」
がちゃ・・ 玄関を空ける
ジュドー「はい、どなたさ・・・・・・・・・!?」
ルー「久しぶりねジュドー」
ジュドー「ル、ルー・・・?なんで!」

次回、ニュータイプの修羅場がみれるぞ

4 :通常の名無しさんの3倍:02/02/03 01:48
はぁ・・・・
ヤレヤレ・・・・・
またかよ・・・・・・・
鬱だ・・・・・・・・・・・

5 :通常の名無しさんの3倍:02/02/03 01:48
この板にはトロワという強敵がいるぞ。ガンバレ!(笑)

6 :通常の名無しさんの3倍:02/02/03 01:51
この板には鬱という強敵がいるぞ。ガンバレ!(氏)

7 :通常の名無しさんの3倍:02/02/03 01:52
いきなり、801かよ・・・・・

8 :通常の名無しさんの3倍:02/02/03 01:52
この板にはジサクジエンという強敵がいるぞ。ガンバレ!(゚∀゚)


9 :通常の名無しさんの3倍:02/02/03 01:59
kami-yu wa otoko ni modoshite kudasai
ganbattene!!!

10 :通常の名無しさんの3倍:02/02/03 01:59
この板にはジムという強敵がいるぞ。ガンバレ!(凸) 

11 :水秋:02/02/03 02:01
カミーユ「ジュドー誰が来・・・え!?」
ジュドー「いや・・・その、、これは・・・勝手にこいつが・・・・」
なんとルーは「久しぶりね」といったとたん、ジュドーに抱き着いてきたのだ
ルー「ああ、やっぱりジュドーのことが忘れられない!ジュドー!!」
ジュドー「わーーーー!やめろごるあ゚Д゚;;俺にはカミーユさんが!!」
ちらりとジュドーはカミーユを見る
カミーユ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ジュドーの馬鹿ーーーーー!!!」
なんとカミーユは家を飛び出してしまったのだ
ジュドー「〜〜〜ッ!?」

次回、ニュータイプの修羅場がみれるぞ、、、、って以前に書くの面倒になってきました。もうちょっと気楽に書きます。

12 :通常の名無しさんの3倍:02/02/03 02:08
一体、ど〜なってしまうのかっ!?

13 :通常の名無しさんの3倍:02/02/03 02:12
このスレは生き延びることができるか。

14 :水秋:02/02/03 03:35
ジュドー「カミーユさん!」
探し始めてから約30分、ついにカミーユを発見した。なんとカミーユは電柱の下にぽつんと立っていたのだ。

ジュドー;エプロン姿のうなじ・・・最高(´Д`;) っじゃなくて!「あの、カミーユ、、、さん、、、、」
ジュドーはカミーユの肩に触れようとしたらビクンと反応した
カミーユ「なんだよ!ジュドーはあの女のほうがいいんだろ!ほっとけよもう!」
ジュドーは後ろから抱きつく
カミーユ「あっ・・・・」
ジュドー「そんなこと無いよ、あれはあの女が勝手にやったことで本当の気持ちはカミーユさんが好きなんだよ・・・」
カミーユ「、、、、、ホント?」
ジュドー「ホント♪」
カミーユ「じゃあ、キスして」
ジュドー「ここで?」
カミーユ「ここで!」

・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・
・・・・
・・・
・・


ジュドー「さ〜てと、帰ってカミーユさんのケーキ食べよう」
二人は手をつなぎながら家に帰る
ジュドー「なんじゃこりゃー!!?」
なんとカミーユが作ったケーキが全部食べられており『バーカジュドーなめんな FUCKYOU』と書かれた置手紙があった。
「ざけんなー!」
子供っぽく怒っているジュドーをカミーユはくすっと笑った。
「すきだよ ジュドー・・・」

15 :水秋:02/02/03 03:45
そう、俺は天才じゃない、、、、
書き込みだって少ないしレスだって自作自演もトロワさんには敵わないかもしれない、、、
でもね本部さん、、、、
だからってトロワさんに負けるわけにはいかない、、、、
トロワごときにつまづくわけにはいかないのです。

はははは
名スレのヨカーンをつかまえてごときときたか

君があの天才にどこまで通用するか及ばずながら協力しよう

16 :通常の名無しさんの3倍:02/02/03 03:57
矢尾一樹をずっとやおいきーと読んでた
鬱だ

17 :通常の名無しさんの3倍:02/02/04 02:33
しょうもない801クソスレ立てんな。

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)