5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

渡部昇一

1 :名無しにして頂戴:2000/12/27(水) 23:16
どうですか?

2 :阪京:2000/12/27(水) 23:50
昔はかなりのファンやったが、最近は保守系のオピニオン誌ではあんまり
見かけまへんな。大願(?)が成就したんで、本業に精出してはるんやろか?


3 :名無し:2000/12/28(木) 00:05
オレはサヨクだからして渡部教授のいわゆる保守主義系の本は
全く読まないが、教授の本業である英語学の本はよく読んだし
面白かったと記憶している。
以上

4 :Nanashi_et_al.:2000/12/28(木) 00:14
馬鹿だ、アホだ言われてきたが、結局勝利したのは、彼ですな。
共産主義も崩壊したし、戦後左翼も青息吐息。
本業の英語学でも、ヨーロッパじゃ名声得てるし。
度三流だった上智大学も、今じゃけっこう名門だし。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 00:37
えーとつまり、「勝てば官軍」ということですかい?

6 :阪京:2000/12/28(木) 00:50
>馬鹿だ、アホだ言われてきたが、結局勝利したのは、彼ですな。
>共産主義も崩壊したし、戦後左翼も青息吐息。
ま、そういうことですわ。結果論にせよ、氏のおっしゃる通りやったわ
けですから。
>度三流だった上智大学も、今じゃけっこう名門だし。
よほどのご老人なのね。うちらの頃じゃそこそこ名門やったで。



7 :地球市民@:2000/12/28(木) 01:41
>6
俺の時も、そこそこ、名門だったな。文系なら、早稲田・慶応の次ぐらいだったかな。
理系は、知らんが文系の奴は結構目指していたな。
渡部の本は、流石、英文学者だけあって、文章が簡潔で理解し易い点もあげられる。

8 :阪京:2000/12/28(木) 01:47
>文系なら、早稲田・慶応の次ぐらいだったかな。
ワイのときもそのポジションやった。

9 :渡部先生:2000/12/28(木) 01:52
昇一先生はだれとでもさわやかに喧嘩をするのが上手。
絶対感情的にならない。言葉は辛辣だが・・・
ハイエク理論の理解は江頭さんが言うように単純でちょっと粗雑過ぎるが
それでも彼の思想は明快で人をひきつける能力がある。
彼の博士論文が「古代英語の前置詞研究とかなんとか」というのを知り合いが
言ってたがほんとうかな。ちょっとびっくり。
頭は切れる方ですね。

10 :地球市民@:2000/12/28(木) 01:56
>8
だよね、英文学とか目指す奴は、早稲田・慶応行かないで、上智に行く。
法学なら中央、国文学なら國學院に行くとかのパターンが結構あった気がする。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 02:01
あの目を見ればどういう人間かはわかろうというもの。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 02:17
11の書きこみを見れば、11がどういう人間かはわかろうというもの。

13 :注4:2000/12/28(木) 02:17
本論とは関係ないが、上智大学について。。。

いや、ワタシの受験のころ(1992年)も十分名門でした。
度三流というのは、渡部さん自身が書いてたむか〜しの上智。
書き方も乱暴でしたな。
偏差値という概念のない時代だし、教育内容はよかったらしいから。


14 :阪京:2000/12/28(木) 02:22
>4
>度三流というのは、渡部さん自身が書いてたむか〜しの上智。
なっとく。上智というのは英才という意味やったと思うが、名に体が追いついたわけだ。

15 :地球市民@:2000/12/28(木) 02:30
>14&4
英才:上智=ソフィアだったけかな?
大学の時、某武道系の試合で上智と当たった時、金髪外人ねーちゃんがマネージャにいたのには驚いたけどね。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 02:32
まあ、本業では国際的評価受けてるわけだから(人文系の日本人には珍しい)、学者としては大成功。
それ以外の評論については、多少荒っぽくても市場が価値を決めるからいいでしょう。
それにそても、これだけブレない人も珍しいね。
左になびいたり、ひよったりした形跡がない。
朝日新聞に睨まれて、職を失わなかった稀有な人でもある。
所得税60パーセント払ってるらしいから、経済的にも成功か。
結局、批判者は「馬鹿」とか「アホ」とかいうしかなかった。


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 02:34
>金髪外人ねーちゃんが・・・

うらやましい。。。

18 :阪京:2000/12/28(木) 03:04
>所得税60パーセント払ってるらしいから、経済的にも成功か。
株式市場でミリオネアになるクチやなー。ケインズみたく〜。
>結局、批判者は「馬鹿」とか「アホ」とかいうしかなかった。
いや、当時は本気でそー思ってたんでしょ。だから我と我が身にそれが
振りかかってきた。
>>金髪外人ねーちゃんが・・・
全然うらやましかねーな。わいは、タイ人あたりの方がええなー

19 :お約束のTK生(by Hankyo):2000/12/28(木) 03:23
>あの目を見ればどういう人間かはわかろうというもの。
澄んだお目々して、今どき白いご飯と肉のスープも食えんようでは、
そのイデオロギー、直ちに捨つべしやったんないの〜?

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 03:46
>所得税60パーセント払ってるらしいから、経済的にも成功か。
所得税の最高税率が50%だという事も知らない貧乏人発見!

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 03:57
>わいは、タイ人あたりの方がええなー

ほほう。渋いな。



22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 03:59
>20
いちいちがっつくな。ば〜か。


23 :>22:2000/12/28(木) 04:18
貧乏人発見!

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 04:24
問題:所得税の最高税率はいつから50パーセントになるのでしょう(w

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 04:24
ん?上智が一流大学になったのは学園紛争後でしょ。
他の大学が軒並休校になる中で、上智は機動隊を校内に入れて
正常化したって聞いたけど。
渡部氏が上智にいたのは戦後すぐだから、そのころはド三流でした。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 04:31
>25
そうだよ。なんか違うことかいてるか?

27 :名無しさん:2000/12/28(木) 04:34
渡部擁護者の水準が知れるな。

28 :24:2000/12/28(木) 04:39
はい、20、23の馬鹿決定ね

29 :阪京:2000/12/28(木) 04:41
>最高税率
払いたけりゃよぶんに払ってもよかったような気がせんでもないが、
法曹関係者のお方、どやったっけ?

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 04:46
>27
もう、擁護せにゃならん対象じゃないでしょう?


31 :>28:2000/12/28(木) 04:53
間接税しか払ってない貧乏人発見!

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 05:01
渡辺って好きじゃないけど、彼が教授になったのは結構一流に
なったころじゃないですかね?
彼自身行く大学が上智くらいしかなかったから行ったんだっけ?
貧乏して苦学してとかなんか言ってると思うが。
あの人自分の履歴語るのが好きだから何か言ってる筈。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 05:06
本業では国際的評価受けてる?

えらいまた低級なデマですな。

34 : :2000/12/28(木) 05:08
あんたたち何話してんの?
なんか、くだらない事はなしてんね。
ばっかみたい。寝な。
なんでこう言う話になるんだろう?
友達とこういう話してるとしたら、おまえらキモイ性格してる。
病院行ったほうがいいって・・・念の為

35 :阪京:2000/12/28(木) 05:09
>貧乏して苦学してとかなんか言ってると思うが。
貧乏して苦学してマルクス主義をケチョンケチョンにけなすとは、なか
なかやりますなー。単にその前段階のクリスチャンやったからぁ?

36 :24:2000/12/28(木) 05:12
>31
あっはっは
やっぱりね。
>所得税60パーセント払ってる
この言い方は、現段階では正しいので〜した。
知ったかぶりして、恥かいたね


37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 05:12
あの人クリスチャンなの?へぇ。上智は教授になるにはクリスチャンに
ならないかんのかな。ICUがそうらしい。

結構難しい海外の大学には留学してるんだっけ?

38 :阪京:2000/12/28(木) 05:22
>あの人クリスチャンなの?へぇ。上智は教授になるにはクリスチャンに
>ならないかんのかな。ICUがそうらしい。
そのへんはあんまりわかりまへんな。私学関係には特に精通してないし
>結構難しい海外の大学には留学してるんだっけ?
だったような気もするけど、阪神タイガース命!ゆうほどまでのファン
でもないので....

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 05:23
当時、渡部は当時の東京高等師範(だっけ?)を受けようとした。
で、上智の試験がその前で、受けてみたら当時の上智だから簡単に入れた。
今の制度と違うのは、国立の試験日がその2ヶ月後あたりにあって、
その間、いったん上智に入学して、2ヵ月後試験に受かったら上智を退学して
国立に移るという仕組みらしかった。
ところが、2ヶ月ほど上智の授業をうけたら楽しくなってしまって、移る気が
なくなって、いついてしまった。
どうも、こんなところらしい。
当時の上智は、けっこう不安な大学らしかった。東大いく学力もなかった。
それを隠しもしないで、サクセスストーリーを語るあたりは、ちょっと好きだ。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 05:27
>33

ものを知らないんだね

41 :阪京:2000/12/28(木) 05:56
>それを隠しもしないで、サクセスストーリーを語るあたりは、ちょっと
>好きだ
はて? 逆境はサクセスストーリーを盛り立てる刺身のツマどころか
そのものずばりではないの? ふぁ〜ぁあ。もう寝るわ。いうても
出社まで、2時間もないか。ま、仕事納めやから午後からは飲むだけや
けどね。じゃ、おやすみ〜


42 :>36:2000/12/28(木) 06:23
ちょっぴり電波の入った貧乏さん発見!

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 07:14
>42
ぷぷぷ

44 :名無しさん:2000/12/28(木) 08:35
政治思想板なのに、関係ない話ばっか。
あんなデターメ話を、上智の教授の肩書きでまき散らしていることがあまりにもドキュソ

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 09:17
いや〜、正直ここは楽な板だ。
だって、争点ないもの。
結局、時代に勝利した人のはなしだしね。
だから、金や履歴の雑談になるんだよ。


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 09:43
すると、本当に本業では高い評価を受けて社会的には成功しているのかね?

それでは「立派な人でも専門分野以外ではキティバカになることがある」の好例になってしまったということか。

47 :上智大生:2000/12/28(木) 10:45
渡部教授は、ヨーロッパの古書学会に所属しているらしい。
それで、ある古書を教授が誉めると、それがあっという間に
伝わって、価格が4倍くらいに跳ね上がる。
日本にいたコロは、別に渡部教授に興味はなかったが、
留学してその噂が本当だと知った。
上智大生であったおかげで、向こうじゃとてもよくしてもらえた。

48 :名無しさん:2000/12/28(木) 12:42
ちょっと最高税率に関して、きちんと説明して。
20と24どっちが正しいのか。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 13:13
【コヴァゃι用語の糞知識】では↓ですが。

【渡部昇一】
三大聖人に次ぐ>>13準聖人。
真摯な討論を避け、絶えず詭弁を弄することにより発生させる欺瞞を穴埋め
させるため中傷作戦(Verleumdung)をとることで大学関係者に評判が悪い。
誤った情報を世間に拡散するのに懸命な売文業者と伝統的保守にも嫌われている。
いい訳につまると「ワタスがレトリカルに答えておいたことをあなたが取り違
えた、あなたはマルクス主義者ですか」を連発することで出版業界筋では有名。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 13:42
鷹派はエバリンボだから鷹派なのです。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 20:31
そういや上智の文学部って上杉聡も出てるんだね。


52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 20:40
渡部昇一ってイエスズ会なの?

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 20:50
しかし 渡部昇一も人間なんだから
どっか まちがった予測および
外れた予測かなんか
してないんやろか?
おしえてちょうらい。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 22:15
まあ、多少いわれているのは、「日本の繁栄は揺るがない」と
宣言した直後のバブル崩壊かな。
これは同情の余地はあるけどね。具体的なバブル潰しが行われたから。
日本が「いっと革命」で盛り返せれば、リカヴァーできて、
最終的には、オッケーなんだろうけど。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/29(金) 01:22
>54
谷沢との対談で、総量規制を行った、大蔵省の役人を名指しで非難しているよ。

56 :893-7349:2000/12/29(金) 02:13
>>55
 しかし、長谷川慶太郎と一緒に「アジア共円圏の時代」なんてノーテンキな本も書いてたしなあ…。
 それはともかく。私がなべしょーを知ったのは10年前、「それでもNOと言える日本」でした。「南京大虐殺はなかった」ってのもどうかと思ったけど、それ以上に「え?まじ?」と思ったのは、地方分権に関するくだり。
 ここでなべしょーは「江戸時代の日本は幕藩体制だった。いわば連邦制ですね。これからはそういうシステムを目指さねば」という意味のことを仰ってました。当時の私はまだガラスの十代(ちと古いな…)だったが、「そりゃないだろ。前近代の封建制度と、近代の地方分権を混同するなよ。こいつホントに学者か?ちと幼稚過ぎやせんか?」との感想を抱き、彼のことを徹底的にアホ呼ばわりしました。
 例えば政治家であれば、有権者に「地方分権」を分かり易く解説するため、敢えて連邦制の喩えとして幕藩体制を持ち出すのもまあいいでしょう(私だったらしないけど)。現にかつての“殿”細川や、菅直人も似たようなことを言っている。しかし学者がそれ言っちゃいかんだろう…と私は思います。
 しかし、それから数年後、言語学関係の雑誌でなべしょーの寄稿を幾つか読み、「やっぱりこいつも学者だったんだなあ」と少し見直したのも事実です。ただ、彼の文章には「ドイツで××教授にお世話になった」「こんな偉い先生に目をかけてもらった」系の記述が多く、少々辟易はしましたが、まあそれは彼だけに言えることではないのでねえ。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/29(金) 02:19
なべしょーの本業(英文学)に対するツッコミとしては、副島隆彦の英文法の謎を解くシリーズ(ちくま新書)が面白いよ。
もうボロクソ(藁

58 :名無しさん:2000/12/29(金) 02:23
よく韓国の夫婦別姓伝統を持ち出して、「日本も韓国を見習って
夫婦がお互いを尊重する別姓社会にしよう!」と言う人や「アイヌ
の自然崇拝社会こそこれからのエコロジーの模範だ」という人と
同じだね。
どこまで比喩なのか、どこまで同一視しているのかも
考える必要があるかもしれないけど…

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/29(金) 02:29
>57
俺、素人だけど英語は好きなので、評判になってた副島隆彦の文庫本持ってます。
持ってますっていうのは、序文だけでその先読むの嫌になっちゃって途中で放り投げちゃったんだ。
理由は言いたくない。
ツッコミって、たとえばどういうことですか。
よかったら教えてください。

60 :名無しさん:2000/12/29(金) 02:31
>all
少なくともここにいるやつらよりは渡部さんのほうが頭いいこと
だけは確か

61 :893-7349:2000/12/29(金) 02:32
>>57
私も知りたいです>副島氏のツッコミ
なべしょーは、英文学ではそこそこだという「思い込み」が私にもあったので。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/29(金) 02:51
>61
あれはやめたほうが
結局副島がダメダメだったのがばれた
まあそもそも副島が叩こうとおもったのが渡部じゃないんだけどね

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/29(金) 03:38
副島さんって、嫌いではないんだが、どうもね。
彼、「正論」で、「ジェファーソンらがつくった連邦憲法は・・・・」
っていうくだりがあったんだが、ジェファーソンは連邦憲法制定会議には
出席してないんだよなあ、確か。
やっぱ、「文法」勉強しないと歴史の本はちゃんと読めんね。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/29(金) 03:41
>60
少なくともあんたよりは渡部さんのほうが頭いいこと
だけは確か

65 :名無しさん:2000/12/29(金) 03:44
>64
少なくともあんたよりは渡部さんのほうが数段頭いいこと
だけは確か

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/29(金) 03:50
で、「本業では国際的評価受けてる」っていう根拠はどこにあるの?

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/29(金) 04:01
>65
少なくともあんたよりは64のほうが数段頭いいこと
だけは確か

68 :名無しさん:2000/12/29(金) 04:12
>47
やっぱ、そうか。。
自分はグラズゴーに留学してたことがあって(法哲学)、そんとき
図書館の検索機でナベさんの名前でかけてみたら、やたら出てきた。
向こうの学会誌にあんなに書いてる人もめずらしいな。
パーティーで、私(上智法→京大院)が上智出身だといったら、
かぶりついてきた文法学者がいた。
自分はナベさんの指導受けてないというと、すーっと消えていった。
専門外なので、内容の評価はできない。
ただ、そこの連中によると、英文法史をやる場合は、必ずこの人の
文献に当たらなければ、ならないらしい。

69 :名無しさん:2000/12/29(金) 04:46
少なく見積もらなくてもあんたのほうが誰よりも数段頭わるいこと
だけは確か

70 :名無しさん:2000/12/29(金) 04:47
>67

少なく見積もらなくてもあんたのほうが誰よりも数段頭わるいこと
だけは確か

71 :名無しさん:2000/12/29(金) 04:51
67=昇一さんを超えられないうだつのあがらないハゲ

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/29(金) 04:53
罵倒しかできないの?頭悪そう。

73 :名無しさん:2000/12/29(金) 04:53
アンチ渡部=たんに羨望している間抜けども

74 :名無しさん:2000/12/29(金) 04:55
アンチ渡部=貧乏人・自意識過剰・世間からのはみ出し者・落伍者・反体制
氏ね

75 :渡部昇一v.s.副島隆彦:2000/12/29(金) 04:58
副島隆彦『続・英文法の謎を解く』(ちくま新書)の第2章(p33〜41)だな。
副島が前著『英文法の謎を解く』で、"Good Morning!"の元の文は"You have a good morning."であろう、と書いたことに対し、渡部が『英文法を撫でる』(PHP新書)で「この著者(=副島)は、学問として英文法をやったことがないことは確かである」という意味の批判をして、"Good Morning!"文はもともとは"I wish you a good morning!"というのが、「アルフレッド大王の時代から文献的に証拠がある」としたのだそうだ。
それに対して副島は、まずは「渡部教授の深い学識には脱帽する」と慇懃にやりながら、「"I wish you a Merry Christmas"ならよく知っているが、"I wish you a good morning!"という英文は聞いたことがない」「アメリカ人、イギリス人、カナダ、オーストラリアの友人たちに今、電話を入れて聞いてみた」が結論として"I wish you a good morning!"なんて誰も知らなかった、と反撃する。そして、「"I wish you a good morning!"という英文は、残念ながら1000年前から存在しない。私たちは現在の英語国民が使っている英文を勉強すべき」と結ぶのである。
一つの章がまるまる渡部への反論なのだが、なんというか、この味わい深い展開は、興味のある人には本屋か図書館で立ち読みしていただくしかあるまい。だいたい"Good Morning!"の元が"You have a good morning."であろうが"I wish you a good morning!"であろうが、それが一体どうしたというのだろう?一言で言って電波戦だな…

76 :名無しさん:2000/12/29(金) 05:01
>75
>だいたい"Good Morning!"の元が"You have a good morning."であろうが"I wish you a good morning!"であろうが、それが一体どうしたというのだろう?

ならあんたこそこんなこと書かなければ?

77 :名無しさん:2000/12/29(金) 05:02
>75=氏ね

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/29(金) 05:14
渡辺昇一って嫌いだったんだけど、意外と本業で評価が高いんだな。

立花隆に英文法でチクリとやられたという話はなんなんですか?
流石に、英語の専門分野では立花など相手にはならないと思うが
、バカにしていたらしいな。


79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/29(金) 06:22
>意外と本業で評価が高いんだな。

一体誰が評価してるの?小林シンパ?

80 :名無しさん:2000/12/29(金) 06:45
>78
たしか「日本人の気概」に載ってた気が。うろ覚えですが。
立花さんがこの程度の英語もわからないなんて上智の学生はかわいそうだ、みたいなことを
書いたらしい。(本勝さんもいっしょにこうげきしたらしぃ)
渡部さんはいちおうアメリカ人の教授にも確かめてもらったが間違いはなかったらしい。
間違いを指摘したほうが間違ってる場合があるので困ると書いてた(←これがいいたかったらしい)
秦郁彦さんとの論争の中の1コマだったような。


81 :名無しさん:2000/12/29(金) 08:02
英文法なんて細かいところちゃんと分かる人いないからね。
だから、仮に私が著名人だとして、ある文法学者を雑誌で
声高に「馬鹿だ。間違っている。学生が可哀想だ」とやれば、
普通の人は確かめないから「そうなのかな」と、思っちゃう。
あとから、その学者本人が自分の正しいことを証明してみせても
そんな文法的説明はウザくて誰も読まない。
だから、言った者勝ちになってしまう。
でも、文法の専門家に、素人が行う批判で、正しいものは多分
ほとんど無いんだと思う。


82 :名無しさん:2000/12/29(金) 08:21
副島さん、要するに感情的に反論して見せただけだな。
でも、これはヒドイなあ。

Good Morning!"の元の文が問題なんだよね。
じゃあ、古典にかえらなきゃ分からないね。
渡部は、You have a good morning.ではなく、
Good Morning!"文はもともとは"I wish you a good morning!"
であるといったわけだね。
それに対して
>「"I wish you a Merry Christmas"ならよく知っているが、"I wish you a good morning!">という英文は聞いたことがない」「アメリカ人、イギリス人、カナダ、オーストラリアの>友人たちに今、電話を入れて聞いてみた」が結論として"I wish you a good morning!"。>なんて誰も知らなかった

というのは全然反論になってないでしょう?というかアホ。
今の日本語にだって、普段慣用的に使っている言葉があるけど、
その、慣用的に使っている言葉の元の起源なんて知っている人の方が少ない。
それを「自分は聞いたことが無い」とか「英語圏の友人はしらない」
なんてのは、なんの反論にもならない。
自分が知らないだけなのに、
>"I wish you a good morning!"という英文は、残念ながら1000年前から存在しない
と断定できるのは何故?
じゃあ、ある言葉の起源を国語学者が解説しても、私が知らなければ嘘になるのだろうか?
その上、元の言葉を問題にしておいて、
>私たちは現在の英語国民が使っている英文を勉強すべき
とは、これいかに?
電波は副島。


83 :名無しさん:2000/12/29(金) 08:54
ウヨで渡部教授の本業(英語学)を持ち上げ教授を擁護する連中の
ほとんどは教授の英語学関連の著書は読んでいないとみて間違いない。



84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/29(金) 09:29
本業はともかく、世間一般で有名で、ウヨが読んだり
ひかれたりする方面では渡部はドキュンじゃん



85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/29(金) 09:38
本業で渡部教授を評価する人のほとんどは氏の右翼的な主張
に賛同しているわけでないことは間違いない。

86 :名無しさん:2000/12/29(金) 10:04
渡部の本業を否定している人間は、英語学関連の著書を呼んでいないことはもとより、
少なくとも、本業で評価されているらしいという情報すらも入ってこないほど、
情報オンチであることは、間違いない。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/29(金) 10:09
本業以外の言動がひどすぎるからね。

88 :名無しさん:2000/12/29(金) 11:54
再録

>3
>オレはサヨクだからして渡部教授のいわゆる保守主義系の本は
>全く読まないが、教授の本業である英語学の本はよく読んだし
>面白かったと記憶している。

つーことで博識・読書量の豊富さでサヨクの勝ちだね。

89 :>88:2000/12/29(金) 12:23
?そうか

コヴァがダントツで劣っているだけだろ?

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/29(金) 14:08
>82
 ホントだね(藁

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/29(金) 16:12
>3
>オレはサヨクだからして渡部教授のいわゆる保守主義系の本は
>全く読まないが、教授の本業である英語学の本はよく読んだし
>面白かったと記憶している。

ただのサヨクはアナクロニズムのなにものでもないが、
3のようなサヨは こわいよね。
こんなサヨが 今のサヨクの衰退を かろうじて支えている。
敵ながら 天晴れだよね。



92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/29(金) 16:21
>91

つうか、あんたがリベラルも民主主義者もあれもこれもすべて”サヨク”という
(教祖の大好きな)カテゴリでしか見られないからそう思うのでは?

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/29(金) 16:28
そうなると、コヴァにとってはコヴァでない右翼も左翼のうちに入るってことなんですね。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/29(金) 16:33
>92
>つうか、あんたがリベラルも民主主義者もあれもこれもすべて”サヨク”という
>(教祖の大好きな)カテゴリでしか見られないからそう思うのでは?
つうか そういうレッテル張りは サヨクのお家芸では ありませんか?
憲法改正に賛成ならウヨクだとかね。
それに3氏は 自分でサヨクだとおっしゃっているんだから
いいんちゃう?



95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/29(金) 16:39
>94
そうだね、3はサヨクを自称している。

>92
あまり感情的になっちゃだめ。中学生だと思われちゃうよ。

96 :オレ改憲派:2000/12/29(金) 17:00
1〜9条一括削除支持

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/29(金) 18:46
a

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/29(金) 21:46
>つうか そういうレッテル張りは サヨクのお家芸では ありませんか?

これって矛盾してるの理解してる?

(あんた自身がサヨクってレッテル貼りしてるのによく言うよ)

99 : 名無しさん:2000/12/30(土) 00:09
>>82
今ちと本読んでみたけど75だけじゃわからんと思う。
電波とか言う前にキチンと本読んだほうがいい。
まあ総合的に英語のことで副島さんは渡部さんにかなわんとは思うけどね。

100 :>>99:2000/12/30(土) 00:38
>まあ総合的に英語のことで副島さんは渡部さんにかなわんとは思うけどね。

どうかな?すくなくともこの"Good Morning!"の元の形が"I wish you a good morning!"
という渡部センセの説は、副島氏の言うように"I wish you a Merry Christmas!"からの
単純な類推で、ドイツ語でいう「対格」だとかアルフレッド大王だとかいう
理屈はいかにも後付け的でまさに渡部センセらしい、という気がするよ。

というか、政治発言でも本業の英文法でも渡部センセは渡部センセだろうな、
とこれで思った。一度出発点を決めたら、後付けで理屈はどんどんくっつけ
るけど方向修正は決してしない、という…

少なくともこの"Good Morning"の元の形について渡部センセの説を信じるか
副島氏を信じるかと聞かれたら、私は副島氏を信じるね。
私の英語力は英検準一級、TOEIC730点程度で渡部センセにも副島氏にもはる
かにおよばないけど、少なくとも"I wish a Good Morning!"なんて英文は
私も見た記憶がない。また"Good Morning!"は「あなたに良い朝を」という
一種の「祈念文」だ、という渡部センセの主張にも、「目の前にいる、会っ
たばかりの相手に祈念はないだろう(別れ際ならともかく)」ということで
説得力を感じない。

101 :>78:2000/12/30(土) 01:07
英文法というよりも論理の問題だったようです。

In view of the facts mentioned above@` the Supreme Court of
Japan hereby declares that the guarantee made by the Attorney
General will be observed in the future by every public
prosecutor in Japan and that the above-mentioned witnesses will
never be prosecuted in Japan by reason of their testimony
or any other information which may be obtained as the result of
their giving testimony.

という英文があって、さて免責の保証をしているのは誰?というお話。
あえて説明不足にしてみました。


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/30(土) 01:17
しかし、このスレを見て、ウヨだかサヨだか知らないけど案外みんな権威に弱くて、自分の頭で考えようという発言者が思いの外少ないことに、あらためて気づいてちょっぴり驚いた。
自分と違う考えの相手を「自分の頭で考えようとしない」と罵倒するのは年中目にするけど、それを自分で実行するのは思ったより大変なことのようだね。

103 :名無しさん:2000/12/30(土) 02:04
『知的生活の方法』一般書籍板より
http://natto.2ch.net/test/read.cgi?bbs=books&key=975677708

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/30(土) 02:21
冷静に議論しなきゃね。
渡辺氏の思想の問題と、彼の英文学における業績とはまったく違う
わけだから。
氏の本業は素晴らしくても、彼の保守思想が素晴らしいとは限らな
いし、その逆もある。渡辺氏の思想が嫌いだからといって、彼の本業
まで貶めようとしたり、彼の思想に共感するために、彼の本業につい
てまで盲目的に信頼してしまったり……。
日本人ってこういうのニガテだよね。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/30(土) 04:46
想像するに、渡部昇一の「"Good Morning"の元の形は"I wish you a good morning!"」説というのは、英語を日本語に置き換えてみると、「『おはようございます』の元の形は『あけましておはようございます』」であると主張するようなものであろうか。
言うまでもなく"I wish you a good morning!"が"I wish you a Merry Christmas!"を元にした単なる思いつきであるのと同様『あけましておはようございます』が『あけましておめでとうございます』からの単純な類推であるにもかかわらず、学者センセイの知識を総動員して、「漢文や古代朝鮮語を用いて立証できる」とか「聖徳太子の時代から文献的には確立している」とかやって素人をけむに巻く。「だから『おはようございます』は一種の言祝ぎ文なのだ」とかやる(たまたま朝会った相手に言祝ぎなんかしないっつうの)。
そしてネイティブの『あけましておはようございます』なんて言葉は聞いたことがない、という苦言には、頑として耳を傾けない…

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/30(土) 04:52
なんか、まったく説得力がないんですけど

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/30(土) 04:54
ぷぷ、怒った?>>106

108 :渡部先生の知り合い:2000/12/30(土) 05:30
>all
渡部さんに何か言いたいことがあるのなら直接お話しなさい。
彼は必ず受けてたちます。あなたかだのように、影でひそひそ
としかものを言えない方では決してございません。
そんなに渡部氏にかんして言いたいことがあるのなら上智大学
文学部に連絡をとって研究室でご自分の主張されたいことを率直に
言うべきです。私は英文科出身ですが(上智大ではありません)
皆さんのご意見は初歩的なものばかりで議論するに値しないと思いますが
ぜひ主張したいことがあれば本人に問い合わせてみる勇気が必要です。
それができないのならここで論じることは卑怯な態度と言うべきでしょう

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/30(土) 10:18
どう考えても渡部昇一のほうがアカデミシャンとして
正しい態度だと思うけどな。
今回の論争は
good morningの元の形は何かという論争なのだから
渡部昇一の言う通り、もしほんとうに中世ドイツ語だか古代ゲルマン語
だか知らないけどドイツ語に出典があるのであれば
I wish you a good morning!"
が元の形なんだろう。
(ちなみに私は本当にドイツ語に出典があるかどうかまったく知りません。
渡部昇一の言う事が本当かどうかわかりません。
もし誰かに出典とやらを見せられても理解できる頭はありません。)
ただここにいるアンチ渡部の言ってることがおかしいと思っただけです。


110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/30(土) 10:29
>108
ネット社会というものをまったく理解していないヴァカ

111 : 名無しさん:2000/12/30(土) 11:26
105って滅茶苦茶



112 :名無しさん:2000/12/30(土) 12:05
「Good Morningの元の文」が問題なんだよね。もともと「元の文」は
副島さんが言ったんだよね。「元の文」なんだね。副島さんはこういったんだね。

>"Good Morning!"の元の文は"You have a good morning."であろう

私は、この文も、まずみないんだよね。私は、18世紀の政治思想が専門だから、口語に弱いかもしれないんだが・・・・。もちろんこの文はアリだが、これがアングロサクソン世界の発想かなあ。むしろ、日本語の発想をそのまま当てはめたのは副島さんじゃないかなあ。「現在見ない」という点では"I wish you a good morning!"と同じでしょう?
でね、この"I wish you a good morning!"だけど、これは確かに一種の祈念文です。
これは、中世の社会の人々のことを考えれば、十分納得いくんだよね。けっこう呪術的なところのある世界で、「これは多分言っただろう」と思う。で、これは仰々しいね。それで、時代が下るにしたがって、good morning!になったんだと思う。
そうするとね、時代の変化とともに、「祈念文」のもつ仰々しさは減る。
つまり、初対面の人にも仕えるようになっていく。単なる好意くらいは乗っかる。
「祈念文」起源の口語はずいぶんおおいんでないかな?だれかしらない?
言葉には不思議な力があるとされていた時代はけっこう長いから、今、軽く使う言葉にも
けっこう凄い意味があったりする。
>たまたま朝会った相手に言祝ぎなんかしないっつうの
という、人がいたけど、もう「言祝ぎ」のニュアンスが無くなれば使えるんだ。
だから、"I wish you a Merry Christmas!"からの、単純な推測という人もいるけど、
逆なんだ。good morning!から、逆に推測できる。Merry Christmas!"っていうでしょう?
アメリカじゃあ、初対面の人にもいうよ。でもこれこそ濃厚な祈念文です。
多分渡部さんがただしい。


113 :>>109:2000/12/30(土) 17:30
>渡部昇一の言う通り、もしほんとうに中世ドイツ語だか古代ゲルマン語
>だか知らないけどドイツ語に出典があるのであれば

ないよ。
渡部昇一が出しているのは、あくまで現代ドイツ語の活用表、すなわち
ein guter Morgen
eines guten Morgen
einem guten Morgen
einen guten Morgen
という、大学の一般教養の学生でも知っているものだけ。

114 :>>112:2000/12/30(土) 17:59
>でね、この"I wish you a good morning!"だけど、これは確かに一種の祈念文です。
>これは、中世の社会の人々のことを考えれば、十分納得いくんだよね。けっこう呪術的なところの
>ある世界で、「これは多分言っただろう」と思う。で、これは仰々しいね。それで、時代が下るにした
>がって、good morning!になったんだと思う。

だから、中世の社会にも"I wish you a good morning!"なんて言い方はないんですけど。

>つまり、初対面の人にも仕えるようになっていく。単なる好意くらいは乗っかる。
>「祈念文」起源の口語はずいぶんおおいんでないかな?だれかしらない?

「だれかしらない?」も何も、"Good bye!"からしてそうなんですけど。"God bless you!"、"Godspeed"なんてものすごいものでも立派に現役だ。数えだしたら、それこそキリはない。
しかし、午前中にたまたま会って、今、目の前にいる相手に、「祈念」というのはいかにも不自然だ、というごくごく当然の感想も、かきけしてしまうほど渡部昇一の権威はキミにとって決定的なのかい?
もちろん、たまたま会った相手にも別れ際に"Have a nice day!"くらいは言うだろう。これも立派な「祈念文」だ。しかし、別れてこれから目の前からいなくなる相手に「祈念文」を捧げるのは、洋の東西を問わず、ごく自然な感情だ。

>だから、"I wish you a Merry Christmas!"からの、単純な推測という人もいるけど、
>逆なんだ。good morning!から、逆に推測できる。Merry Christmas!"っていうでしょう?
>アメリカじゃあ、初対面の人にもいうよ。でもこれこそ濃厚な祈念文です。

あのー、"Merry Christmas!"は"I wish you a Merry Christmas!"の短縮形じゃないんですけど。
"Merry Christmas!"と"I wish you a Merry Christmas!"は、使われるシチュエーションが違います。
クリスマスの当日に会った相手に"Merry Christmas!"とは言うけど、"I wish you a Merry Christmas!"とは言いません。

115 :英語板でやれ、ゴルワァ:2000/12/30(土) 18:18
ここでやるな。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/30(土) 18:41
「Good morningを復元すればどういう文になるか」ってことね。

英文法の謎を解く一巻の
--------
(前略)
これは、Good morning.「おはよう」や、Good afternoon.「こんにちは」や
Good evening.「今晩は」、Good night「おやすみなさい」が、
それぞれ、もとの文が、
(You) have a good morning.
(You) have a good afternoon.
(You) have a good evening.
(You) have a good night.
で、すべてYou haveが前のほうで省略されたものである
(後略)
--------
これが問題になってるわけみたいね。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/30(土) 19:15
>>113
イッヒ ヴンシェ イーネン アイネン グーテン モルゲン!

副島さんの本に渡部さんの本からの抜粋が出てるが、、

118 :英語板でやれ、ゴルワァ:2000/12/30(土) 19:38
政治思想を語れゴルワ。

119 :>>117:2000/12/30(土) 23:51
だからそれのどこが中世ドイツ語や古代ゲルマン語だ??
"I wish you a good morning!"の単なる現代ドイツ語への逐語訳じゃないか!

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/30(土) 23:54
「ダメージがあった」と白状している渡部昇一の盲信者が多いようだから、もういっぺん言ってあげよう(藁

渡部昇一の"I wish you a good morning!"というのは、ネイティブが聞いたら「あけましておはようございます」といっしょ!

121 :名無しさん:2000/12/31(日) 00:05
>だから、中世の社会にも"I wish you a good morning!"なんて言い方はないんですけど

どうして、あなたにそんなこといいきれるの?そういういいかげんな断定がOKなら、私も断定しちゃいます。
「中世の社会には"I wish you a good morning!"という言い方は存在しました」

>しかし、午前中にたまたま会って、今、目の前にいる相手に、「祈念」というのはいかに>も不自然だ、というごくごく当然の感想も、かきけしてしまうほど渡部昇一の権威はキ>ミにとって決定的なのかい?
だから、『時代の変化とともに、「祈念文」のもつ仰々しさは減る』といっているの。
祈念文の仰々しさが無くなれば、初対面でもいえるっていってるの。

>「だれかしらない?」も何も、"Good bye!"からしてそうなんですけど。

自分でいってるじゃない?"Good bye!"っていうでしょう?目の前にいる人間だろうが、さっき会った人間だろうが、Good bye!"っていうでしょう?これ、「祈念文」起源なんでしょう?渡部の権威云々じゃないの。普通に考えたほうがいいよ。

>クリスマスの当日に会った相手に"Merry Christmas!"とは言うけど、"I wish you a Merry Christmas!"とは言いません

当たり前でしょう?
"I wish you a Merry Christmas!"なんて、「今は使わない」んです。
いまは、Merry Christmas!"というんです。しってるよね?
だからシチュエーションもなにもないんです。「時代」が違うんです。


122 :名無しさん:2000/12/31(日) 00:06
>渡部昇一の"I wish you a good morning!"というのは、ネイティブが聞いたら「あけましておはようございます」といっしょ!なぜ?



123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/31(日) 00:50
こんなアホが国際的評価なんて受けてるわけないでしょうに。

124 :名無しさん:2000/12/31(日) 01:48
もし的外れならいいけど、アラブ語の「サラーム」って祈念の言葉?

125 :>>121:2000/12/31(日) 03:14
>どうして、あなたにそんなこといいきれるの?そういういいかげんな断定がOKなら、私も断定しちゃいます。
>「中世の社会には"I wish you a good morning!"という言い方は存在しました」

本人は気の利いたことを言っているつもりだろうけど、渡部昇一の権威の盲信者のやることの一端が、はしなくもこれで明らかになりましたですなあ。
少なくともこっちは『英文法の謎を解く』シリーズ全三冊を踏まえて言っているんだけどなあ・・・
で、そのシリーズの中で、副島氏は英語国民の知人に電話を架けて訪ねまくっている。
その結論が「1000年このかた"I wish you a good morning!"なんて言い方は存在しなかった」

>だから、『時代の変化とともに、「祈念文」のもつ仰々しさは減る』といっているの。
>祈念文の仰々しさが無くなれば、初対面でもいえるっていってるの。

それはキミの想像でしょ?ホレ、根拠は?

>当たり前でしょう?
>"I wish you a Merry Christmas!"なんて、「今は使わない」んです。
>いまは、Merry Christmas!"というんです。しってるよね?
>だからシチュエーションもなにもないんです。「時代」が違うんです。

ぷぷ、じゃあ、ほんの1週間前まで、有線その他でミミにタコができるくらい聞かされた
"I wish you a Merry Christmas@` I wish you a Merry Cristmas@`I wish you a Merry Christmas@`and a Happy New Year!"
って英語の童謡、あれは空耳だったのかしら(大爆笑

けっきょく121クンは、「渡部昇一が正しい」というはじめに結論ありきで、その根拠を全部自分の想像で作り上げている、ってことね。
こういうヒトと議論ができるから、オレこの板好きだわ♪

126 :名無しさん:2000/12/31(日) 04:07
ふ〜。どうしようもないね。どれどれ。

>少なくともこっちは『英文法の謎を解く』シリーズ全三冊を踏まえて言っているんだけどなあ・・・

で、そのシリーズはそもそも正しいんですか?
その正しさの根拠はなんだろうね。どうもこういうことらしい。

>で、そのシリーズの中で、副島氏は英語国民の知人に電話を架けて訪ねまくっている。
>その結論が「1000年このかた"I wish you a good morning!"なんて言い方は存在しなかった」

ふむ。「電話かけまくった」ねえ(爆笑
副島さんのお友達は「元の文」を知ってるひとたちなの?
その根拠は?
私の友人の日本人たちも古典をしっている人たちはどのくらいいるかなあ。
副島さんの書いていることを盲信しているのは、あ・な・た。
「副島さんがそう書いているからただしい。なぜなら、副島さんは英語国民のお友達にきいたんだから」というのが副島信者のあなたの根拠。

>それはキミの想像でしょ?ホレ、根拠は?

まず、私の質問に答えなきゃ。
>だから、中世の社会にも"I wish you a good morning!"なんて言い方はないんですけど
この、根拠を答えたらね。君の質問は。
副島さんがお友達に電話をかけて、お友達が知らないというのは根拠じゃないよ。
それこそ、君の妄想。根拠は?ホレ、ホレ。
ついでに君はこういったんだよ。逃げているけど。
>「だれかしらない?」も何も、"Good bye!"からしてそうなんですけど。

「祈念文」起源の言葉を普通に現代で使っているって君自身がいったんだよ〜。

>ぷぷ、じゃあ、ほんの1週間前まで、有線その他でミミにタコができるくらい聞かされた "I wish you a Merry Christmas@` I wish you a Merry Cristmas@`I wish you a Merry Christmas@`and a Happy New Year!"
って英語の童謡、あれは空耳だったのかしら(大爆笑

あれ〜〜、へんだねえ。君がこういったんだよ〜〜。

>クリスマスの当日に会った相手に"Merry Christmas!"とは言うけど、"I wish you a Merry Christmas!"とは言いません。

「クリスマスの当日に会った相手に"Merry Christmas!"とは言う」けれど
「"I wish you a Merry Christmas!"とは言いません。」っていってるね〜〜。
会話の話をしているねえ。
それがどうして、「有線で流れる動揺」のお話になるのかな〜?(大爆笑
副島さんを盲信するあまり、「会話」と「同様」の区別もつかなくなったのかなあ?


127 :名無しさん:2000/12/31(日) 04:12
訂正

同様・動揺→童謡


128 :論点整理、その1:2000/12/31(日) 07:15
>>112
|だから、"I wish you a Merry Christmas!"からの、単純な推測という人もいるけど、
|逆なんだ。good morning!から、逆に推測できる。Merry Christmas!"っていうでしょう?
|アメリカじゃあ、初対面の人にもいうよ。でもこれこそ濃厚な祈念文です。
|多分渡部さんがただしい。

>>114
|あのー、"Merry Christmas!"は"I wish you a Merry Christmas!"の短縮形じゃないんで
|すけど。
|"Merry Christmas!"と"I wish you a Merry Christmas!"は、使われるシチュエーション
|が違います。
|クリスマスの当日に会った相手に"Merry Christmas!"とは言うけど、"I wish you a |Merry Christmas!"とは言いません

>>121
|>当たり前でしょう?
|>"I wish you a Merry Christmas!"なんて、「今は使わない」んです。
|>いまは、Merry Christmas!"というんです。しってるよね?
|>だからシチュエーションもなにもないんです。「時代」が違うんです。

>>125
|ぷぷ、じゃあ、ほんの1週間前まで、有線その他でミミにタコができるくらい聞か
|された
|"I wish you a Merry Christmas@` I wish you a Merry Cristmas@`I wish you a
|Merry Christmas@`and a Happy New Year!"
|って英語の童謡、あれは空耳だったのかしら(大爆笑

>>126
|あれ〜〜、へんだねえ。君がこういったんだよ〜〜。
|
|>クリスマスの当日に会った相手に"Merry Christmas!"とは言うけど、"I wish you a |Merry Christmas!"とは言いません。
|
|「クリスマスの当日に会った相手に"Merry Christmas!"とは言う」けれど
|「"I wish you a Merry Christmas!"とは言いません。」っていってるね〜〜。
|会話の話をしているねえ。
|それがどうして、「有線で流れる動揺」のお話になるのかな〜?(大爆笑
|副島さんを盲信するあまり、「会話」と「同様」の区別もつかなくなったのかなあ?

129 :論点整理、その2:2000/12/31(日) 07:23
>>112
|でね、この"I wish you a good morning!"だけど、これは確かに一種の祈念文です。
|これは、中世の社会の人々のことを考えれば、十分納得いくんだよね。けっこう呪術
|的なところのある世界で、「これは多分言っただろう」と思う。で、これは仰々しい
|ね。それで、時代が下るにしたがって、good morning!になったんだと思う。

>>114
|だから、中世の社会にも"I wish you a good morning!"なんて言い方はないんですけど。

>>121
|どうして、あなたにそんなこといいきれるの?そういういいかげんな断定がOKなら、私も
|断定しちゃいます。
|「中世の社会には"I wish you a good morning!"という言い方は存在しました」☆>>125
|少なくともこっちは『英文法の謎を解く』シリーズ全三冊を踏まえて言っているんだけどなあ・・・
|で、そのシリーズの中で、副島氏は英語国民の知人に電話を架けて訪ねまくっている。
|その結論が「1000年このかた"I wish you a good morning!"なんて言い方は存在しなかった」

>>126
|で、そのシリーズはそもそも正しいんですか?
|その正しさの根拠はなんだろうね。どうもこういうことらしい。

|ふむ。「電話かけまくった」ねえ(爆笑
|副島さんのお友達は「元の文」を知ってるひとたちなの?
|その根拠は?
|私の友人の日本人たちも古典をしっている人たちはどのくらいいるかなあ。
|副島さんの書いていることを盲信しているのは、あ・な・た。
|「副島さんがそう書いているからただしい。なぜなら、副島さんは英語国民のお友達に
|きいたんだから」というのが副島信者のあなたの根拠。

130 :論点整理、その3:2000/12/31(日) 07:27
>>112
|で「祈念文」起源の口語はずいぶんおおいんでないかな?だれかしらない?
|言葉には不思議な力があるとされていた時代はけっこう長いから、今、軽く使う言葉にも
|けっこう凄い意味があったりする。

>>114
|「だれかしらない?」も何も、"Good bye!"からしてそうなんですけど。"God bless you!"、|"Godspeed"なんてものすごいものでも立派に現役だ。数えだしたら、それこそキリはない。

>>121
|だから、『時代の変化とともに、「祈念文」のもつ仰々しさは減る』といっているの。
|祈念文の仰々しさが無くなれば、初対面でもいえるっていってるの。

>>125
|それはキミの想像でしょ?ホレ、根拠は?★>>126
|でまず、私の質問に答えなきゃ。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/31(日) 07:41
論点整理その1に関する考察。
★は121では「"I wish you a Merry Christmas!"なんて、「今は使わない」んです。」
と言っている。
☆が125で「 "I wish you a Merry Christmas!"」という文を含む童謡の例を出すと、
★は126では「会話と動揺の区別もつかないのか?」と頑張るが、これはあきらかな論旨のすり替え。

論点整理その2に関する考察。
★の121の中世の社会の人々に関する考察というのは、単なる121自身の想像。
☆の114の「中世の社会にも"I wish you a good morning!"なんて言い方はない」というのは、
一応出典を示している。
★の論旨の基礎が★自身の想像にすぎないことを考慮すれば、★が☆に出典の正当性の証明まで
求めるのは、あきらかに過剰な要求。

論点整理その3に関する考察。
わけわからん…

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/31(日) 07:44
論争っぽくて面白いな。こうやって限定して論争すべきだね。
ウヨサヨ言って無いで。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/31(日) 10:00
あらしですか?



134 :131の考察 1:2000/12/31(日) 10:29
論点整理その1に関する考察。
>★は121では「"I wish you a Merry Christmas!"なんて、「今は使わない」んです。」
>と言っている。
>☆が125で「 "I wish you a Merry Christmas!"」という文を含む童謡の例を出すと、
>★は126では「会話と動揺の区別もつかないのか?」と頑張るが、これはあきらかな論旨のすり替え。

低い能力を遺憾なく発揮しています。まず、

>クリスマスの当日に会った相手に"Merry Christmas!"とは言うけど、"I wish you a Merry Christmas!"とは言いません。

と、ここでは、「 クリスマスの当日に会った相手に」と、「会話」の場を示しています。
ですから、「"I wish you a Merry Christmas!"」なんて「今は使わない」んです。となる
のは当然のこと。
「祈念文」を初対面にひとには使わないといいはる人物がここで「会話」と「童謡」を
混同するのは詐術以前のアタマの弱さです。
「童謡」の言葉を「会話」で使うことのほうが不自然です。分かりますよね(例外アリ)
だから、「会話と動揺の区別もつかないのか?」というのも当たり前。
いいですか〜。「会話」。「会話」ですよ。「童謡」じゃないんですよ。
ですから、
>これはあきらかな論旨のすり替え

というのは、卑怯です。まとめる以上はフェアにいきましょう。


135 :131の考察 2:2000/12/31(日) 10:32
>論点整理その2に関する考察。
>★の121の中世の社会の人々に関する考察というのは、単なる121自身の想像。
>☆の114の「中世の社会にも"I wish you a good morning!"なんて言い方はない」という>のは、
>一応出典を示している。
>★の論旨の基礎が★自身の想像にすぎないことを考慮すれば、★が☆に出典の正当性の証>明まで
>求めるのは、あきらかに過剰な要求。


>☆の114の「中世の社会にも"I wish you a good morning!"なんて言い方はない」という>のは、
>一応出典を示している。

大嘘です。詐欺です。馬鹿です。
その「出典」が出典になっていないといっているわけです。
もう、この詐術はアタマ以前の視力の問題でしょうか?
もし、このようなもの(現代人のネイティヴの知識を電話でといあわせること)が
「元の文」を考える上で「出典」になるのなら、誰でも偽造はできます。

>★の121の中世の社会の人々に関する考察というのは、単なる121自身の想像。

これも、アクイに満ちています。
なぜならば、そもそも

>だから、中世の社会にも"I wish you a good morning!"なんて言い方はないんですけど。

この断定がすでに想像にすぎないものだからです。
これは基本的に批判能力のないこの人物が副島さんの著書を盲信しているところから
でた言葉です。
かりに千歩ゆずって、どちらも想像としましょう。
しかし、副島信者氏は副島さんのみを盲信しているのにたいして、
私の中世観は通説です。本屋さんで中世のコーナーにいってください。
通説と盲信では常識人は通説を取ります。


136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/31(日) 10:46
渡部昇一の著書「田中真紀子総理大臣待望論」って読んだことある?

「真紀子は角栄のオカルト的怨念で首相になる」

という説を全体の1/4ほどのページを費やして展開してるよ。

こういう人間を「電波」とか「トンデモ」って言うんじゃないの?

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/31(日) 10:52
専門分野で高い業績を上げ、その一方で専門外では激しくイカレたことを言いまくる。
まさしく典型的なトンデモ学者ですな。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/31(日) 11:10
いやだね。やばくなると誹謗中傷か・・・お子様だね >>137

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/31(日) 12:12
で、138は、渡部氏の

「真紀子は角栄のオカルト的怨念で首相になる」

発言を支持しますか?
トンデモだと思わない?

140 :名無しさん:2000/12/31(日) 13:28
今でもヤバイ時やぎりぎりの勝負のとき「なむさん!!」ってな
言葉を使う人がいるけど、それが「南無三宝(仏、法、僧への帰依)」
を意味するところから来た、ということをでどれだけの人
(現代日本のネイティブ)が知っているだろうか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

アメリカ人が日本の友人に電話をかけまくって「そのうち誰も、
『南無三宝』なんて用法を聞いたことがなかった!!」と
いってもねえ。



141 :いてえ、めちゃいてえ:2000/12/31(日) 15:04

"wish you a good morning" 82 pages found.

http://www.altavista.com/cgi-bin/query?q=%22wish+you+a+good+morning%22&kl=XX&pg=q&Translate=on


142 :英語板から出張でござる:2000/12/31(日) 15:11

>クリスマスの当日に会った相手に"Merry Christmas!"とは
>言うけど、"I wish you a Merry Christmas!"とは言いません。

そんなの幾らでも言うだろ。「あけましておめでとう」−>
「よい新年をおむかえください」みたいなものだ。

"wish you a Merry Christmas" 8764 pages found.
http://www.altavista.com/cgi-bin/query?q=%22wish+you+a+Merry+Christmas%22&kl=XX&pg=q&Translate=on


143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/31(日) 15:16

彼は英語板でも有名やね。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Namiki/2375/soe.html

144 :>>141@`142:2000/12/31(日) 16:38
あのぉ、OR検索になってるんですけどワラ

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/31(日) 16:46
141、142は、サーチエンジンの使い方から勉強しなおしたほうがよいようである。
ついでに、せっかくサーチエンジンを使ったんだったら、検索されたリンクのうち、
ほんの3つ4つでも自分で読むというくらいの知的誠実さを見せるべきであったワラ
今からでも遅くない、自分で確認してごらん!
イタイというのは、鏡に映った142-143自身の姿である。

146 :>>140:2000/12/31(日) 16:50
南無三法、なむさん、くらい、たいていの日本人が知っていると思うけど、それが何か?

147 :144:2000/12/31(日) 16:58
おっと、失礼、「OR検索」というのは間違いでした。確かに「AND検索」ですね。
ただし、それは=%22wish+you+a+good+morning%、あるいは=%22wish+you+a+Merry+Christmas%
が同一のページに含まれているURLを検索したというのにすぎなくて、
"I wish you a good morning!"あるいは"wish you a Merry Christmas!"という「文章」を含む
ページを検索したことにはならない。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/31(日) 21:24

>>147

何が言いたいのか不明ですけど、どうしても"I wish you a good morning!"が欲しいなら:
http://www.altavista.com/cgi-bin/query?q=%22I+wish+you+a+good+morning%22&kl=XX&pg=q&Translate=on
と入力すればいいだけのこと。ただ、これでは主格が「I」以外のものは除かれてしまいます。

例:Vanity Fair: A Novel Without a Hero@` by William Makepeace Thackeray.
http://www.authorslibrary.org/b/vfair10.htm
Miss Pinkerton did not understand French; she only directed those who
did: but biting her lips and throwing up her venerable and Roman-nosed
head (on the top of which figured a large and solemn turban)@` she said@`
"Miss Sharp@` I wish you a good morning."
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
"i wish you a Merry Christmas":
http://www.altavista.com/cgi-bin/query?q=%22i+wish+you+a+Merry+Christmas%22&kl=XX&pg=q&Translate=on

例:http://neuro-www.mgh.harvard.edu/forum_2/SpinalDisordersF/12.19.9912.49PMToallmySpi.html
I wish to say to all my friends that I wish you a Merry Christmas and
a Happy New Year.

例:http://www.cs.umb.edu/jfklib/coolidge_gilbert.html
His dead son obviously was very much on the President's mind. On December
22@` 1924@` he wrote his father@` saying "I wish you a Merry Christmas. If
only Calvin were with us we should be very happy."

149 :>>148:2000/12/31(日) 23:56
ぷぷ、「何がいいたいのか不明」とかいいながら、きっちり自分のミスを修正しているくせにワラ

↓ところで、コレのどこが"Good Morning!"の意味なの???別れの場面じゃない!

|例:Vanity Fair: A Novel Without a Hero@` by William Makepeace Thackeray.
|http://www.authorslibrary.org/b/vfair10.htm
|Miss Pinkerton did not understand French; she only directed those who
|did: but biting her lips and throwing up her venerable and Roman-nosed
|head (on the top of which figured a large and solemn turban)@` she said@`
|"Miss Sharp@` I wish you a good morning."
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
残りのページ(36件)も現在チェック中。チェックが終わったらレポートしてあげよう。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/01(月) 00:00
あけましておはよう>>渡部信者諸君

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/01(月) 00:17
↑すごい!ピッタリ00:00に合ってる!

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/01(月) 00:37
http://www.altavista.com/cgi-bin/query?q=%22I+wish+you+a+good+morning%22&kl=XX&pg=q&Translate=on
から、まず10件…

http://www.locallingo.com/ubb/Forum11/HTML/000036.html
これはチェコ語→英語の翻訳か…

http://www.fortunecity.com/bally/westport/118/johncope.htm
これは古形。いつの時代のものかは私にはわからない。しかしこれも「さよなら」の意と想像がつくな。

http://www.wischool.com/Link/RC-26.htm
これはハズレ!(見りゃわかる)

http://www.highlandtraveller.com/other/songs/johniecope.htm
おお、2つ上のものと同じだ。スコットランド語(方言)だったのか!

http://members.tripod.lycos.nl/Theresia/eng-016.html
|September 14@` 1967
|Dear Treesje
|I wish you a good morning every day
|A breakfast with joy@` if you may
|A walk through the forrest for a good health
↑「文字通りの意味で使っている」という感じですな。いずれにせよ"Good Morning!"と同義ではない。

http://www.mccalmans.co.uk/cope2.html
またしても例のスコットランド民謡?("Hey Jonny Cope”)

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/01(月) 00:37
つづき

http://www.geocities.com/SoHo/2156/TMlyrics.htm
これも"JOHNNY COPE"だ…

http://www.excaliburknights.com/highland/scottish%20music/johncope.htm
これも…

http://www.smallnews.net/shiritagari/result991023.html
日本語サイト。論外。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/01(月) 00:56
次の10件
http://www.altavista.com/cgi-bin/query?pg=q&stype=stext&Translate=on&sc=on&q=%22I+wish+you+a+good+morning%22&stq=10

http://www.informalmusic.com/Peacock/Crotchet.html
|Nay@` sir@` I know not. I do not pry into these matters. I am@` for my
|own part@` very well satisfied with the young gentleman. Let those who
|are not so look to themselves. It is quite enough for me that he came
|down last night from London@` and that he had the good sense to bring
|with him a basket of lobsters. Sir@` I wish you a good morning.
これもさよならの意で"Good Morning!"ではないな。

http://www.amazon.com/exec/obidos/ts/book-excerpt/0679603212/ref%3Dpm%5Fdp%5Fln%5Fb%5F3/105-0375056-8723934
|Miss Pinkerton did not understand French; she only directed those who
|did: but biting her lips and throwing up her venerable and Roman-nosed
|head (on the top of which figured a large and solemn turban)@` she said@`
|"Miss Sharp@` I wish you a good morning."
"Vanity Fair"これはhttp://www.authorslibrary.org/b/vfair10.htmで既出。

http://sailor.gutenberg.org/etext96/vfair10.txt
おお、グーテンベルク・プロジェクトに入っていたのか、"Vanity Fair"

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/01(月) 00:57

>「何がいいたいのか不明」とかいいながら、きっちり自分のミスを修正しているくせに

はあ? あなたがそうしてくれとリクエストしたから、単に言われるまま変えてあげ
たんですけど?「おはよう」の意味なら、主格が「I」に以外にも色々ありえるから「I」を
抜いたというのに、そんなことに拘って意味不明だという話なんだけど?

>↓ところで、コレのどこが"Good Morning!"の意味なの???別れの場面じゃない!

フランス語で「さよなら」って言われたのが意味わからなくて、「おはようございます」と
返したんでしょ(プ

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/01(月) 01:02
つづき

http://www.altavista.com/cgi-bin/query?pg=r&n=e&i=OPF2453&m=14&u=cs.uleth.ca/%7Ekaminski/midi/scottish/johncope.htm
これは"Jonny Cope"

http://www.altavista.com/cgi-bin/query?pg=r&n=f&i=OPF2453&m=14&u=Hhome.swipnet.se/lato/ballads/johnnyco.html
これも"Jonny Cope"だ

http://digital.library.upenn.edu/women/gatty/parables/bread.html
|"Of course I will do so@`" answered the Robin@` politely. "It is the same thing
|to me exactly@` so I wish you a good morning@` and@` if you desire it@` a
|refreshing sleep."
これも「文字どおり」解釈すべきであろう。

http://www.altavista.com/cgi-bin/query?pg=r&n=11&i=OPF8Boo&m=18&u=H32.97.166.75/englishlikeclub/chrslessn1.htm
「ページが見つかりません」

157 :>>155:2001/01/01(月) 01:13
|フランス語で「さよなら」って言われたのが意味わからなくて、「おはようございます」と
|返したんでしょ(プ

いいえ、違います。引用部のちょっと前のところ。

|"You'll go in and say good-by to @` Becky!" said Miss Jemima
| to a young lady of whom nobody took any notice@` and who was coming downstairs
| with her own bandbox.

フランス語ができなくてもMiss Pinkertonはこれが別れの場面だということは理解している。

"I wish you a good morning!"="Good Morning!"だと思ってるとこういう誤訳をやるから要注意ねワラ

しかし、英会話板からなにしに来たの?アナタワラ

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/01(月) 01:23

>フランス語ができなくてもMiss Pinkertonはこれが別れの場面だということは理解している。

自分に都合よく好き勝手に邪推されても困るんですけど。。。。(プ
「I wish you a good morning」に「さよなら」の意味があるなんて初めて知ったなあ。
ソースきぼ〜ん!



159 :>>146 :2001/01/01(月) 01:54
私、「日本語のネイティブ」に聞きまくってみました。
12人中、語源の「南無三宝」とその意味(語源)を知っている
ものわずかに一人!!!



160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/01(月) 02:14

>↑「文字通りの意味で使っている」という感じですな。
>いずれにせよ"Good Morning!"と同義ではない。

「同義でない」って、あなた「Good Morning」の定義何だと思ってるんですか?(プ
そもそも、元来より広い意味で使われていたフルセンテンスの「I wish you a
good morning.」が短縮されて、朝の挨拶専用のフレーズになったという話じゃないの?
それは日本語の「おはよう」や「時候のあいさつ」も同じこと。
渡辺氏の「good morning」の語源に関する説が本当かどうかはともかく、
「中世の社会にも"I wish you a good morning!"なんて言い方はない」なる主張が
誤りなのは明らか。どうやら

>この"I wish you a good morning!"だけど、これは確かに一種の祈念文です。
>これは、中世の社会の人々のことを考えれば…

↑の人が正しかったようだね。

それはそうと、フランス語がわからないから惜別の言葉に「I wish you a good morning」と
Miss Pinkertonが当たり障り無いよう返してたという場面なのに、それをちゃんと
「さよなら」と言ってると強引に解してしまう貴方はMiss Pinkerton以上のボケっぷりだあね(ワラワラ
いや、副島信者だからドキュンか?(プ

あ、「I wish you a good morning」=「さよなら」のソースの方よろしくね(ワラ

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/01(月) 02:18
その Good Morning 語源論争でどっちが正しいかってことはそんなに重要なのか?

渡部昇一の本業が知られていない状況を見れば、かの人物の言動に関する話とその辺の話題が余り関係しないことは見えてると思うが。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/01(月) 02:58

The Pioneers by James Fenimore Cooper
http://www.actnaturally.com/the_pioneers/chapter_25.htm
"A good-morning to you@` Mr. Van der School@`" said Edwards; "it seems to be
a busy day with us at the mansion-house."
"Good-morning@` Mr. Edwards (if that is your name [for@` being a stranger@`
we have no other evidence of the fact than your own testimony]@` as I
understand you have given it to Judge Temple)@` good-morning@` sir. It is@`
apparently a busy day"...."Well@` sir@` as I perceive that I can be
of no service@` I wish you another good-morning; but beg you will remember.... "

最初に「good-morning」の挨拶があって、会話の後、一方が相手の
手助けをしてあげられないことがわかり、「Well@` sir@` as I perceive
that I can be of no service@` I wish you another good-morning」
と続いてる。「another」とあるわけだから、最初の挨拶の
「good-morning」が「I wishu you a good morning」を意味している
のは明らかです。

>>161
>渡部昇一の本業が知られていない状況を見れば、かの人物の言動に関する
>話とその辺の話題が余り関係しないことは見えてると思うが。

そうかも知れませんね。じゃあこのへんで私は切り上げます。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/01/01(月) 03:18
くだらないレスだな。こんな英語アホ大の学生でも理解できるのに・・
本人にとってはここで知識をひけらかしたいんだろうな〜
ひきこもり、ご苦労さん。
英語のボキャの程度が高くないってさ。
いまここにいるイギリス留学して帰ってきたダチいるけど>>>オオワライ

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/01(月) 04:12
その人にこれを訳すようお願いして。

*************************
「春は花」なんてことを申します。「銭湯で上野の花の噂かな」なんてぇことを申しますが、花見時分になってまいりますと、もうどこへ参りましても花の噂でもちきりになってまいります。

「まったくおでれぇたなぁ。いってぇどこからあんなに人が来るかと思うようだったぜ、そりゃもう大変な人だったぜ。いやぁ、面白かったぜ。おばあさんは踊りだす、若い娘は唄うしねぇ」
「はは、面白そうだなぁ」
「行くか? 行くんなら、おれの名刺やるぞ」
「おめぇの名刺もらって、どうするんでぇ」
「おれの名刺持ってきゃ、どこの花見だってタダだ」
「何を言ってやがる、花見はどこだってタダでぇ。ところで花はどんな具合だった?」
「...花? ...さぁ、...咲いてたかなぁ...」
 どうだい、一つ花を見に行こうじゃねぇか、と云われて、何の花だ、なんて野暮なことを云うやつぁおりませんで、花見と言えば桜に限られているようですな。
 同じ花でも梅の方はこりゃまた風流気がございます。霜柱を踏み分けて梅を見ようなんてのは、句のひとつも捻ろうってお人ですが、桜の方はもう老若男女を問いませんな。食べて、呑んで、陽気に騒ごうというのが桜でございますな。

 花見時分になってまいりますと、人の心持ちもウキウキして参りまして...

165 :>>159:2001/01/01(月) 04:59
>12人中、語源の「南無三宝」とその意味(語源)を知っている
>ものわずかに一人!!!

なんかこれって、自分の交際範囲が低学歴ドキュンだって白状しているだけのような…

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/01(月) 05:18
つまり、副島もそうなんだろうね。


167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/01(月) 07:22
ふみゃ?三宝って、聖徳太子の17条憲法にも出てくるからちょっと勉強のできる小学校六年生なら知ってるけど?>>159+166

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/01(月) 11:17

勉強のできる小学校六年生でも、17条憲法すべて憶えてるとは
思えないけどな。歴史ヲタならともかく。仏教に由来する語だろ
うことは察しがつくけどね。

>南無はサンスクリット語「ナモー」の音写語で、帰依・信頼の
>意をあらわす。南無とは、仏・法(経典)・僧の三宝にき帰命
>することになる。 それを一口で唱えたのが、南無三宝である。
>が、これは仏教が大衆化するにつれ、驚きや感動または失敗し
>たときに発する語となった。

「モナー」みたいで何か面白いね。(^_^;)


169 :名無しさん:2001/01/02(火) 01:29
そんじゃ、「オシャカになる」逝ってみよう!!

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/02(火) 05:11
別にどっち派でもなく、素人だけど、興味あるんで質問。
I wish you a good morning
という言いかたは*ある*のですね。正し本義は
おはよう ではなく、寝る前に使う言葉みたい。
英和辞典で
merry chiritmasは元々、I wish you a merry
christmasとあるけど、これを直訳するとクリスマス
前に使う言葉になりそうだけど、merry chiritmas!
ってクリスマス当日に使うのが普通じゃないですか?

have a good nightとは言ってもhave a good
morning と言うのだろうか?
have a good nightがあるから、good night
の語源はそれだと言えるのですか?
というか、good nightやmerry chiristmasに語源なん
てあるの?過去の文献、have a good nightのみ
→徐々にgood nightの省略形が出てくる、そういう
証拠があるのですか?

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/02(火) 05:25
渡部さんの方も同様。まず、アルフレッド大王の時代に
I wish you a good moriningこれに類する文が本当にあったのか。
そしてgood morningに相当する言葉は見つかって
おらず、時代が進むにつれて散見されるようになる、こういう事が
分っているのですかね。
さらに、かつては良い朝を、という祈りの意味で使われていたが、
良い朝ですね→おはよう、の意味になった、その経緯も分っているの
かどうか。i wish you a good morningの時代に、おはようの
意味で使われていた言葉は何?本来は祈念の意だったのだから
おはようの意で使われていた別の言葉があったんでしょう?

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/02(火) 05:42
おはようってお早ようってことなんでしょーが、朝早いですね
って意味では今は使われませんね。

取り敢えず
I wish you a good morningこういう文章が無いというのは誤りだった
ようです。こういう文章が無いから、渡部説も誤りというのは通らない。
渡部説が正しいという証拠にもならない。語意が変化するケース
はあるのであり得る話だ。そういう事ですかね。
副島説のYou have a good morningですが、これはyou shall die
みたいに他人の意思が入るのですか?命令形も元はこう使われたと?

んでhave a good nightならこれから先の話をしてるから分りますが、
have a good morning、これから良い朝を、って意味でとると、have a
good nightと同じ意味になってしまいます。?
まあhave a good morning説もI wish説と同じで本来の意から離れて
という事かなあ?それとも良い朝を過ごしてますねぇという意味なのだろうか?

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/02(火) 06:00
だからその話の続きは英語板でやれっての。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/02(火) 06:09

 副島 =右Q
 渡部 =UK旦那

 ということ???

http://2ch.server.ne.jp/2ch/test/read.cgi?bbs=sisou&key=970919825&ls=50

175 :>>173:2001/01/02(火) 06:31
キミがウヨサヨドキュソのいずれであるかを問わず、これを機会にアレルギーを起こさない程度には英語くらい勉強したほうがいいワラ

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/03(水) 04:55
age

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/03(水) 09:47
この人谷沢永一との対談の本で「日本の国は建国以来ずっと国力を増進しつづけてきた」
見たいなことを言ってる。B29が日本にバカスカ爆弾落としてた時も日本の国力は増進してたんだろうか

178 :...:2001/01/03(水) 10:58

http://www.sanseido-publ.co.jp/newcrown37_3shige.html
Good morning.Good bye.などはほとんどの生徒が知っている表現であろうが,
Good morning.はMay you have a good morning.(あなたにとってよい朝で
ありますように祈ります)というようにキリスト教の祈願に由来しており,
Good bye.は God be with ye!(神があなたとともにいますように)という
意味であるということを説明し,彼らの生活の中に宗教(キリスト教)とい
うものが大きな位置を占めていることを理解させる。そして,日本語の
「おはよう」「さようなら」の語源を考えさせてみる。「おはよう」は
「お早いうちから精がでますね」,「さようなら」は「用事が終わったか。
それなら(左様なら)」というように,日本人の勤勉性からきているそうだ。
このような短いあいさつにも,「宗教に根ざした心の豊かさ」と「勤勉性」
といったそれぞれの国民性が現れているのはおもしろい。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/03(水) 23:51
論の立て方進め方は渡部派の方が一貫していた
と思うが、要は筋道じゃなくて証拠でしょう。

副島も思いつきで言ってたみたいだけどhave説が有力
になったかな。

しかしまだまだ分からないなー。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/04(木) 00:07
「キリスト教の祈願に由来」ってことでは、結局どっちも一緒なんじゃないの?
すると「I wish」と「May you…」で単にどっちが先か、ということになるだけ。
どっちも「Good morning」より先に使われてそうだし。

#副島が「You have…」をどういう意味で使ったのかは知らないけど。

181 :名無しさん:2001/01/04(木) 02:00
おもろい

182 :名無しさん:2001/01/04(木) 17:27
副島は政治思想関連の人物評論に就いてははっきりと時流に媚びないで
言うべきことを言ってると思う。
コヴァくん達の憧れの石原都知事に対しても、
『私は人物と人格としては石原慎太郎は、裏表の激しい人だと見抜いた
ので評価しない。』だ。
渡部は媚びるだけ。これは評価できるんじゃないの。

渡部は国家統制を批判するハイエクを持ち上げて国家主義者、カトリック
で伊勢神宮、チーズと牛乳で30近くなって背が伸びた・・・指摘されて
いい訳に詰まると「私がレトリカルに言ったことをあなたが勝手にそう解釈した」
・・・訳わからん。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/04(木) 18:05
>182
「チーズと牛乳で30近くなって背が伸びた」渡部は、背に異常にこだわりが
あるのか、著作でノルマン人の征服王朝に関してなにか言った折に、バイキング
の平均身長は168CMとか言って失笑を専門家から買った。
これを真に受けたコヴァがネット上でこれを得々と話したりしてる。
環境で人は変わるということを言いながらナチスばりの優生思想を語るしね。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/04(木) 19:26
日本文明なんてあるわけない(byソエジマ)


185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/04(木) 19:46
日本は非民主主義国家ぁぁあぁぁあぁぁあ!!(byソエジマ)

186 :名無しさん:2001/01/05(金) 00:43
>184
>185
平和神軍に入隊して、精神鍛えなおして花月でラーメンでも作って御国
にご奉公しろ!!!!!!!

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/05(金) 01:06
>>183
はあ?コヴァと渡部って別じゃないの?ワケ分らんな。
当時のノルマン人の
平均身長は160cmいかねーんじゃないの。
だいたいアメリカを抜いたのはかなり最近の話だし、オランダ人も
昔はチビだった。
背が高い=優性学か知らないけど、ノルマン人は遺伝的にもっとも背の
高い人種で、環境が揃えば一番高くなるって事。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/05(金) 01:29
ここは元々政治思想を語るべきで、英語を語る場所じゃないと
思うんだが、流れを見ると、副島信者がふっかけた話みたい。
英語論で危うくなると、またまた別の副島の話が出てくるし。


189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/05(金) 01:49
じゃ小林から副島への乗り換え中のAngelix kovaの演出かえ?

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/05(金) 01:51
>>187
というより168cmと特定したとこが専門家の失笑を買った所以なんでしょうよ


191 ::2001/01/05(金) 01:56
というより187はヴァカっぽいで相手なさるな

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/05(金) 01:58
副島は政治思想関連の人物評論に就いてははっきりと時流に媚びないで
言うべきことを言ってると思う。
コヴァくん達の憧れの石原都知事に対しても、
『私は人物と人格としては石原慎太郎は、裏表の激しい人だと見抜いた
ので評価しない。』だ。
渡部は媚びるだけ。これは評価できるんじゃないの。

渡部は国家統制を批判するハイエクを持ち上げて国家主義者、カトリック
で伊勢神宮、チーズと牛乳で30近くなって背が伸びた・・・指摘されて
いい訳に詰まると「私がレトリカルに言ったことをあなたが勝手にそう解釈した」
・・・訳わからん。
####################################

まったくそうだね。




193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/05(金) 02:16
>187
感じますなぁ、今は懐かしぃ『電波』

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/05(金) 08:12
所詮、予備校教師と大学教授の違い、ということかな。虚し。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/05(金) 15:15
副島さん政治家になったらどうだろうか。
海外の誰にも負けない一流の政治家になれるような気がするよ。
国内も改革の嵐になるだろうし。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/05(金) 18:40
副島も渡部もねぇ〜、時代でしょ

197 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/01/08(月) 02:55
なんとなく、あげ。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/08(月) 03:22
    彡川川川三三三ミ〜  
   川|川/  \|〜 プゥ〜ン    ________________
  ‖|‖ ◎---◎|〜       /
  川川‖    3  ヽ〜     < ボクはバカ、サヨク、ヒキコモリの三重苦!助けて〜
  川川   ∴)д(∴)〜       \____
  川川      〜 /〜
  川川‖ ブタ 〜 /‖
 川川川川___/‖
   /       \__
  /|  |   サ   __
  | |  |    ヨ
  / |  |_ 童貞
 | \__⊃ 租 

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/12(金) 04:08
    彡川川川三三三ミ〜
   川|川/  \|〜 プゥ〜ン    ________________
  ‖|‖ ◎---◎|〜       /
  川川‖    3  ヽ〜     < ボクは回し者、コヴァ、ヒキコモリの三重苦!助けて〜
  川川   ∴)д(∴)〜       \____
  川川      〜 /〜
  川川‖ ブタ 〜 /‖
 川川川川___/‖
   /       \__
  /|  |   コ   __
  | |  |    ヴ ァ
  / |  |_ 童貞
 | \__⊃ 租 

200 :名無しさん:2001/01/15(月) 06:46
副島は政治思想関連の人物評論に就いてははっきりと時流に媚びないで
言うべきことを言ってると思う。
コヴァくん達の憧れの石原都知事に対しても、
『私は人物と人格としては石原慎太郎は、裏表の激しい人だと見抜いた
ので評価しない。』だ。
渡部は媚びるだけ。これは評価できるんじゃないの。

渡部は国家統制を批判するハイエクを持ち上げて国家主義者、カトリック
で伊勢神宮、チーズと牛乳で30近くなって背が伸びた・・・指摘されて
いい訳に詰まると「私がレトリカルに言ったことをあなたが勝手にそう解釈した」
・・・訳わからん。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 06:50
>200
ハイエクの主観主義アプローチを渡部氏は知っているからこそ、
江頭をはじめとしたバカに勝てたんです。おまえみたいなハイエクに関する
ドシロウトは氏になさい。「感覚秩序」も読みこなせている渡部氏にかてる
日本の思想家は矢島欣次氏と西山千明氏のみ。

202 :名無しさん:2001/01/15(月) 06:57
200>201
「私がレトリカルに言ったことをあなたが勝手にそう解釈した」
あのねぇ、これは西山千明に言った渡部の言葉なの
チミは勝つとか負ける前にチーズと牛乳でも摂ってゆっくりしてなしゃい


203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 06:59
>202
そう言う事実はないの。あんたはハイエクのPPEかSPPE
読んだことあるの?
知りも知らないくせに知ったかやめて。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 07:00
>202
西山氏と渡部氏は仲がいい。そんなことも知らないなんてオオバカだな。


205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 07:02
202は調子こいてると、詐称喚問するぞ

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 07:12
200>203、204
渡部の『ハイエク論争終了宣言』っての読んでねぇのか?
渡部が朝日系の雑誌に寄稿して失笑買ったやつだぞ、
PHP文庫とかには入ってねえぞ(笑

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 07:14
>201
ラインワインも脳細胞に良いと渡部先生が言ってますぜ

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 07:15
>206
あんたはそもそもハイエクの何を読んだの?
渡部さんのは学術雑誌ではない。あくまで啓蒙書。
その書物でああだのこうだの議論をまくし立てる方がレヴェルが低い。
私はLSEのハイエク・ソサイエティーの会員ですので、あなたのようなドキュン
バカと議論してもしょうがないんですけど。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 07:17
>206
なんなら、詐称喚問しますかな。偉そうにのたまわっているドシロウトさんに。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 07:19
>206
逃げるのはやめようね。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 07:20
>206
どうしたの?どしろうとさん?

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 07:23
>206
完全に逃げた。バカだね。勉強もしないで
偉そうにいいたいこというだけのドキュンだな。

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 07:30
『「私はそんなマネタリズムの話は人名辞典の原編者クリスタルか、それを
翻訳した岩波書店に言ってくれ、・・・私にはどうでもいいことだ」と
レトリカルに答えておいた。』渡部昇一【ハイエク論争終了宣言】

チミは朝からラインワインの飲みすぎみたいだにゃ〜  

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 07:37
>213
ドシロウトさんはハイエクについて論じる資格なし。
逝ってよし。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 07:46
【渡部昇一】
コヴァにとっての三大聖人(西尾幹二、西部邁 、藤岡信勝 )に次ぐ準聖人。
真摯な討論を避け、絶えず詭弁を弄することにより発生させる欺瞞を穴埋め
させるため中傷作戦(Verleumdung)をとることで大学関係者に評判が悪い。
誤った情報を世間に拡散するのに懸命な売文業者と伝統的保守にも嫌われている。
いい訳につまると「ワタスがレトリカルに答えておいたことをあなたが取り違
えた、あなたはマルクス主義者ですか」を連発することで出版業界筋では有名。

208から212まで興奮しすぎだ。渡部先生見習ってチーズ食って栄養補給しなしゃい。
渡部の嫌いなアカの巣窟LSEではそ〜ゆぅの教えてくれるんですかい。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 07:48
>215
なんにも知らないドシロウト様。いちいちドイツ語にしなくても
ドイツ語は読めますし、ひけらかさなくて結構です。
東大に対するコンプレックス丸みえだよ、やめなさい。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 07:50
>215
渡部先生はドイツ・イギリスではかなり有名ですから
ご心配要らないよ。あんたのバカを心配しなさい

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 07:51
>私はLSEのハイエク・ソサイエティーの会員ですので、あなたのようなドキュン
>バカと議論してもしょうがないんですけど。

逝っちまってんな


219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 07:53
>218
まあ、あんたみたいな論文かけない最低なおつむの持ち主は
ここで低級な知識ひけらかすのが精一杯のドキュン。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 07:55
>218
216、217の彼はイオンドからLSEに交換留学された方だそうです。
放っときなよ。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 07:57
>218=220
自作自演おばかさん。ハイエクのなんたるかも知らない、
ハイエクの著書を原文で読めないおばかさん。
即刻氏になさい。悪いこといわない

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 08:11
俺220だけど、218じゃねえよ。おまえさぁ、ず〜っと自分の書きこみ
見てみろよ。ヒステリックに東大だとか原文だとかハイエク・ソサエティー
の会員だとか痛々しいの越えて何かが憑依してる感じするぞ。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 10:14
隷従へのオマエモナー
第一章  見捨てられたモナー
第二章  大きなモナー
第八章  だれがだれを支配するかモナー
第十二章 ナチズムのモナー主義的根源

224 :aaa:2001/01/15(月) 13:02
渡部昇一氏は現上智大教授で、ミュンスター大学の博士号まで取ってる。
あの人は上智大学の入試問題の作成に関わったことがあるだろうか。

225 :名無しさん:2001/01/15(月) 16:57
緊急報告

詐称喚問するぞと騒いでいる200以降の馬鹿は
最近「司法試験板」でボコボコにされた負け犬です。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 17:01
私は経済・財政についてはド素人なんですが、渡部氏の
「相続税廃止、累進所得税の大幅緩和による、結果平等の否定」
というご意見は、たいへん的を得たものだと思うのです。
専門知識の豊富な皆さんはどうお考えでしょうか。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 17:07
私も経済・財政についてはド素人なんですが、貴殿の
「たいへん的を得たものだと思うのです」という文章は、
正しくは「たいへん的を射た」と表記すべきものだと思うのです。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 17:58
私は経済・財政についてはド素人なんですが、私の
「たいへん的を得たものだと思うのです」という文章は、
正しくは「たいへん的を射た」と表記すべきものだと気づきました。




229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 18:15
 俺、大学中退で、ハイエクなんか読んでもわからないけど、渡辺昇一は、
学生時代、カントを原文で読んでいたそうじゃないですか。しかも、トイレに行くときも、
肌身離さず持ち歩いていて、糞しながら読んでいたという伝説があるそうです。
 甘く見ると、手痛い反撃を食らいますよ。きっと。でも、好きになれないな。

230 :名無しさん:2001/01/15(月) 18:37
>>226
渡部氏の
「相続税廃止、累進所得税の大幅緩和による、結果平等の否定」
を日本で行うと、今よりも「詐称喚問するぞコヴァ」とか「トラウマ絶叫コヴァ」
がもっと増えてよろよろ進軍しだすので、そこが問題だと思います。



231 :歌丸:2001/01/15(月) 19:15
ャな世の中になりますねぇ

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/15(月) 19:26
>230
進軍の後コヴァ達は、渡部氏の優生思想に基づいて酷い処置をされるでしょうね


233 :名無しさん:2001/01/19(金) 18:29
渡部昇一は、コヴァにとっての三大聖人(西尾幹二、西部邁 、藤岡信勝 )
に次ぐ準聖人。真摯な討論を避け、絶えず詭弁を弄することにより発生させ
る欺瞞を穴埋めさせるため中傷作戦(Verleumdungナチスが多用)をとること
で大学関係者に評判が悪い。
誤った情報を世間に拡散するのに懸命な売文業者と伝統的保守にも嫌われている。
いい訳につまると「ワタスがレトリカルに答えておいたことをあなたが取り違
えた、あなたはマルクス主義者ですか」を連発することで出版業界筋では有名。
国家統制を批判するハイエクを持ち上げて国家主義者、カトリックで伊勢神宮、
チーズと牛乳で30近くなって背が伸びた人です。


234 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/01/19(金) 18:43
わたくしは《ビッグ・トゥモロウ!!》の渡部昇一さんの連載で思想をたん鍛錬しまし
た。鋼鉄の鎧を得た訳です。さぁ論戦を挑むものは来なさい。木っ端微塵に散らし
てくれる。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/20(土) 06:05
なんかコヴァって言ってるやつの方が頭悪そう。

本人は気づいてないんだろうけど。チョンとか言ってるのと同じ
なんだけけど・・・・

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/20(土) 07:07
「コヴァ」は「チョン」じゃなくて「ブサヨク」と対比すべき言葉だよな。

まあ「コヴァ」という言葉を全て抜きにしても渡部昇一の妄言は消えないがねえ(藁

237 :名無し:2001/01/20(土) 09:17
詐称喚問野朗いなくなったね。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/20(土) 09:29
渡辺昇一より小室直樹の復活を望む

239 : 名無しさん:2001/01/20(土) 15:26
http://www.surugadai.ac.jp/bun/komuro.html

小室さんって駿大の教授だったんだな

西部が秀麗大でなんかおもしろいね

240 :名無しさん:2001/01/31(水) 05:18
本家本元あげ

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/18(水) 15:45
渡部昇一氏は、過去に大島淳一という実際に存在しないペンネームを
使ってジョセフ・マーフィーという人物の本を邦訳していた(産能大学)。内容はまぁ
竹村健一とか落合信彦が書いてるような自己啓発本。それの西洋キリスト教風。

本題に入るがジョセフ・マーフィーが書いている自己啓発本をマルチ商法(ネズミ購)
に悪用した島津幸一というマルチの帝王が居るんだが渡部氏はマルチの
帝王・島津幸一とマルチ商法上での関係はあったのか?詳しい人情報を求む。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/18(水) 15:53
むか〜し西武池袋線で見た。あの顔、特に目で優生学とかいうかと思うとぞっとするね。


243 :渡部昇一:2001/04/18(水) 16:35
血友病患者を抹殺せよ!!

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/04/18(水) 18:32
ここの論争を見てて、当時の超エリートだった軍人たちを無条件に信じてひどい目にあった歴史の繰り返しを感じるのは私だけですか?

245 :めろんちゃん:2001/04/18(水) 20:25
平和神軍隊士 めろんちゃん

渡辺昇一さんからお手紙もろった!(*・・*)v


246 :めろんちゃん:2001/04/18(水) 20:26
るんるんるん!V(^0^)V

247 :被害者:2001/04/18(水) 20:54
>>243
何ということをいうのだ。黙りやがれ。

87 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)