5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

サケ科も愛してほしい!

1 :あぶら ひれ之助:01/11/19 15:13 ID:???
魚類のなかでも美しいフォルム!
釣って楽しい
見てかわいい
食べて美味しい

そんな彼らについて 語り合いましょう!

2 :名無虫さん:01/11/19 16:39 ID:???
語り合うようなレベルのスレではない。

3 :名無虫さん:01/11/19 16:55 ID:???
シシャモ

4 :あぶら ひれ之助:01/11/19 17:26 ID:???
ヤマメ・イワナなど、見ていると美しくて、
神秘的に感じます。
日本の魚類というと、不思議にコイ科ばかり
取り上げられているような気がしてさみしいです。

どなたか、お勧めの本・図鑑など紹介していただけませんか?
当方 完全文系なので、初心者でも分かるものがいいです。

5 :名無虫さん:01/11/19 17:26 ID:???
顎が山田邦子

6 : :01/11/20 14:51 ID:tTlE8/Sp
鮭鱒はほんとシロートに判りにくい。陸封と降海型で名前も姿も変わる。
地方名と標準和名と英語の読み方で混乱する。
(ex.マスノスケはキングサーモン)
切り身になってスーパーに並ぶとまた名前が変わる。
血管とか鼻だけ別の名前で食べたりする。
釣堀には外国産との雑種や3倍体とかでまたわかんない名前の奴が居る。
中禅寺湖の「本マス」ってのも手持ちの図鑑では載っていない。
・・・・
ま、分からなくても親も卵も美味しいのは確か!

7 :あぶら ひれ之助:01/11/20 16:03 ID:???
>>6
有り難うございます。
キングサーモンって、マスノスケと呼ぶんですね!
ところで以前、日本の「サケ」は、英語では
ドッグサーモンって呼ぶと聞いたんですけど。
ほかのサケ(紅鮭とか)はなんて呼ぶんでしょうか。
教えて君ですみません。

8 :名無虫さん:01/11/20 17:03 ID:ffTsmP4j
紅->レッド
銀->コーホ
虹->レインボー・スチールヘッド
オショロコマ->ドリーバーデン

9 :あぶら ひれ之助:01/11/20 17:25 ID:???
>>8
有り難うございます。オショロコマって、北海道のイワナ
ですよね? 「ドリーバーデン」かっこいいなあ。
しかし「紅」=「レッド」って、そのまんまですね。
たしか、「ピンクサーモン」というのもいたような気がしますが、
日本語では何と呼ぶのでしょうか? それとも日本にはいないのでしょうか。

そういう風に、魚の英名が載っている事典とかはあるんでしょうか?
それとも、英和・和英辞典で引くのがいいんでしょうか?

たびたび申し訳ありません。野生生物板の方々って、親切で大変に
感謝しています。ほかのスレも含め、素人には大変勉強になります。

10 :名無虫さん:01/11/20 17:38 ID:easjQfYb
なんで日本ではキングサーモンがいないんだ。
日本の川から放流すれば、帰ってくるよね?
生態系とかの問題で、だめなの?

日本の普通のサケってシロザケっていうけど、
英語じゃドッグなの?

11 :名無虫さん:01/11/20 18:49 ID:p7+5NFT5
>9
  日       英            露
雨鱒(岩魚)→ホワイトスポッテッドチャー→ガリエツ
樺太鱒→ピンクサーモン、ハンプバックサーモン
桜鱒→チェリーサーモン,マスサーモン→シーマ
山女魚→マストラウト
マスノスケ→キングサーモン、チヌークサーモン、タイイー
紅鮭→レッドサーモン、ソックアイサーモン
姫鱒→コカニー
銀鮭→シルヴァーサーモン、コーホサーモン
イトウ→ジャパニーズフーヘン→タイメン(アムールイトウ)
鮭→チャムサーモン、ドッグサーモン
アマゴ→レッドスポッテッドマストラウト
小口鱒             →レノック
川姫鱒→グレイリング→ハリウス
北極岩魚→アークティックチャー

12 :盛岡市民:01/11/20 18:57 ID:NATctTY9
>>4
>日本の魚類というと、不思議にコイ科ばかり
>取り上げられているような気がしてさみしいです。

 勢力では圧倒的にコイ科が優勢ですからねえ。幸い、私が住んで
いる盛岡ではサケ科が優勢(ヤマメ・イワナ連合軍がウグイと勢力
争いを展開している川も多い)で姿をみる機会も多いです。ただ、
ニジマスがあまりいないのがちょっと寂しいかな。

 私がよく釣りにいく川も、ヤマメとウグイに占拠されてます(^^;。
この川の本流には、海から200kmかけて鮭も上ってくるけど、考えて
みるとあの体で200kmも遡上するというのはすごいですよね。

 サケ科に関する本では、「サケ・マス魚類のわかる本」がよくまと
まっていたような気がします。

13 :あぶら ひれ之助:01/11/20 22:06 ID:???
>>11
ロシア語まであるとは、すごいですね。有り難うございます。
ところで、「グレイリング」って、日本にもいるんでしょうか?
確か、昔見た写真では、背びれが大きくて、変わっててかわいいな、
と思った記憶があるんですが。どこに行けば見られますか?
あ、でも「北極岩魚」という魚もいるから、日本にいなくても
和名がつくのはふつうなんですね。(素人炸裂)
とにかく、どうも有り難うございました。

>>12
いいなあ、盛岡。近くにサケ科の魚がいるなんて、
うらやましいです。当方 千葉県なので。近所の川には
ハクレンばっかりです。

>「サケ・マス魚類のわかる本」ですか。
著者・出版社など、もしお分かりなら御教示下さいませ。

ほかにはどなたか、サケ科を愛してるって方はいらっしゃいませんか?
それぢあ。

14 :名無虫さん:01/11/20 22:09 ID:???
>>13
http://members.tripod.co.jp/TROUTIST/book.html

15 :華α:01/11/20 22:14 ID:WyfJiXJX
>>9
サケ科だけじゃないけど,平凡社の『食材魚介大百科』あたりがオススメです。
和名・学名・英名・地方名,生息地,利用法なんかが満載されてるので結構重宝
してます。

あと
http://www.knowledgelink.co.jp/services/index.html
ここもオススメ!

>>10
マスノスケだけじゃなく,日本にはベニザケ(陸封型はいる)なんかも
ほとんどいないよ。なんか川の上流に湖があるタイプの川じゃないとダメ
って言う話を聞いたことがあるけど・・・

16 :名無虫さん:01/11/20 22:18 ID:cJXsaaw/
絶滅したクニマスってヒメマスの亜種だっけ?

17 :華α:01/11/20 22:29 ID:WyfJiXJX
>>16
んだ。
ベニザケもヒメマスもクニマスも
ネルカ。

18 :名無虫さん:01/11/20 23:39 ID:FbkQOx+l
庭に池造って飼ってみたい。

19 :名無虫さん:01/11/20 23:41 ID:1hZgZTML
キュウリウオ、シシャモはサケ科?

20 :名無虫さん:01/11/21 04:51 ID:vm0GdQkg
>>18

 飼うならこれからちょうどニジマス(サケ科の中では飼いやすい)の採卵期
だから、養魚場から発眼卵買って孵化させる手があるね。発眼卵だと、遠方ま
で発送してくれるところもあるみたい。私も数ヶ月前問い合わせたら、12月
に発送できる、という所があった(連絡先を紛失してしまったけど....)。
 値段は、1万粒以下だと1粒10円だったかな。ただ、池で飼うのは水温が
安定した地下水がないと難しそう。

21 :名無虫さん:01/11/21 05:50 ID:7HxGK2ND
>13
カワヒメマス(グレイリング)は日本にはいない。けど埼玉の朝露の釣堀で
釣る事ができるはず。釣堀だとイトウやオショロコマだけじゃなく
カットスロートトラウトなんか放されていたりする。

22 :華α:01/11/22 01:17 ID:2UGkQ1eX
>>19
>キュウリウオ、シシャモ
両方ともサケ目キュウリウオ科。


ちなみに,日本人におなじみのアユもキュウリウオ科。
前はアユ科アユ属アユだったけど,何年か前にキュウリ
ウオ科に編入されたみたい。(未だにアユ科と書いてある本もあるけど・・・)

>>21
カワヒメマスはたしか北海道の千歳川にいるよ。もちろん移入種だけど。
北海道に来たら千歳市のサーモンパークに行ってみ。結構おもしろいよ。

23 :名無虫さん:01/11/22 01:47 ID:ROOj0qv6
>>20
情報ありがとう。
ちょっと前に富良野へ行った時、観光ラヴェンダー畑をやってる農園の
入り口にちょっとした池があって、そこに40cm級のニジマスが泳いでるのを見て、
なんだか場違いかもしれない感動を覚えたんです。

24 :あぶら ひれ之助:01/11/22 15:45 ID:???
>>14 >>15
どうもありがとうございます。すごく勉強になりました。
「イワナの顔」という本が出てましたが、何年か前に、
書店で立ち読みして、さんざん迷った挙げ句、高くて
買わなかった思い出がよみがえりました。(貧乏だったので)

>>22
キュウリウオ科って面白い名前ですね。
鮎はサケの仲間だと知ってましたけど、
シシャモもそうだとは知りませんでした。

ところで、サケの仲間以外で、あぶらびれのある魚って、
いるんですか?
質問ばかりですみません。いつもいつも。

25 :名無虫さん:01/11/22 16:34 ID:???
>>24
カラシン科(ピラニアとか)も持ってるみたい

26 :名無虫さん:01/11/23 00:40 ID:Lx01RsQP
カラシンはあぶらびれがあるね。ピラニアでなくても、ネオンテトラにもある。

サケ科の本だけど・・・
「瀬戸際の渓魚たち」と「イトウ」がお薦めかな。写真集に近いような
感じ。大きな本屋か、大きな釣具店に行けば手にはいると思う。

キングサーモンは、日本にはまずいない。北海道でマレに記録があるそうです。
ただ、それも「そういった記録もあった」というレベルの話らしいです。
ちなみに「マスノスケ」はアイヌ語で部族の長を意味します。
インディアンの言葉では「チヌーク」。インディアンの一部族の名前で
あると同時に、やはり部族の長を意味する「タイイ」という名で呼ばれる
こともあるそうです。全く違う国で、同じような意味の名がつくのが
面白いです。

また完全に話がずれますが、ダイワ社のスプーンにはサケ科魚類の名前が
つく例が多いです。「チヌークスプーン」は私のフェイバリットルアーの一つ。
米軍のヘリは「アパッチ」「コマンチ」などインディアンの部族名がつくのが
原則ですが、ツインローターの大型輸送ヘリ「CH47チヌーク」があります。

27 :冬厨夏房:01/11/23 01:57 ID:ZyynTU0/
>あぶらびれ
一部のナマズにも有りますよう
ギギ科の魚とかアカザとかアメリカナマズとかハマギギとか・・・・・

28 :名無虫さん:01/11/23 22:18 ID:InLQnfjW
シラウオ好き〜!おいしいよね!

・・・って、サケ「科」ではないか。サケの仲間だけど。

29 :名無虫さん:01/11/23 23:32 ID:???
http://www.asahi.com/national/update/1123/008.html

30 :名無虫さん:01/12/12 03:32 ID:s2K3W7SL
ヨーロッパには
どういう種の
サケ科が分布するのですか?

31 :名無虫さん:01/12/12 22:25 ID:W3ejEIdA
ヨーロッパのサケは、スーパーで買うのはほとんどノルウェー産の
養殖モノだったな… 関係ないか。

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)